prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめ/積み上げ式ブログです

インフルワクチン💉犬から作る🐕誰が決める?今年の流行り🤧

これは以前書いたインフル記事

【もう迷わない!今年のインフルワクチン選び💉追記:🐕から作る】

に追記しきれなくなって途中で独立させた記事ですw

さらなるインフル茶番がわかってきました🍵

※このブログはいつもそうなのですが、最初にアップした時点ではかなり未完成です。少しずつ修正していきますのでご了承ください。

「インフルワクチンは毎年流行の型を予想してそれを入れる」
そんなふうに漠然と聞かされていますよね。


その辺どうなっているのかだんだんわかってきました。
以前書いた話をもう少し掘り下げてみます。


まず毎年4月に厚労省がその秋冬流行の型を(予想して?)発表。 2023年👇

その決定理由の詳細な記録などがあり👇
【令和 5 年度インフルエンザワクチン用製造株とその推奨理由】
厚労省がそれなりに考えて決めたのだろうと思っていたのですが…


実際にはWHOの決定をそのまま伝えているだけでした💦
WHO【今年の秋冬インフルワクチンにおすすめウイルス4種】

厚労省はWHOの意見を参考にしたようなことを書いていますが、全く同じ中身です。
WHOは2月発表。 


最新2024年秋冬版が出ています👇 2番目にタイ株初登場です。

プーケット株(山形系統)が今回分けて記載されているのはこういう事情のようです👇
インフルB型「山形系統」コロナ禍で消滅か、米で3価ワクチンに切り替え - CNN.co.jp
※「消滅」っていうかどれも元々ないんですけど…何の事情でこんな物語が出て来るのでしょうか。


4月に厚労省が同じものを発表するはずです。
※WHOの場合、その半年後には南半球向けを発表。年に2度のビッグイベントです。


これらの「株」どこで売っているのかと探しましたが、例のATCC(米)、BEI(米)、EVA(欧州)には見つかりません。


ところがここに全部ピッタリ同じのがありました👇
※画像は厚労省やWHOが最初に挙げているIVR-238 (A/Victoria/4897/2022 (H1N1)ですが、4つ全部あります。
イギリスMHRA(医薬品・医療製品規制庁)傘下の企業です。

NIBSCは、WHO国際標準と標準物質の世界的な製造販売業者である(標準物質の95%以上を供給)。
※世界中の製薬会社がここからインフルワクチンの「元ウイルス」を買うのだとしたら、これは毎年大儲けでしょうね…


おそらく日本の製薬会社もこういったところから指定の「ウイルス」を買うのでしょう。
そしてそれを卵で「培養」したものをワクチンに入れるのです。(後述)


この「株」の詳細を示したPDFにこうあります👇


というので探してみると、「WHO共同研究センター」はインフルエンザウイルスをMDCK(イヌ腎臓細胞)で分離(細胞培養)していることがわかりました。
pdm09とは2009年にパンデミックになったという意味で、いわゆる「豚インフル」のことです。


つまりインフルウイルスの「分離」(細胞培養)はイヌ腎臓細胞使用がWHOによるデフォルトなのです。
BEI(米)で販売している「インフルウイルス」
EVA(欧州)で販売している「インフルウイルス」
それぞれMDCKの文字が見られます。


感染研の「インフルウイルス診断マニュアル」にもそう記載されています。
>培養細胞によるインフルエンザウイルスの培養には、分離率の高さ、入手の容易さおよび維持コストの面からMadin-Darby canine kidney (MDCK)細胞が広く用いられている。


どんな犬の腎臓なのでしょうか。
>MDCK細胞は1958年にMardinとDarbyにより正常雌成犬(コッカスパニエル)の腎より分離された上皮性の培養細胞である。

【コッカスパニエル】
このワンちゃんの腎臓がワクチンに使われているのです。


イヌの腎臓からどうやって「インフルウイルス」を作るのか?
欧州の販売サイトEVAにはわかるように書かれています。

これはスロベニア76歳男性から採った鼻水(天然由来w)をイヌ腎臓細胞に4日間漬けた?もの。(40万円)


