prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめ/積み上げ式ブログ

【宮沢人工ウイルス】大阪で2週間100万円

★2023/12/19追記★
XBB株について、このような資料を見つけました。結論:変異株オミクロンも細胞培養でした🐵


東大・河岡義裕さんという方の論文:
XBB.1.9.1臨床分離株に対する抗ウイルス効果と複製適性 より👇

XBB.1.9.1 in vero E6
アフリカミドリザル腎臓細胞におけるXBB。
もうどういうことか、わかりますよね🐵💡


XBBなど変異株はどうやって分離したのだろうと探したところ、分離論文そのものはなかったものの、この論文によってわかったということです。


この論文ではオミクロン変異株XBB.1.9.1を使って何かの実験をしたようですが、それは上のスクショ通り細胞培養によるものです🐵🧫


TMPRSS2という記述からわかるように、感染研から分けてもらったようです。
SARS-CoV-2の分与について(国立感染症研究所)

そのページの「分与可能ウイルスリスト」を覗くと26番目に河岡さんの使った
XBB.1.9.1 (hCoV-19/Japan/TY41-951/2023)
があります。

感染研による分離論文は最初の「武漢株」しか見あたらず、変異株の分離方法は不明に思われたのですが、はからずも河岡さん論文から、やはりVero細胞による細胞培養だと判明したのです。

※感染研XBBの後ろに記載されている
もVero細胞使用の細胞培養。

これは阪大中山英美教授もよくここからコロナを買う米ウイルス販売サイトBEI Resourcesのものです。詳細👇


こちらも細胞培養🐵
宮沢さんは分離なし(いかなる意味でも)に作った武漢株データと細胞培養🐵🧫から作った「変異株」のゲノムデータを見比べて、「この変異の仕方は不自然だ、人工ウイルスだ」と論じていたというわけです。

所詮細胞培養によるインチキのオミクロンについて東大はこんな妄想を発表していたのです🙈

★追記終了★


以下元記事⇩
「ウイルス学者」の宮沢さんという人がTVのバラエティ番組に出て【人工ウイルス説】を披露し話題になっています。

「ついにTVが真実を隠しきれなくなった」と一部では大騒ぎのようです。


ちなみに衝撃のコロナ人工ウイルス論文はこちらです👇 出ない場合はこちら

SARS-CoV-2変異株の進化過程における不自然さと意図的自然選択の可能性
※早い話、人工ウイルスの「可能性がある」という論文なのです。
そうじゃない可能性もあるし、そもそも存在しない可能性だってありますよね🐵可能性で書ける論文


本文中に「可能性」は10回出て来ます。
こんなダブルで使用した一文も👇


こんな日本語どこから…💦
ていうかその程度のことで論文書かないでほしいです🐵


ちなみに「示唆」は4回出て来ます。
【示唆】それとなく知らせる、ほのめかす、匂わせる


>これらの変異のどれもが自然界で試行錯誤的なランダム変異の結果として生じたものではないことを示唆している。


★そのまとめ部分★


・人工ウイルスの可能性はあるが
・分析に使用したデータが間違っている可能性もある
(細胞培養なので間違っているでしょう🧫)
・人工だと結論づけるものではないが
・その可能性も含めて議論してほしい
・にもかかわらず(人工だと)結論づけられた


論文は意外とこういうあやふやなものが多いです🫠


宮沢さんは元株(武漢株)とたくさんの変異株を比較したようですが、自分でウイルスの実物を比較分析したのでしょうか。
その点が論文に書いてありました👇「データ取得」

つまり全部ネット上の「配列データ」の文字列を見比べて”人工ウイルスかもしれない”と思っただけで、元株や変異株などウイルスの実物には一切触れていないのです。
※変異の定義・NC_045512.2(武漢株データ)は例の感染研が「99.9%一致」と発表した最初の中国論文で発表のゲノム(末尾にaが33)で、中身はMN908947.3と同じです。

※スパイク蛋白質の配列…スパイク蛋白など実在しないのですが?


ネットにつながるパソコンさえあればできるウイルスの研究。
実験室要らずで結構お手軽なんですね💻✨


再び追記★     ★     ★
12/3また📺に出たようです。
こちらのツイートの引用を見ると真に受けてる人はほとんどいなくて安堵します。


宮沢さんはこの質問👇に対し「愉快犯によるものかもしれない」と答えたそうですが…

であれば「人工ウイルスばら撒き事件」ということで警察が動くべき案件であって、貴重な情報を提供した宮沢さんを京大がクビにするはずがありません。
★     ★     ★追記終了


(ここから本当の元記事)
先日仙台駅前での辻説法がネットで大評判だった宮沢さん。

(現場では誰も聞いてませんでしたが)


YouTubeでの「人工ウイルス」に関するこんな発言も話題になっています⇩

なぜか参政党のビデオですw
目が泳いでますよね…


参考:公明党(創価学会)の雑誌にも出ている宮沢さん↓ 支持者が多いのもわかります

みおしん」も出てました


さて人工ウイルスが注文して2週間で作れてしまう…
大変恐ろしいことのように思えます。
しかもそれをどこで作っているのかを伏せているので、謎めいてなおさら恐怖です。


と思ったらこのブログの別の記事でも紹介してあるこのページ👇が同じ2週間でした。

※この件👇で参考につけておいたリンクです。(ていうか元々数ヶ月かけて作ってたんですね…?)

