prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

ないのはコロナだけじゃない 11/15米CDC HIV2度目

(このページの新着情報は下に付け加えていきます)

ここに出てくる【分離・純粋化の記録がない病原体】一覧
SARS-COV-1、一般的風邪コロナ、HIV、エボラ、ジカ、HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス)、
はしか、HPV(ヒトパピローマウイルス)、帯状疱疹、A型・B型・C型肝炎、ロタ、

ジフテリア、破傷風、百日咳、ヒブ、肺炎球菌、ポリオ、インフルエンザ (A型・B型)、
おたふく風邪、風疹、水痘、髄膜炎菌(同B)、MERS(中東呼吸器症候群)、ポリオ、
ウエストナイルウイルス、日本脳炎、結核(BCG)、狂犬病、マールブルグウイルス

分離・純粋化記録がないというのはそのウイルスの実物(標本、サンプル)がどこにもないということです。
コロナがそうであったことをきっかけに他のウイルスも同じ詐欺であることがわかってきました。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  
主にこちらのサイトからお借りしています👇
(こちらはウイルス別にまとめられています)


https://www.facebook.com/chris.mass.9440/

(作成者クリスティーン・マッシーさんのFB)
*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  


「でもインフルにかかるんだからインフルウイルスはあるだろ!」
という人がいます。
しかし「インフル」の症状の原因は「インフルウイルス」とされるものではなく、
何か別のものであるということです。
「インフルウイルス」の存在が確認されていない以上、そう考えるしかありません。
私たちは何でもかんでも「〇〇ウイルス」のせいにすることに慣らされてしまっているのではないでしょうか。


米CDC(米疾病予防管理センター) 2020/12/30


SARS-COV-1 分離記録なし コロナの元になったとされるサーズです。

それだけでなく、その前の一般的なコロナウイルスもありません。
新型コロナ(SARS-COV-2)→なし その元となる
旧型コロナ(SARS-COV-1 / 当時新型)→なし その元となる
従来型コロナなし



ニュージーランド王立研究所(ESR)も
SARS-COV-1の分離記録がないことを認めています。2021/01/21

つまり「本当の分離」はやっておらず、「細胞培養」しかしていないということです。
つまり「分離記録なし」となります。
かつ 予防接種スケジュール のウイルス分離記録もないとしています。


予防接種スケジュールのウイルスとは以下です。
ニュージーランド保健省も記録のないことを認めています。


オーストラリア連邦科学産業研究所
予防接種スケジュール病原体 分離記録なし


米CDC(米疾病予防管理センター)
HIV① 純粋化記録なし 2021/03/23

確かにエイズウイルスは存在しないと以前から言われていました↓



米CDC(米疾病予防管理センター)
エボラウイルス 純粋化記録なし 2021/03/15

おなじみのこの写真はフェイクということになります。



米CDC(米疾病予防管理センター)
ジカウイルス 純粋化記録なし 2021/03/19



米CDC(米疾病予防管理センター)
HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス)純粋化記録なし 2021/04/07


HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス)、
私は聞きなれないウイルスなので調べたところ↓



厚労省HPより

まずマンガで不安を煽ります。そしてウイルスについて説明。


.は どこで検査できるの? です。 順序がおかしい気が…
そして2.

ほとんど誰も発症しなさそうな病気。
でもどんな病気かがわかりません。


授乳と性行為で感染するようです。
赤ちゃんは人工栄養のみで育てることが推奨されていますがいいんでしょうか。
そしてどんな病気かの説明がまだありません。


最後4.にようやく出てきます。

白血病5%以外気にすることはなさそうです。
このために赤ちゃんは全てミルクで育てろというのでしょうか。
ここまで見たところ大したウイルスじゃなさそうなんですが…


厚労省はこれからこのウイルスを売り出そうと考えているようです。
ある程度認知度が上がってきたところでワクチンを投入するのかもしれません。


日本人にはアニメでPRするのが効果的です。

正しく知りましょう。このウイルスは存在しません。


こちら👇も純粋化記録はありませんでした
HTLV-III(ヒトTリンパ好性ウイルス)/LAV( リンパ節腫脹関連ウイルス)



米CDC(米疾病予防管理センター)
インフルエンザウイルス 純粋化記録なし 2021/04/12

2009,1968,1957,1918の歴史的パンデミックとされるインフルエンザウイルスにも
存在証明(分離・純粋化)の記録はありませんでした。
- present とあるので、その後流行したものもそうです。