私達はインフルワクチンは卵から作ると聞かされているわけですが、
この図2の黄色い液「ウイルス」とはイヌ腎臓細胞から作られたものだったのです。
もう少し言うと「インフル患者」の鼻水とイヌ腎臓細胞の混合液

「インフル患者だからその鼻水にはインフルウイルスが入っている」そういう設定で話は進みます。
その鼻水からインフルウイルスを取り出し(単離し)確認したわけではありません。
※「鼻水の中を覗いてウイルスを発見」ではダメです。見てわかるものではないからです。


実際にはこんな感じで卵に「ウイルス液」(?)を注入👇

BEI(米)で販売している「インフルウイルス」にもこうあります。
>この株は2007年、47歳のオーストラリアのブリスベンに住む女性から(犬細胞で)分離後、CDCで卵継代され、その後2回の卵継代が行われ寄託されたものである。


つまりイヌ腎臓細胞から作られた「ウイルス」を卵に入れて「培養」しているのですが、
一般人の間では前半が省略され「インフルワクチンは卵から」という話になっているのです。


厚労省による図解。卵に入れる「製造用ウイルス株」がイヌ由来である件は書かれていません。


「ウイルス分離」=ウイルス株製作の際にはウシ🐮やブタ🐷も使用されます。

本当にワクチンは動物成分の詰め合わせです。これに卵(というかヒヨコ)成分が加わります。
添加物は水銀とホルマリン。 添付文書(第一三共)


2010年にノバルティスからまんま「イヌ腎臓細胞インフルワクチン」が出ていました👇
【新型インフルエンザワクチンに関するお知らせ】

添付文書〔2010年1月作成(新様式第1版)〕のまま更新されてないところを見ると、
この年だけで消えたようです…

イヌ使用ワクチンということが広まって敬遠されたのでしょうか?
ていうかH1N1は豚インフル🐖なのですが、それをイヌの腎臓細胞で培養したという…🐕


この1958年に分離されたというイヌ腎臓細胞、
培養したとしてもそれだけで足りるのか?という量的な疑問、それに劣化の問題もあります。

サルはポリオワクチンを作るためだけで15000匹が殺されたとのことです(ポリオはサルで培養)

イヌも新たな腎臓を得るために新たに殺されているのではと推測してしまいます。
ヒト胎児もそうでした。


あと卵から作ると言っても生卵ではないのです。孵化しかけの卵。

資料の続きからすると、たぶん卵の中のひよこちゃんは捨てられますよね…
卵1個から作られるワクチンは1本だそうです。
日本だけでも毎年3000万本程度のインフルワクチンが作られています。


羊水の中にインフルウイルスが増殖してるということなんでしょうが、
ここで素朴な疑問
ウイルスって「生きた細胞内でしか増殖しない」んでしたよね?🤔

【まとめ】

・その年流行るインフル(ワクチンに入れる)の型はWHOが決めている

・それを日本では厚労省が伝達、製薬会社が「ウイルス」を購入してワクチンを製造する


・その「インフルウイルス」はイヌ腎臓細胞から作られたもの🐕💦

・それを「卵で培養」➡一般人にはこの部分だけが知らされている


そもそもインフルウイルスの存在証明はありません。
一体何をやっているのでしょうか。


※そもそも「インフルウイルス」つまり呼吸器系のウイルスがイヌの「腎臓細胞」で増えるって変ですよね🐕💦
それを言い始めるとコロナ(呼吸器系)やポリオ(脊髄)、日本脳炎(脳)はサルの腎臓細胞で増えてますが🐵💦


結論:
インフルも茶番でした🍵
こんなワクチンを「現代科学の粋」などと呼ぶ人がいるのは驚きですね💦



参考1:インフルウイルスは犬の腎臓細胞でしか「培養」できないわけではなさそうです。

サル、ヒト胎児…早い話何でもよいのです。
栄養を断って抗生物質などを入れれば細胞はタヒにますからね😉



参考2:インフルワクチンはインフルウイルスそのものではなく、そのスパイクタンパクが入っているという設定でした。
スパイクとはコロナでおなじみになったウイルス表面のトゲトゲです
こちらの一番下でご確認ください。






.