prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

コロナ分離/純粋化記録なし🌏③米サンプルなし✖2

世界➁はこちら👈👉世界④はこちら

情報開示請求に対し「新型コロナウイルスの分離(純粋化)記録はない」
と認めた各国機関の回答を集めました。こちらより👇
FOIs reveal that health/science institutions around the world (200 and counting!) have no record of SARS-COV-2 isolation/purification, anywhere, ever – Fluoride Free Peel
https://www.facebook.com/chris.mass.9440/


「存在証明」つまり正しいウイルス分離(純粋化)の記録があるのかを問うものです。
組織培養ではダメなのです。(組織培養は当ブログでは細胞培養または培養と呼ぶことが多いです)


ウイルスのサンプルとはわかりやすく示すと👇 (イメージ)

早い話これが存在証明です。
これがあればウイルスの存在はわかりますよね。


【サンプルなし①】

アメリカ HHS(米保健社会福祉省) 2021/08/19

HHS(米保健社会福祉省)にSARS-CoV-2の実物(サンプル、標本)は存在しますか?

「ご説明します。SARS-CoV-2とはCOVID-19を引き起こすウイルスで…」

あるかないかの質問だから答えやすいはずで、コロナの説明は求めていないのですが。

ちなみにスペイン、スコットランド、日本からもサンプルなしの回答が出ています。


【サンプルなし②】

アメリカ 2021/09/03

NIAID(米国立アレルギー・感染症研究所)

NIH(米国立衛生研究所)

NIAIDまたはNIHにはSARS-CoV-2の実物(サンプル、標本)は存在しますか?

「ご請求は不適切なため処理できません。

SARS-CoV-2とはCOVID-19を引き起こすウイルスで…」

コロナの実物があるかないかの質問を請求の仕方に文句をつけて拒否。

そして「SARS-CoV-2とは…」と上のHHSと同じ解説をして終了。

仮に実物がなくてもコロナの研究はできるというのであれば「ない」と答えてもいいのです。

結論としてアメリカにもコロナの実物(標本、サンプル)はないということです。

ウイルスの「存在証明」ではなく存在そのものがないのです。

ファイザーもウイルスの実物なしにワクチンを作ったと言ってましたよね。


カナダ カナダ保健省 2021/11/10

患者の検体から直接分離されたSARS-COV-2の記録

「徹底調査の結果、ご要望の記録は見つかりませんでした」

この回答だけ見ると立派なのですが、この後「記録がないのは要求がおかしいからです。ウイルス分離と言えば細胞培養で、その記録ならあります」と見苦しい言いわけをしています。



カナダ ユニバーシティ・ヘルス・ネットワーク 2021/11/10

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「いかなる記録も見つけることはできませんでした」

University Health Network(UHN)は、カナダのオンタリオ州トロントにある公立の研究・教育病院ネットワーク。カナダ最大の医療研究機関であり、研究費総額はカナダ国内で1位。2015年から2017年にかけ、Research Infosourceによってカナダのトップ研究病院に選出。

クリスティーン・マッシーさんの元勤務先だそうです)


ニュージーランド ニュージーランド警察 2021/11/09

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「ご要望の情報は保有していません」


イタリア イタリア保健省 2021/10/29

患者の検体から直接分離/純粋化されたSars-Cov-2および変異株の記録

「文書を保有・管理していません」


イギリス ブライトン&ホーブ市議会 2021/10/28

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「議会は文書を保有していません」

イギリス南端のリゾート地です。


アメリカ CDC(米疾病予防管理センター)2021/10/26

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

(細胞培養で)「分離しました」(?)

請求は 細胞培養をせずに純粋化した記録 なのですが、回答は何と(細胞培養で)「分離しました」💦

CDCが回答でリンクしている論文についてはこちら


請求の「検体から直接純粋化したもの、細胞培養でないもの」

とはこれで👇考えたら当然の話なのですが、実際はできません。

それはCDC側もわかっています。


CDCが聞かれてもいないのに話をすり替えて、

「細胞培養による分離ならしました」と答えたその内容はこれです👇

(参考)同年6月の回答では素直に「ない」と…

質問は同じなのですが。この頃に比べると往生際が悪くなってきたようです。



アメリカ サウスカロライナ州クレムソン大学 2021/10/23

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「大学には以下の請求に対応する記録はありません」

この大学の環境工学・地球科学部が最近「SARS-COV-2」の研究費として90万ドルを受け取ったため、この開示請求がなされたようです。結果は同大学には「SARS-COV-2」の純粋化した記録はないということです。


