prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

コロナあるある詐欺・撃退マニュアル①

昨今ツイッターなどで
「コロナって存在証明されてないみたいだけど?」
などとちょっとでもつぶやこうものなら、
すぐに何だか上から目線の意地の悪そうな人が飛んで来て
「存在証明ならここにある!」「論文が山ほど出てる!」
などと言って何か置いて行きます。


普通の人はそんなことされたらもう何も言えなくなるわけで…
でもそれを黙って見過ごしていればワクチン接種に一歩近づいてしまうわけで…


コロナはたぶんないと思う、でもうまく言い返せない、
今回はそんな方のための「コロナあるある詐欺撃退マニュアル」です。



手口①国立感染症研究所HPを出される


対処方:この画像を送ります。
「データ取り下げにより無効です」のコメントを添えます。


手口②感染研はデータを取り下げてない!と言われる


対処方:この画像を送ります。


大橋教授の解説はこちらからいただきました


↑このビデオの宮原さんに送られてきたメール↓↓


別の方が感染研から受け取ったメール↓

こんなに何度も「取り下げた」と自分で言ってるので取り下げたのは確実です。



それでもかなり往生際悪く
手口③データはGISAIDに登録されてる!と言われる
対処方:「そのGISAIDにある感染研データのスクショとリンクを送ってください」
と返す


(参考)GISAIDは研究者用登録・会員制サイトです

実際ここに入って感染研データを探すのは無理です。


仮にそのリンクがあったとして…
・そのリンクから誰でも登録なしで一発でデータに飛べること
・そのリンクがこの感染研ページに貼られること(赤〇部分)

この2つの条件が満たされて初めて、
この感染研HP「分離に成功」は議論の対象になるのです。



注:一部混乱があるようですが、
取り下げられたのは論文ではなくデータです。
これがGenBankに残っている取り下げ済みのデータです↓

送信者とは国立感染症研究所。
この下に延々とウイルスのデータが並んでいます。
これと同じものがGISAIDに公開されていないといけないのです。


「取り下げた証拠はどこにあるんだ!」
などと言う人には上の画像とリンクを送ってあげてください。



手口④開示請求に文句をつける
a.コロナ関係の研究は行政文書ではない!


対処方:これを出してください↓


このように「コロナ関係の行政文書・公文書」はたくさんあります。
正式な国交のない台湾の研究でもOKですし、
実際に紙の文書も持っていなくても、今の時代ですのでネットで見れば、
行政のコンピュータ内に保管していることになります。


これも(1)(2)は厚労省のHP、(3)はWHOのHP(4)は東大の論文です。



b.地方自治体がコロナ関係の文書を保有してるわけがない!
対処方:これを出します。厚労省にもらったものが実はあるのです。
しかしなぜか出せない。検証されたらひとたまりもない代物なのでしょう。


厚労省からもらったこんなものでもなければ、
自治体はテレビや新聞がコロナの情報源ということになります。



★種明かしをすれば厚労省は電話相談で何度もこう答えています。
科学的根拠に基づいた論文、資料等は事実上ない


つまり広い意味でも何もないのです。
「行政文書・公文書は存在しない」と答えることで、
「別のどこかに何かの文書は存在する」
という雰囲気を醸し出しているだけなのです。


なお、こういった電話録音をフェイクだと言う人もいます。
ということは厚労省は本当の電話でコロナの存在証明を出しているということになります。
それをぜひ教えてもらってください(感染研HPはダメですw)


c.猫の存在証明を要求しても同じ答えが返ってくる!
対処方:猫の存在は誰でも確認できるので存在証明を要求する人はいません。


d.肉屋にサンマがあるか聞いてるようなものだ!
対処方:その肉屋が毎日「サンマが出るので自粛するよう」呼びかけているのです。
サンマの存在証明を持っているのは当然ですよね?



手口⑤写真を出して「ほらコロナは存在する!」
これですね↓

しかし…改めて考えると、これがコロナだという保証はどこにもないのです。
偉い人がこれはコロナだと言うから信じていただけだったのです。


これも同時期に撮られた「コロナ」ですが、
上の写真とこれが果たして同じものでしょうか。


対処方:これを送ります↓

アンドリュー・カウフマン博士の有難いお言葉です。



手口⑥難解な英語の論文を送って来て「コロナの存在は証明されてる」と言う
手口a.感染研の論文を出してくる
Enhanced isolation of SARS-CoV-2 by TMPRSS2-expressing cells

これが一応感染研の論文になります。(著者の一人に忽那賢志氏がいます!)
感染研の青いHPに書かれているのはこれのことだと思われます。
こんなものを送ってこられたら普通の人は黙るしかないのですが…


対処方:これを送ります↓
この論文についての大橋眞教授の説明です。

ウイルス分離に関する論文ではないそうです。
こんな時専門家の解説は有難いです。



(参考)感染研HPで「コロナ分離成功」と報告しているのが


まさにこの論文のことです。

例のGenBank取り下げデータと執筆者が6人かぶっています。

つまりこのTMPRESS2論文がまさにデータ取り下げ論文なのです。


論文の下の方にデータはGISAIDに登録と書いてあります。

繰り返しますがデータはGISAIDでは公開されていませんので、
登録されているのかも確認できません。



手口b.「ニューイングランドジャーナルメディシン」の論文を出してくる

こんなものを送られて
「ほらコロナは証明されてる!」と言われたら一般人は困ってしまいますよね。


対処方:これを送ります↓
この論文についての大橋教授の説明です。

これもコロナの存在証明にはならないそうです。
こんな難しいものを解読してくださって本当に助かります。


ツイッターで持ち出されるのはほとんどがこの2つの論文ですが、
同時にこのビデオにあるように感染研がよく持ち出す論文でもあります。
つまりこれらの論文をツイッターで持ち出す人々は、
実は感染研の関係者じゃないかと思うのですが考えすぎでしょうか。


ちなみに厚労省はこれらの論文を持ち出しませんよね。
どうしてでしょうかw



手口c.コウモリ論文を出してくる
たまにですがこれを出してくる人がいます👇


対処方:「たぶん」って書いてますけど?
と上の画像を送りつけます。


これを送ってもいいでしょう。
武漢ではコウモリを食べる習慣もなければ市場で売ってもいないという記事


これを送ってもいいでしょう。市場の動物全体を調べていないのです。



ここまでいろんな「コロナあるある詐欺」の手口と対処法を書いてきましたが、
ケース別の対処が面倒な人は、これですべて対応できると思います↓




手口⑦話の内容でなく個人攻撃にすり替える
大橋眞教授やアンドリュー・カウフマン博士を個人的に誹謗中傷
する人もいますね。
カウフマン博士のことを「あの人は無職ですよ!」と叫んでる人がいました。(違います)


対処法:「そういう個人攻撃でなく、彼らの話す内容について反論してください」
または「異論がおありでしたら教授や博士と直接話してください」
と返します。


その他、ここにある世界各国のコロナ存在証明なし画像
次々に投げつけてもかまいません。


今後もまた新たな詐欺の手口が出てくると思いますが、
こちらも知恵を付けて対処していきたいものです。