prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

コロナ分離/純粋化「記録なし」🌏①

世界➁はこちら👈
日本①👈日本➁👈

新型コロナウイルスの存在証明はないと認めた機関をまとめてみました。
明言しなくとも実質認めたものも含めてあります。
※分離(純粋化)=検体からウイルスのみを取り出すという作業で「存在証明」の第一歩になります
※分離には「正しい分離」と「偽の分離」があります


アメリカ疾病予防管理センター(CDC) 2020/7/13
ここから「コロナは存在しないのでは?」という話が大きく報じられるようになりました。
解説サイトより要約部分↓

誰もCOVID-19ウイルスの分離された標本を持っていません。
誰もCOVID-19ウイルスを分離していません。
したがって、それが存在することを誰も証明していません。


※もう少し詳しく
CDCが2020/07/21に出したPCRについての文書
42ページ (Performance Characteristics)にこうあります↓
Since no quantified virus isolates of the 2019-nCoV were available
for CDC use at the time the test was developed and this study conducted…
2019-nCoVの定量化されたウイルス分離株はCDCで使用できなかったため…
(2019-nCoVは当時のコロナの呼び名)


2020年7月時点で定量化、つまり研究や実験に使える量の
ウイルス分離株(ウイルスの実物)はなかったと言っています。
コロナウイルスとして確認できる現物はなかったということです。


※CDCはその後、市民からの情報開示請求に対し、
コロナの存在証明はないと何度も回答しています。
(コロナはないと認めた各国機関


カナダ保健省  2020/06/13
市民からの情報開示請求。
コロナの存在証明(ウイルスの正しい分離記録)を求めた結果、
ないという回答が戻ってきました。



イギリス保健社会福祉省 2020/08/24
英国政府、ウイルスが存在しないことを認める より↓

DHSC(イギリス保健社会福祉省)は(パンデミックの原因とされる)
SARS-CoV-2の分離に関する情報を保持していません。


これも市民からの情報開示請求で、存在証明つまり「正しく」分離したウイルスがあるのかについて尋ねています。
実際の書類(3ページ)


日本厚生労働省 2020/12/21

撤回したのはウイルスの遺伝子データです。
擁護派は撤回ではなく別の非公開のサイトに移しただけと言っていますが、実質撤回です。
感染研のこの発表にはその他いろいろ問題があるわけですが、
感染研がコロナを分離した、してないなどと騒いでいるのは日本人だけで、
海外では全く認められていない発表です。
もちろん正しい分離はしていません(これは世界共通です)


アイルランド保健当局 2020/11
市民からの情報開示請求:
SARS-COV-2の正しい分離記録 に対する回答↓

関係する記録が存在しないか、
その所在を確認するためのすべての手順を踏みましたが
見つけることができません


ファイザー 2021/01/15

ワクチン内の遺伝子組み換えmRNAデータは実物のコロナウイルスではなく、
仮定と推定によって作ったものとのこと。
製薬会社はウイルスの実物なしにワクチンを作ったということです。


ファイザーカスタマーサービスからのお知らせ↓

下線部の MN9089473 とは中国の研究チームが最初に発表した、武漢の肺炎患者から採ったとされる新型コロナの遺伝子情報です。
それもやはり正しいウイルス分離をせず、不完全な情報を基にコンピュータやその場の科学者の推測で作ったもの。
コンピュータで作ったというと正しいものと思いがちですがそうではありません。
最初に入れるデータが不完全なら出てくる結果も不完全で、その遺伝子データ通りの「ウイルス」は自然界には存在しません。


イギリス医薬品・医療製品規制庁(MHRA)がジャーナリストの質問に答えたメール👇

EMAIL EXCHANGE WITH UK MHRA - Exposing the genomic sequence of SARSCov2
(ワクチンに)使用されたDNA情報は患者から分離されたウイルスから直接得られたものではありません


ファイザーと同一の内容です。
このジャーナリストはこの件をツイッターに上げようとしたらバンされました。



中国CDC 2021/01

肺炎の原因とされた武漢の海鮮市場の生物からウイルスは分離されていませんでした。
市場ではコウモリも売られていないことがわかっています。


 
日本文部科学省 2021/02/05

マスク着用の科学的根拠について電話で答えていた文科省職員が
コロナウイルスの明確なデータは国としてもそこまで作られていない
と言っています。2021年2月の話です。


②もご覧ください。

文科省「コロナの明確なデータは国にはない」2/14追記あり

今回はこんな方がいらっしゃいました。
文部科学省にマスク着用の科学的根拠を開示請求。




北海道の市民Aさんです。
彼はその前に北海道教育委員会にこれをご質問↓


マスクの着用が、新型コロナウイルス(Covid-19)の感染拡大防止に
効果があるという根拠を科学的に立証する文書


返ってきた答えは↓


存在しませんでした


納得できないAさんは次に文科省に質問。
上の動画は電話でのやりとりです。
質問は文科省の出したこの感染回避の衛生管理マニュアルが↓



最新の知見に基づいたものであるとのことなので↓



「最新の知見」とはどのようなものでしょうか? というもの。


これに対して文科省の方の回答:
(マスク着用の科学的根拠について)