イギリス 英国保健保安局 2021/10/27

電子顕微鏡のエビデンスなど、回答になっていない回答をする行政に対する請求者の返信をごらんください👇

ウイルス学者が分離を混合(細胞培養)の意味で使っていること、分離はされていないことをはっきり指摘しています。

そう、細胞培養とは「混合」であり、分離とは全く逆の行為なのです。


アメリカ イリノイ州知事 2021/10/15

ヒトから抽出された分離サンプルによるSARS-COV-2の分析・識別について

「見つかりませんでした」


アメリカ ウィスコンシン州知事/保健省 2021/09/24

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「持っていません」

ワクチンの効果と安全性についても同様です



ドイツの150万ユーロ(約2億円)に続いて新たに150万ポンド(約2億円)の懸賞金が出ました👇 (動画)

アメリカのロバート・ヤング博士です。

※精製=純粋化です

他にインフルエンザウイルスも存在しないこと、ウイルス学は科学ではないことなどを語っています。


こちらクウェートの男性は集まったメディアにコッホ~リバーズの原則について説明した後、
「"Sars-CoV-2"が"Covid -19"と呼ばれる病気を引き起こす証明」
に対しその場で1000KD(約38万円)を提供すると申し出ました。

手に現金を持っています👆

「"Sars-CoV-2"が"Covid -19"と呼ばれる病気を引き起こす証明」

Sars-CoV-2(ウイルス名)、Covid -19(病気名)ですね。

仮にSars-CoV-2というウイルスがあったとしても、それが肺炎など病気の原因でなければ意味がありません。

確認にはウイルスを使って感染実験しないといけないのですが、ご存知の通りウイルスの実物はありませんw


カナダ カルガリー警察 2021/10/26

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「カルガリー警察はウイルスの純粋化に関する記録を収集していません」

警察は科学的な捜査もやるわけなので、こういう言いわけは通用しませんよね。

ではなぜ「マスク警察」みたいな活動ができるのか?という話です。


カナダ オンタリオ州警察、オンタリオ州法務省 2021/10/27

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「その分野に詳しい経験豊かなスタッフが検索を行いましたが、記録は見つかりませんでした」

ここも「メールでは受け付けない」とかさんざんゴネた後にメールで回答しました。


イギリス スコットランド公衆衛生局 2021/09/10

①ウイルスの実物はありますか?「ありません」

②もしあればどうやって分離純粋化したのですか?「ありません」

③もしなければ他にそれがある研究所は?「ありません」

先日のスペインもそうでしたが、「ウイルスの実物はありますか?」という質問は問題の核心を突くものだと思います。ウイルスは論文やデータや写真で証明するものだと思わされていましたが、それらはいくらでも捏造ができるもの。ウイルスは物体である以上、見せられる実物があるはずなのです。


イギリス ハマースミス・アンド・フルハム公衆衛生局(ロンドン)2021/10/20

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「お問い合わせの記録はありません」


イギリス イーストミッドランズ州・レスターシャー郡議会 2021/10/19

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「残念ながら、ご要望の情報は保有しておりません」


カナダ ハミルトン警察(オンタリオ州)2021/10/19

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「関係者と協議した結果、回答となる記録を見つけることができません」


スウェーデン カロリンスカ研究所 2021/10/18

SARS-COV-2の分離・純粋化に関する資料の閲覧について

「現在、この情報にアクセスできないとのことです」

カロリンスカは医学系世界トップクラスと言われる研究所/医科大学です。


オーストラリア オーストラリア保健省 2021/10/08

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「記録は保健省が管理しているわけではありません」

そう言って他の既に否定された研究論文を引用しています。


カナダ トロント警察 2021/10/19

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「持っていません」

(この回答を引き出すまでのやりとり…まず請求に対し最初の返事)

警察「請求には免許証やパスポートなど政府が発行した有効な身分証明書で、少なくとも1つは写真と署名があるもの2枚のコピーの提出が必要です」

請求者(クリスティーンさん)「開示請求にそのようなものが必要であるという法律を示してください」

警察は要求を引っ込めます。


その後警察は回答を遅らせたあげく、資料が多く探すのが大変だとしてさらに60日間の延長を要求します。
クリスティーンさん「去年はそちらから6週間以内に回答があったので困惑しています。
世界中の機関がすでに1件の記録も見つけられていないので、そちらがそのような記録を見つけられる可能性は極めて低いと思われますが。
そして、もしも地球上の誰も見つけることができない記録をそちらが持っているのだとしたら、私は次のように考えます。
そのような非常に貴重で求められている財産(記録)は、すぐわかる場所にあるのではないでしょうか? その記録には150万ユーロの価値があります。
https://www.samueleckert.net/isolate-truth-fund/
(ドイツの例の懸賞金サイト)
トロント警察の記録は、あと60日も必要なほど乱雑で整理されていないのでしょうか?