大阪大学微生物病研究所、北海道大学大学院医学研究院などによるチーム。
宮沢さんの言っているのは間違いなくこのことでしょう。
新型コロナ「2週間で人工合成」可能、変異ウイルス解析が容易に : 読売新聞
違う場合は実際はどこなのか明らかにする必要があると思います😉

※大阪大学の人工コロナ作成はTVで報道されるほど公なものなのに、

宮沢さんが「コロナは人工」と発言して京都大学をクビになるわけないですよね?

★2023/12/13追記★
やっぱり大阪大学です。確定しました。※それに伴い記事タイトルに「大阪で」と加えましたw

茶番デミックTV弐號機@chabandemicTV2 2023年12月12日

「京都大学からクビを言い渡されたウイルス学者の告白」というタイトルのメールが来て、リンク先の動画を見たら、こんな動画でした。

12/12まで公開のようです。


バイオテロが簡単に起こせる時代が来てしまった?

最新のウイルス学から読み解く

新型コロナウイルスの正体


大阪大学で人工ウイルスが作れると語っています。

そのHP中、肝心の”2週間で人工ウイルスができる論文”はなぜかリンクなしでタイトルだけ紹介されていて、探した結果これです⇩

(環状ポリメラーゼ伸長反応を用いたSARS-CoV-2のリバースジェネティクスシステムの確立)


論文によると大事な「コロナ人工ウイルス」の元(素?)には
神奈川県衛生研究所・櫻木博士提供のSARS-CoV-2株
SARS-CoV-2/Hu/DP/Kng/19-020

が用いられています。
以下の画像は人工ウイルス製作論文の【Results】と、その「元ウイルス」を提供した神奈川県衛生研究所のHPを合わせたものです。
見事に一致します⇩

分離したコロナの元株を希望者にゆうパックで配送している神奈川県衛生研究所
では彼らはどうやってコロナの元株を得たのでしょうか?
その方法はこれ👇
「感染研・地衛研専用」SARS-CoV-2 遺伝子検出・ウイルス分離マニュアル Ver.1.1
感染研および神奈川県等の究所は皆このマニュアルに沿ってコロナウイルスの分離をします。


感染研のウイルス分離方法➡細胞培養🧫
➡「コロナ感染者」の鼻水🤧をサルの細胞🐵に混ぜた物
➡実際はウイルスでも何でもない
➡神奈川県衛生研究所のものもそれ😮


それを元に作った大阪大学の「人工ウイルス」
実際はウイルスでも何でもない🥲
となり、「幽霊の正体見たり枯れ尾花」となります。


※この論文の「CPER法による人工ウイルス作成」は海外でも行われているようで、
このように批判されています。
17:55~からご覧ください。大阪大学HPと同じような図が出て来ます。

※翻訳者さんにより大阪大学HPの図が付けられています👇

《反ワクチン詐欺》ウイルス業界に身を捧げる反ワクチン界のスターたち✧人工ウイルス・機能獲得研究・反ワク活動に見せかけた恐怖概念のすり込みから抜け出そう


宮沢さんはこんなことも👇 これ犯罪では?

何のウイルスかぐらい言えばいいのに、この人の話にはいつも具体性がありません。
ここにもウイルスの強毒化を言う人が👇


私は当初この人の話を信じていたので、今思うとやられたという感じです💦

2020年5月にはもう「プランデミック」などというタイトルの映画を発表し、「削除された動画」として懐疑派の間に人工ウイルス説を広めていたという用意周到さに驚きます。


こんな話もあったのですね👇
群馬大院教授がコロナウイルスを人工合成に成功 感染再現や仕組み解明へ | 毎日新聞
記事より
>神谷教授は国立感染症研究所から入手したウイルスの遺伝子を細菌人工染色体(BAC)に組み込み、遺伝情報を細胞内で複製して人工的に新型コロナウイルスを作り出した。


感染研から入手したウイルスを元に。この人工ウイルスも終了😉


★参考:
神奈川県衛生研究所のSARS-CoV-2「神奈川株」はここにも⇩
※例のゆうパックで配達してくれるやつです🚚🧫

独創的なニッポンのウイルス事情 - Bio Sinfonia
大阪大学が8K画質カメラで撮影、NHKが放送した「新型コロナウイルスが細胞を破壊する映像」に関する話(つまり細胞変性効果の現場?)
また大阪大学です💦


