prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめ/積み上げ式ブログです

🐶犬🐱猫👨‍👩‍👧‍👦子供🇯🇵政府発表ワクチン死亡事例集🎌

動物用医薬品の副作用による被害状況がわかるサイトがありました。

🇯🇵政府のまとめによるものです。


ここから狂犬病TCワクチン「KMB」で検索すると、その副作用情報があります。中身について

KMB=KMバイオロジクス株式会社
明治ホールディングスの連結子会社 。化学及血清療法研究所(化血研)のワクチン不正製造・出荷停止問題に関連し、化血研の製薬事業を継承するために発足した 。


ここから一番新しい死亡例・No.119 シェパード オス を見てみます。

ケイコ(龍神ちゃん)@DebrtOjWYQcJXdR
3年前ですけど、我が家の愛犬ドーベルマンがワクチンを打ってから3ヶ月後に亡くなりました。
ワクチンを打ってから、脱毛が酷かったです。


☆kiyomi☆@jd_kiyomi
家の今は亡きチワちゃんが予防接種受けて顔がボコボコ腫れるって事があった。もう20年くらい前ですが。怖すぎてそれから予防接種は受けさせませんでした。


5種混合ワクチン バンガード プラス 5/CV を検索した結果です。

No.4 トイプードル です。

狸ポンポコリン@aasFHnHWi6jVlD2
恐ろしい ワンちゃんは家族 守ります。犬用混合ワクチンしません💢


ちゃっきぃ@take6_me
我が家の犬も混合ワクチンの直後に死にはしませんでしたが、打った箇所に大きなコブのような腫瘍が出来てしまい、診察したらガンだと言われました。家族はワクチンのせいではないかと訴えましたが、獣医はガンと主張。結果的に治療で腫瘍も治りましたが、未だにあれはワクチンのせいだと思っています。


カンコリ@rikancoco_215
うちの🐶にも打ったところに腫瘍が出来ました。別の動物病院で診てもらいましたが、獣医さんたちはあーーと顔を見合わせていたので知っていると思いました。その頃(5年前)ネットで調べたらワクチン腫瘍と出ていたはずなのですが今は見当たりません。


🐈‍ Miracle Kuroneko@Jade_Shibaneko
犬の混合💉は、周りで被害(死亡)を結構聞く。みんな高齢犬だ。


No.181に 2024/01/31 人 メス とありますが、こういうことです。

動物用ワクチンで被害を受けるような人は「女性」ではなく「メス」で十分ということでしょう。


このワクチンの添付文書を見て驚きました。
添加物として
・チメロサール(水銀)
・ゲンタマイシン(腎毒性が高いです)
・アルミニウム

そして…

犬や猫の腎臓細胞を「ウイルス培養」に使っています。
個人的には🐱だけは聖域の様な気がしていたので驚きました。
(調べると結構実験用に使われています)
生きた犬や猫のお腹を裂いて腎臓や肺などを取り出す様子は想像したくありません。
これは例のアフリカミドリザルやヒト胎児にも同様に行われていることです。


もうすべてがおかしいのですが、犬に猫の細胞の一部を注射するというのも何だか…


ここで改めて…
どうしてそんな残酷なことをするのでしょうか?


実験室で行われるこの悪魔のような儀式は、
例の「ウイルスは生きた細胞でしか増殖できない」という設定から来ています。

ウイルス学ではこう決まっています。
検体を入れた培養細胞が死ぬ…それはウイルス増殖のため
つまりワクチン(生・不活化)を作るためには生きた細胞が必要となります。
すると目的の内臓は生きたまま、また劣化を防ぐため麻酔なしで取り出すことになります。


犬・猫のワクチンを打つ際、それは他の犬や猫の耐え難い苦痛や尊い命の犠牲の下に作られた液体であるということを忘れず、感謝と哀悼の念を持って大事な我が子🐶🐱に打たせましょう。


次に ピュアバックスRCPCh-FeLV という猫用5種混合ワクチンです。
先に成分表を見てみます。

こちらは逆に猫の腎臓細胞を中心にして犬の腎臓細胞を少し使うという構成…
どうしてこんなことをするのかわかりません。


国のデータベースからこのワクチンの副作用報告👇

💓TOMO💓@poodlecutee
ブリーダーさんから直接聞いたことありますよ。
接種後に猫が死んだ。
ワクチンは霊感商法だと思うって。


No1の事例です。

ワクチン以外の原因を懸命に想像し、今後も同様の情報収集に努めるとのことでまとめています。


ねこオヤジ@toreno911
私のアイコンの猫は、3年前の8月に3種混合ワクチン接種。5日後にけいれん発作を起こして息を引き取った。アッという間の出来事だった。


米俵☆大蜂郎@KomedawaraD
明治以降、「害虫」、「害獣」等の言葉が出て来て、今でも駆除ビジネスは盛んですね。前にフロントラインを猫に付けて死なせてしまった事があり、成分はゴキブリ駆除剤と同じと聞いて後悔した事があります。

ベーリンガーインゲルハイム(ドイツ)は上の猫ワクチンも作っています。
フィプロニルとは何? わかりやすく解説


さて人間用ワクチンにはこういったデータベースはあるのでしょうか。
探したところ、厚労省がこのような形で年度別にまとめています。
【ワクチンに関する死亡報告一覧】で検索すると出ます。


2023年2人の2ヶ月女児の死亡例

せっかく元気に生まれてきたのに親を含む周りの大人たちに寄ってたかって毒物を打たれ、
たった2ヶ月でその短い人生を閉じてしまったのです。


二人とも同じワクチンを打っています。
・ヒブ
・肺炎球菌
・B型肝炎
・4種混合:百日せき/ジフテリア/破傷風/ポリオ
・ロタ

一度に5本、8種類ものワクチン…


「ワクチンデビュー」と同時に亡くなってしまいました。

(2024年からヒブが五種混合の中に入りました)


ではまとめて打ったのが原因かというと、
ここでは3歳男児が日本脳炎ワクチン1本で当日死亡しています。
2022å¹´

その下にはインフルで70歳。


では子どもと高齢者ばかりかというと、47歳男性も死亡しています。
2020å¹´

別の原因を勝手に想像して「~も否定できない」とまとめるのはやめてほしいです。
中年男性には風疹ワクチン接種の勧めが盛んなようですが、これはそれにより打ったのではないでしょうか?(ついでということで麻疹との混合?)


話題の?帯状疱疹やHPV(銘柄不明・男子)で早くも死亡例が出ています。
2023å¹´

情報不足…あまり国の方から積極的に調べようという気はないようです。


2024å¹´


以上、大切な犬、猫、お子さん、ご家族、ご自分などへの
今後のワクチン接種の参考になれば幸いです。








.