prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

コロナの写真はウソでした①

👉➁はこちら
コロナがあると言う人の中には
「だって写真あるでしょ?」という人がいます。


そこで今回、コロナの写真は本当なのか ということを考えてみます。


モレル、コーワン、カウフマン:ウイルス分離についての声明
>実際のウイルスが電子顕微鏡で確認されたことは無い。
実際のウイルスからゲノムが抽出され、配列決定されたことは無い。
これは科学的詐欺である。


【世界中にコロナの存在証明を求めているクリスティーン・マッシーさん
>はい、「ウイルス」を撮影したとされる電子顕微鏡写真が
公開されていることは承知しています。
しかし、何かの写真を見ても、それが何であるか、どこから来たのか、
何をするものなのかは分からないのです。


写真を見せて「これはコロナです」と科学者が言うので、
私たちは「はぁそうですか」と信じていただけなのです。


市民の問い合わせに対する東京都健康安全センターからの貴重な回答です👇



まず「分離」と「単離」「純粋化」は本来同じ意味です。


それはさておき、ここで東京都健康安全センターは
微生物、特にウイルスはサイズが小さいため、
1つひとつの粒子に分ける「単離」は技術的に難しいです。
と言っています。


ということは…この写真は?👇


おなじみこの写真は?👇


「1つひとつの粒子に分けるのは難しい」という説明と矛盾しますね。
つまりフェイクだということです。
(上のカラー写真は誰が見てもCGですし、
この2枚が同じ「ウイルス」だとも思えません)


ご存知の通りウイルスは実際には単離=分離=純粋化されていませんので、「写真」はこういうことです👇
患者の検体🗣️+サル腎臓細胞🐵+ウシ胎児血清🐮+複数の化学薬品💊の混合物には雑多な粒子が泳いでいますが…

ウイルス学者は顕微鏡でこれらの粒子を見て、
見栄えが良いと思う粒子を選び、
写真を撮影し、それらをSARS-COV-2ウイルスと呼ぶのです。
ステファン・ランカ:ウイルス学の決定的誤り(前編)11分~
ステファン・ランカ:ウイルス学の決定的誤り(後編)
元ビデオ(英語)  スクショ+日本語訳


(参考)
「雑多な粒子」には以下の物が考えられます
・腎臓細胞など外来細胞培養由来のもの
・細胞内で生成されたエクソソーム
・細胞破壊によるアポトーシス体
・別の種類の細胞外小胞
The Great Covid Virus Debate - The Weston A. Price Foundation
(Cytopathic Effectsの項目より)


ウイルス学は科学ではないと言われています。


本当はこれを見た時👇
「え、どうしてこれが新型コロナウイルスなんですか?」
と聞かないといけないのです。

リンゴの写真🍎に「トマト」と書いてもダメですが、誰も見たことのない粒子の写真🦠には「新型コロナウイルス」と書いても大丈夫だということです🤥


【まとめ】
ウイルスは分離/単離/純粋化されていない。
したがって写真は撮れない➡写真はフェイク


東京都健康安全センターおよ国立感染症研究所は「ウイルスの標本を持っていない」と認めています👇

分離していないので標本はない➡写真も撮れない


茶番デミックさんのビデオ👇
【決めゼリフはバックグラウンド】
の中の画像より…


これが分離/単離/純粋化された状態👇

全部コロナ。だとすればどれを撮ってもコロナの写真になるでしょう。


しかしウイルス研究所が「分離」というこの状態だとどうでしょうか👇

コロナに呼びかけても返事はしてくれないので、適当にそれっぽい粒子を撮影するだけなのです。(コロナはいない可能性もあります)
※遺伝子配列決定も同じです