※大阪大学ついでに…
宮坂昌之大阪大学名誉教授が「このウイルスは既に単離されていて」と明言しています。
ですがこちらも宮沢氏同様論文はないとのこと⤵
※ウイルス学では単離はしないことになっています

大阪大学って一体…?🙄
参考終わり★


というわけで「人工ウイルスの正体見たり枯れ尾花」だったのですが、せっかくなのでもう少し。


この大阪大学人工ウイルスの論文にはネガティブコントロール、つまり対照実験結果の写真があり、その上で人工ウイルスが細胞変性効果を起こしたとあります。

ウイルス学では対照実験を仮に行っても論文にその詳細がありません。
この場合、「人工ウイルス」を入れる入れない以外の条件を揃えたかが大事です。
まぁぶっちゃけ言えば前者は細胞がタヒに、後者はタヒなないよう細工をしたのでしょう。
参照:こちらのページ下から3分の1【抗生物質と抗真菌剤をダブルで使う】


サム・ベイリー博士「ウイルス学の秘密~対照実験」英語字幕付き

内容をざっくり言うとウイルス学では必要な対照実験が行われておらす、行ったという論文があってもその詳細が記されておらず、詳細を聞いてみると2つ以上の条件を変えており、対照実験として無効だということです。


しかしそれよりこの大阪大学人工ウイルス論文には対照実験の記述があることにより「科学論文には対照実験が必要」という事実が改めて確認でき、それのないこれまでの「ウイルス論文」は無効だということが逆に浮き彫りになっています。墓穴を掘ったと言えるでしょう。


て人工ウイルスの費用ですが

「100万円もかからないかな」と宮沢氏。 そこまで知ってるなら警察に通報したら?
世間の噂ではファウチは武漢に巨額の資金を提供してコロナを作らせたともっぱらですが、
その額は2014年から19年にかけ総額374万ドル(5億円)とも言われています。


簡単に安く作れるようになったのは15年前ぐらい前からと語る宮沢氏。
つまり2008年あたりから。この点でもファウチの話と合いません。

また目が泳いでいます。どこを見て言ってるのでしょうか…


>組み換え技術がどんどん進んで、任意の場所ですごく簡単に組換えができるようになった
とも言っていて、どこでも簡単に作れるものをなぜファウチはわざわざ中国武漢で…
宮沢さんの人工ウイルス説が主流の人工ウイルス説と合わなくなってきています。


【まとめ】

・大阪大学が作っているという「人工コロナウイルス」は本物のコロナではないものが元になっています。
それは神奈川県衛生研究所から買ったもので、そこから作ったという「人工ウイルス」も実際のウイルスとは何ら関係ありません。
これが2週間で100万円でできる人工ウイルスの正体です。


・それ加え宮沢さんは「15年ぐらい前からどこでも簡単に安く作れるようになった」と言ってしまったため、「2014年~19年、ファウチが巨額の資金を提供して武漢研究所に作らせた」という一般的な人工ウイルス説と合わなくなってしまいました。


・宮沢さん自身の人工ウイルス論文もネット上のデータを見比べて感じた感想のようなものに過ぎません。しかも元株データも変異株データも実際のウイルスから作られたものではありません。


読売でも紹介されていました。

>ウイルスの人工合成は、大腸菌にウイルスの遺伝子を組み込んで複製を作る方法が一般的だ。しかし(中略)大阪大微生物病研究所の松浦善治特任教授らのチームは、感染の有無の検査にも使われる遺伝子増幅技術「PCR法」を活用


このあたりでもう旧来の人工ウイルスも新しい人工ウイルスもフェイクだということがわかりますよね。



こちらは人工ウイルス説を何が何でも広めたい「反ワク医師」のツイート⇩

恐怖を煽りたい=打たせたいのです。
それでいて接種慎重派のような立場を装う医師。
何より人工ウイルス説を信じる?医師🐵


生物兵器という発想そのものについて(ステファン・ランカ博士)

イマニュエル・プロジェクト - 関連トピック 1: 生物兵器


「特許があるのが人工ウイルスの証拠」も完全終了しました👇


・ファウチが武漢に巨額の資金を出して作らせた
・科学者や議員がそう証言している

などはどれも科学的根拠ではないことにご注意ください。

その人工ウイルスの「物証」はどこにもないのです。


人工ウイルスとはウイルスの存在を科学的に証明できなくなった側が、それに気づきかけた人々に【科学的な理屈抜き】で再びウイルスの存在を信じさせるよう作ったトリックです。


ウイルスが人工であっても存在すれば人々はいつまでもワクチンを打つべきか打たざるべきか、「リスクとベネフィットを天秤にかけて」の議論から抜け出せないのです。







.