政府のコロナ本部であるとか厚労省の方で「マスクの着用」ってことを
世の中に一般的に「新しい生活様式」ってことで言っているんで、
それについて学校に連絡している、ってことなんで…


当省として独自に何か研究機関でマスクの重要性について調べたり、
とかはしていないですね…


内閣府の感染症の分科会とか、国立感染研で出されたものを元にして、
学校向けに落とし込んでる、っていうようなところなんで…



このあと驚くべき発言が↓


なかなかあの~、コロナウイルスに関してはその~、
ね、明確なその、何ていうんですかね、データっていうか、
ていうのがなかなか
国としてもそこまで作られていないので、
ま、これまでのぁの、状況をまぁ鑑みて、
っていうことですかねぇ…
よりよい方法を、っていうようなところじゃないですかねぇ…



文科省だけでなく国にもないことを認めてしまいました。


(Aさん)
マスクの着用によって
新型コロナウイルスの防止に効果がある、
という根拠は文部科学省にはない、と?


(文科省)
文部科学省にはない、ですね…



またもや ない と言ってしまいました。


Aさんはどうしても根拠が欲しかったようで、
後日厚労省にも同じ質問をされたようです。
しかし返ってきた答えは↓


このブログの以前の記事、名古屋の方に来た回答と同じでした。



結局どこにもコロナの存在証明はないようです。
これは今出回っている画像です↓



2/14追記
文科省の文書での回答が出ました↓


やはり科学的根拠はないままにマスク着用を呼びかけていたようです。。


「コロナはない」がまだ信じられない人へ

以前の記事
それでもまだ「コロナはいる」と言う人へ の最後に


元のウイルスがわからないままに作ったワクチンの中身、気になりますね。


と書きましたが、ファイザーがその
実物のウイルスなしにワクチンを作った ことを認めています。



今回の遺伝子書き換えワクチンの仕組みを、
ご存じない方のために簡単に説明します。
中身が組換え物質という以上に打たれた人間の遺伝子を書き換えるので、
私は書き換えワクチンと表現しています)



今回のワクチンはこの〇で囲んだコロナのトゲ部分(スパイク)を、

私達自身が体内で生産するよう遺伝子を書き換え、
本物のウイルスに対して免疫を持たせようというものです。
もちろんワクチンにはこのトゲの遺伝子情報が入っているはず…


ですがこのウイルスの実物はありません。
なのでこの部分を推測で作ったというのが上の記事の意味です。
私達の体内で実際に何が作られるか不明なのです。


コロナのトゲを体内で作られるのも困るのですが(アレルギーの可能性)、
さらにそれとはまた違う謎の物質が作られるということになります。



大橋教授はこれを 謎の遺伝子組み換え注射 と呼んでいます。

ウイルスの存在を証明する科学論文がない?



コロナはない、という話ですが、
実は国の出したファイザーの審議結果報告書にそれが書かれています↓



中国での「謎の肺炎発生」からわずか10日ほどで、
WHOが新型コロナが原因であると発表した、とあります。
これだけでわかる人にはわかるわけです。



こちらにも説明されています↓

新型として認識されたばかりのコロナウイルスの遺伝子配列を、
僅か1カ月ほどの間に特定することは有り得ないことのようだ。


1カ月というか5日ですね。


いや今回に限って中国研究チームが病気発生から5日で遺伝子配列特定までできたのだ、
そう信じたい気持ちもあるでしょうが、その期待も裏切られます↓


リンク


元々コロナとは…
武漢海鮮市場で売られていたコウモリが持っていた突然変異ウイルスが、
それを食べた人に感染したという話だったはずです。


ところが今年になって実は市場の動物のウイルス検査はしていなかったことが
当事者の口から語られました。
市場ではコウモリも元々売っていませんでした


こうなるとコロナとは一体何だったのでしょうか。
しかしWHOは「新型コロナウイルス」発生と発表、
その後パンデミック宣言。そのまま今日に至っています。



今回の「遺伝子書き換えワクチン」の中の遺伝子情報ですが、
推測で作ったと言えばまだ善意に聞こえます。
しかしひょっとして何か意図的なものを作って
入れていないとも言えないのです。



※最近コロナの変異株発生のニュースがよく出ますが、
ウイルスの発見から特定までこんなに手間暇かかるわけなので、
変異株発生の話も普通にフェイクだとわかります。



去年暮れ、アイルランド政府もコロナがないことを認めていました↓



科学と法律に大変詳しい方です↓