1918年スペイン風邪ですが、電子顕微鏡の発明は後の1931年なので、
その当時ウイルスの確認などできなかったはずです。


インフルウイルスがないのは既に上でNZ、豪も認めていました。


ここで、インフルワクチンとは何なのでしょうか。
これまで「ウイルスを不活化したものが入っている」と思っていましたが…


インフルワクチンの添付文書を見ると例えば、
A型株H1N1H3N2)などが入っていますが、
米CDCによるとそれらには「純粋化記録がない」のです。
謎ですね。



米CDC(米疾病予防管理センター)
はしかウイルス 純粋化記録なし 2021/06/07

繰り返しますが「はしか」という病気になることはあっても、
その原因は彼らの言う「はしかウイルス」ではないということです。


米CDC(米疾病予防管理センター)
HPV(ヒトパピローマウイルス)純粋化記録なし 2021/06/07

「CDCはHPVを純粋化しようとしたことはありません



米CDC(米疾病予防管理センター)
予防接種スケジュール病原体
子供向け・大人向け 共に純粋化記録なし 2021/06/07

具体的には以下のウイルス(病原体)です。18歳以下 19歳以上
A型・B型肝炎、ロタ、ジフテリア、破傷風、
百日咳、ヒブ、肺炎球菌、ポリオ、インフルエンザ、麻疹、
おたふく、風疹、水痘、HPV、髄膜炎菌、帯状疱疹



米CDC(米疾病予防管理センター)
MERS(中東呼吸器症候群)ウイルス 純粋化記録なし 2021/06/10


このブログで去年夏こんな記事を書きました。
プランデミックを起こし新世界秩序を制定するためのステップバイステップガイド
そこでは「流出した」ロックフェラー文書にこうありました↓


"人々がワクチン強制接種などに反対するなら、最後の脅しとして
致死率30%のSARS/HIV/MERSのトライブリッド株を放出し、とどめを刺す"


しかしSARSもHIVもMERSもないことがわかってしまいました。
わざと文書を流出させて脅すつもりだったのだと思います。


新しい感染症の発生はよく「未開の民族が珍妙な動物を食べて感染」
的なストーリーが作られてきました👇


AIDS→アフリカ人がチンパンジーを食べて感染
SARS→中国人がハクビシンを食べて感染(のちコウモリ)
MERS→アラブ人がヒトコブラクダを食べて感染
コロナ→中国人がコウモリを食べて感染


こういう「先進国」の人間が受け入れやすいストーリーが作られてきたわけですが、
これらは全て作り話だったわけです。



米CDC(米疾病予防管理センター)
ポリオウイルス 純粋化記録なし 2021/06/11

ポリオワクチンの中身は何だったのでしょうか…?


そしてその原因はウイルスではなく化学物質でした👇


カナダ ピーターボロー公衆衛生局
HIV、B型肝炎・C型肝炎ウイルスSARS-COV-2(変異株含む)
の純粋化記録なし 2021/08/25
これで肝炎はA、B、C型と全部出ました。

【ピーターボロー公衆衛生局】
かなりコロナを煽っている医療機関のようです。


米CDC(アメリカ疾病予防管理センター)
ウエストナイルウイルス 純粋化記録なし 2021/09/01

(参考)
ウエストナイル熱について|厚生労働省


日本厚生労働省 大臣・田村憲久 2021/05/27
予防接種法第二条2項「A類疾病」記載11種類のウイルス
分離記録なし

「実際に保有していない」


11種類のウイルスとは👇
ジフテリア、百日せき、急性灰白髄炎(ポリオ)、麻しん、風しん、日本脳炎
破傷風、結核、Hib感染症、肺炎球菌感染症(小児がかかるものに限る。)
ヒトパピローマウイルス感染症
・予防接種法(◆昭和23年06月30日法律第68号)



ニュージーランド王立環境科学研究機構(ESR)
狂犬病ウイルス 分離記録なし

分離記録を求められているのに培養の話に持って行って後ろに(分離)とつけています。狂犬病ウイルスも「培養」のみで分離(純粋化)はされていないということです。


以上の結果をまとめると、日本の予防接種スケジュールの中で
病原体が「あるかもしれない」のは黄熱病だけとなりました👇

DPT=(順に)ジフテリア、百日せき、破傷風  BCG=結核

予防接種スケジュール


こうなると浮かんでくるのはやはりこの疑問です👇


ニュージーランド保健省 2021/10/14
マールブルグウイルス① 純粋化記録なし

(例によって請求は世界中の文書が対象です)


