prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

コロナあるある詐欺・撃退マニュアル③

ツイッターなどで「コロナは存在が証明されてない」
と発言して絡まれた時にお使いください。
以前書いた①を下敷きにしつつ、
その後わかったことを中心に、よりシンプルにまとめてみました。


手口1. 感染研HPを出してくる
対処:この画像を送り返します👇

付けるコメント:
感染研が行ったのは分離ではなく培養です。
ウイルスの存在証明にはなっていません


手口2.感染研の「コロナ分離論文」を出してくる
ツイッターではこう表示されます👇


Enhanced isolation of SARS-CoV-2 by TMPRSS2-expressing cells


対処:開いた時の画像です。これを送り返します👇

(この時相手には「どうせ英語の論文なんて読めないだろう」という態度がありありと出ています)


付けるコメント:
ここでいう isolation(分離)とは本来の分離とは無関係な「培養」のことです。
ウイルスの存在証明にはなっていません。


この件はこちらに詳しく👇


手口3.NEJM(ニューイングランドジャーナルオブメディシン)の論文を出してくる

(この時相手には「どうせ英語の論文なんて読めないだろう」という態度がありありと出ています)


対処:この画像を送り返します👇 

https://www.torstenengelbrecht.com/wp-content/uploads/NaZhu_noSARSCoV2purification-1.pdf


付けるコメント:
これはドイツ人ジャーナリストがこの論文を書いた中国研究チームの一人に宛てた質問メールです。
回答者はウイルスの純粋化をしていないと(三度)述べています。
よってこれはウイルスの存在証明にはなりません。


このメールがある元サイトです👇これも一緒に送ります。

ツイッターはこれを送信禁止にしていますので、送る際はこうします👇
h
ttps://telegra.ph/Leading-Corona-researchers-admit-that-they-have-no-scientific-proof-for-the-existence-of-a-virus-07-31


手口4.「行政文書にコロナの存在証明などない」と言われる
対処:これを送れば十分と思います👇

付けるコメント:
行政文書はあります。
でもこの国立感染症研究所HPが証明になっていないので問題になっているのです。


※なお、これ👆について偽造だ切り貼りと疑ってくる人がいます。
(コロナを疑えばいいのに)
その場合はこれが元の全体画像👇ですので送ってください。


手口5.ウイルスの写真を出して「これが証拠です!」と言われる
対処:このページをそのまま送れば十分だと思います👇

https://prettyworld.muragon.com/entry/36.html


手口6.「じゃHIVやインフルとか他のウイルスもないと言うのか!?」
対処:もうこっちのものです。これを送ります。
HIV👇

https://www.fluoridefreepeel.ca/wp-content/uploads/2021/03/FOIA-request-reply-CDC-HIV-purification-March-2021.pdf
付けるコメント:はいありません


インフル👇

https://www.fluoridefreepeel.ca/wp-content/uploads/2021/04/CDC-FOIA-request-response-influenza-purification.pdf


その他ほぼ全てのウイルス(病原体)にここから対応できると思います👇

各文書のURLに加えて、
ソースとなるクリスティーン・マッシーさんHPのURLも付けるとよいと思います。


手口7.「猫の存在証明だってないだろ!」
対処コメント:ウイルスの存在証明とは純粋化記録のことです。
見て触って存在を確認できる猫とは関係ありません。


手口8.「存在証明がないからといって存在しないことにはならない!」
対処コメント:「存在する」と言えないのですね?言えるのなら根拠を出してください


手口9.「世界中に山のようにあるコロナの存在証明論文を全部否定してみろ!」
対処コメント:それらは全部ウイルスを分離したという論文です。ウイルス学で言う分離とは「培養」のことなので存在証明にはなりません。ウイルスを「純粋化」したというものがあったら出してください


   *     *     *
「コロナは存在する」だけでなく「存在するけど風邪以下の弱いウイルス」
そう思っているだけでもコロナ騒ぎは永久に終わりません。
コロナは存在しないことをきちんと伝えていきましょう。