回答はその10日後に来ました👉 「持っていません」


カナダ カナダ公衆衛生局 2021/10/21

患者の検体から直接分離されたSARS-COV-2の記録

「徹底的な調査の結果、ご要望の記録は見つかりませんでした」


ニュージーランド ワイカト大学 2021/10/13
患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録
「コロナに関する研究は学内のいかなるスタッフ、学生によっても行われていません」

ワイカト大学HP

休校または距離を取って顔にカバーを付けての授業を行っています。

疑問に思った学生が尋ねたのかもしれません。

学問の場でも根拠が問われることなく「対策」が行われています。


イギリス 保健社会福祉省 2021/10/11
患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2の記録
「ご請求の情報は保持していません」

続けて「これは当省がこの問題に関して連絡を取るべき適切な機関ではないためです」と弁解しています。専門ではないと言いたいのでしょうが、ここは2020/08/24に一度、やはり「分離に関する情報は保持しない」と答えた上で、ウイルスについて詳しく説明しています。


リトアニア 国立公衆衛生研究所 2021/09/17
「細胞培養による分離」「純粋化は行わない」

分離=細胞培養であって純粋化ではないのは世界のどこでも共通のようです。


カナダ ケベック州国立公衆衛生研究所 2021/09/21
患者の検体から直接分離されたSARS-COV-2の記録
”お客様の「分離」の定義に基づく文書は保有していません”

「分離」と言いながら実は分離していないことが明らかになってきました。
また請求は「Vero細胞などを使わない分離」ですが、
研究所はこの後Vero細胞を使った分離を紹介しています。


アメリカ アリゾナ州保健局 2021/08/18
患者の検体から直接分離されたSARS-COV-2の記録
「ありません」

「あったとしても患者の個人情報なので開示できない」などと下の方で言いわけしています。


イギリス イングランド公衆衛生局 2021/09/20
患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録
「ご要望の情報は保有していないことを確認しました」

ここは9月だけで3回「なし」を出しています。


アメリカ フロリダ州保健局 2021/10/07
患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録を求めます
回答として送られてきたサイトは順に
①NOT FOUND
②エラーページ
③無関係なPCR文書
改めて正しい回答を求めたところ、強制終了されました。


患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録
「徹底的な調査の結果、ご要望に該当する記録は見つかりませんでした」

警察も探すことができません。


患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録
「記録はありません」

カナダは警察がコロナ関連の厳しい取り締まりをやっていますが、

その根拠はないということです。


カナダ カナダ保健省 2021/08/20
患者の検体から直接分離されたSARS-COV-2の記録
「記録は存在しません」

「記録は存在しません」の後に「理由はあなたの請求内容に問題があるからです」的なことをつらつら述べています。その中で分離とは「培養」であること、Vero細胞を使っていることなどが書かれています。世界中、ウイルス分離とは例外なく「培養」のことなのです。


オーストラリア ニューサウスウェールズ大学 2021/10/05
患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録
「お求めの情報は、本学では保有していないと判断しました」


カナダ オンタリオ州・アイルマー警察 2021/09/27
患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録
「調査の結果、責任ある記録は見つかりませんでした」

※警察にも見つけられないということです


カナダ アルバータ州首相 2021/10/06
患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録
「官邸スタッフによる徹底的な調査の結果、ご要望の記録はありませんでした」


カナダ ハルトン地域(オンタリオ州)2021/09/27
患者の検体から直接分離されたSARS-COV-2の記録
「見つかりませんでした」


アメリカ ニューヨーク州保健局 2021/09/30
SARS-CoV-2がコロナウイルス感染症(COVID-19)の原因であるとする記録
「ご要望の記録はありません。
ニューヨーク州保健局はCDCの調査結果と指令に従っています」