聞き慣れないウイルスですね👇

マールブルグ病について
海外でみられるマールブルグウイルスによる重症感染症
熱や出血のしやすさ(皮膚からの出血や吐血、血便など)が特徴
死亡率は高く、20%から90%まで国によって様々な報告がある
特別な治療法がなく、治療は対症療法となる
マールブルグウイルスはアフリカに生息するコウモリが持っているウイルス
コウモリからヒトに感染する
ヒトからヒトへの感染もあり、患者の血液や分泌物に濃厚接触することで感染する
治療を経て症状が治まった後でも、精液からウイルスが検出されたことが報告されている


マールブルグ病の症状
潜伏期間は3-10日
高熱、頭痛、だるさが急に生じる
筋肉痛も多く見られる
発症数日後に下痢、腹痛、胸痛、悪心、嘔吐などが出現する
下痢が長期間続くことで脱水に陥りやすい
発症から5-7日頃には吐血や下血、紫斑などの出血傾向が見られる
悪化すると、ぼーっとするなどの意識障害や、行動のつじつまが合わない錯乱状態になるなどの神経症状が出る
死亡例では重度の出血と血圧低下により、発症から1週間前後で死亡する例が多い


実はコロナの次に来るのはこのマールブルグウイルスなんだそうです👇(!)

残念ながら、私は調査中に、
さらに厄介な問題に出くわしてしまいました。
4月にウェブサイト上に掲載された記事によると、
ビル・ゲイツとGAVIが、
マールブルグ病が次のパンデミックになるだろうと
明言しています。


ご安心ください。このウイルスもコロナと同じで存在しないようです。
今回は流行る前にウイルスが存在しないことがバレてしまいました。人類は学びました!


問い合わせた人は噂を聞きつけて急遽開示請求をしたのかもしれませんね。
この「本当の分離・偽の分離」ビデオを作ったNZのマイケルさんです(^^)


周りの人に「次はマールブルグウイルスってのが流行るらしいけど、
これもコロナと同じでウイルスないらしいよ?」
と前もって教えてあげておくとよいでしょう。


カナダ公衆衛生局 2021/10/22
マールブルグウイルス② 純粋化記録なし


マールブルグウイルスは上で説明した通りですが、テドロスが既に脅威を煽り始めています👇

ウイルスデマが次々に作られています。


ニュージーランド オタゴ大学 2021/10/22
マールブルグウイルス③ 純粋化記録なし

マールブルグウイルスは風雲急を告げるという感じなのでしょうか、
矢継ぎ早に開示請求が行われています。
このオタゴ大学は以前「コロナ分離に成功」と嘘を言っていた大学です。



カナダ公衆衛生局 2021/11/02 
HPV(ヒトパピローマウイルス)② 純粋化記録なし

単独質問では米CDCに続き2つ目、他には予防接種スケジュールとしてニュージーランド、オーストラリア、日本です。HPVは子宮頸がんの原因と「されている」程度の「ウイルス」なのですが、それが確認されたことはないということ。
さてHPVワクチンの立場はどうなるのでしょうか。


米CDC(米疾病予防管理センター) 2021/11/02
インフルエンザウイルス② 純粋化記録なし

CDCの「インフルなし」は4月に続いて2度目となります。
さてインフルワクチンの立場はどうなるのでしょうか。


米CDC(米疾病予防管理センター) 2021/11/03
HPV(ヒトパピローマウイルス)③ 純粋化記録なし

単独質問では3つ目の「なし」回答です。みんパピ!のパピはありません。



オーストラリア連邦科学産業研究機構 2021/11/08
マールブルグウイルス④ 純粋化記録なし

この「ウイルス」は「流行る」前に存在しないことを周知させる必要がありますね。



ニュージーランド オークランド大学 2021/11/09
マールブルグウイルス⑤ 純粋化記録なし


ニュージーランド環境科学研究所(ESR) 2021/11/09
マールブルグウイルス⑥ 純粋化記録なし

米CDC(米疾病予防管理センター) 2021/11/15
HIV②

CDC、2021年3月に続き2度目のHIVなし回答です。
コロナ以外のウイルスだと「細胞培養ならある」みたいな弁解はせずに素直に「ない」と答えます。彼らにとってコロナの存在はそれだけ死守したいということでしょう。


ステファン・ランカ博士も昔からこのように👇

PCR発明者キャリー・マリス博士もそう言っているそうです。



★ここでこのブログ管理人からお願いがあります。
お陰さまで日本に新型コロナウイルスの存在証明はないことはもうほぼ明らかになりました。
これからはぜひ他のウイルスについても開示請求をお願いできないでしょうか。
「存在証明」よりも純粋化記録(分離記録の場合は細胞培養でないこと)で請求した方がよいと思います。よろしくお願いいたします。