CDCのサイトには厚労省のサイト程度のことしか書いてありません。
いまだにコロナの病原性を説明できないというのは、
ウイルスのサンプルが存在しないからでしょう。


アメリカ テネシー州ナッシュビル公衆衛生局 2021/09/29
患者の検体から直接分離されたSARS-COV-2の記録
「そのような記録は存在しないか保持していません」


スペイン スペイン保健省 2021/09/08
「保健省は検査用のSARS-CoV-2の分離したサンプルを持っておらず、
検査用の培養・分離能力を持つ検査室の登録もしていない」


こちらのファイルはコピーして翻訳機にかけられます

cultivo=培養液=サンプル、つまりウイルスの「実物」がないということです。
保健省「培養液なし」「検査のための培養・分離能力を持つ研究所登録なし」を認める(スペイン語)
スペイン政府、SARS-CoV-2ウイルスは分離されていないと発表(英語)


この件はスペインで大きく報じられました👇

スペインの女性生物学者:
ここで大きな問題が発生します。コンピュータで作った遺伝子配列は培養することはできないのです。つまりスペインにいる陽性患者はすべて、実際のウイルスでの病気確認をしていません。これは大変重要なことです。


オーストラリア オーストラリア研究チーム 2020/10/05
「純粋化はされていません」


これも下の香港、韓国、中国の件と同じドイツ人ジャーナリストが、
オーストラリアの2020年4月発表の論文👇について問い合わせたものです。

【オーストラリアで初めてCOVID-19と診断された患者からSARS-CoV-2が分離され、迅速に共有される】


質問に対する答えは👇
「電子顕微鏡写真は細胞培養物から直接得られたものです」
「純粋化はされていません」


「電子顕微鏡写真は細胞培養物から直接得られたものです」
細胞培養物とは「培養実験」の末にできる右端の物体です。

この謎の混合物の中から見栄えの良い粒子の写真を選んで撮ったものを、
「新型コロナウイルス」として発表していたということです。
コロナの写真はウソでした



香港 香港大学LKS医学部公衆衛生学部 2020/05/12
「写真は純粋化されたウイルスではない」


これも下の韓国、中国の件と同じドイツ人ジャーナリストが、
香港大学の2020年2月ネイチャー掲載の論文👇について問い合わせたものです。

【ヒトの健康を脅かす新型ヒトコロナウイルスの出現】


質問に対する答えは👇
画像は純粋化(=分離)されたウイルスではありません


論文中の写真には「分離された」とあるのですが…👇写真はウソだということです

ちょうどネイチャーの論文だったので参考に👇


韓国 ソウル大学感染内科研究チーム 2020/03/19
「ウイルスの純粋化はしていない」


これも下の中国の件と同じドイツ人ジャーナリストが、
韓国の2020年2月のこの発表👇について問い合わせたものです。論文


そのやりとりの一部です👇

Vero細胞が使われていること(これは分離という名の細胞培養)を指摘され、
結果として 純粋化はしていない ということを答えています。
つまり論文に掲載のコロナの写真はウソだということです。



中国 新型コロナウイルス調査研究チーム 2020/03/18
「ウイルスの純粋化はしていない」


【中国の肺炎患者から検出された新型コロナウイルス 2019】
権威ある科学雑誌、NEJM(ニューイングランドジャーナルオブメディシン)掲載の論文。
2020/02/20に中国新型コロナウイルス調査研究チームが発表しました。


世界各国当局が「コロナの存在証明はある」とたまに言う場合、共通して出す論文。
日本の感染研、ツイッターのコロナある派もよく出す論文です。


この論文に疑問を持ったドイツ人ジャーナリストが執筆者の一人に問い合わせたメール👇
回答の中で執筆者は ウイルスの純粋化はしていない と正直に三度言っています。

特に質問3は論文中のこの写真について尋ねたもの👇
コロナの写真であるとされているものです。

質問:図3Aは、超遠心分離して沈降したウイルス粒子の電子顕微鏡写真ですか?
また、図3Aは純粋化されたウイルスの電子顕微鏡写真ですか?

回答:図3Aは沈降したウイルス粒子の画像であり、純粋化されたものではありません


つまりこのコロナの写真はウソだということです。
これが「科学論文」の実態です。


この中国人研究者は聞かれて正直に答えるだけまだいいと思います。
これが日本の国立感染症研究所だったら何と答えるでしょうか。担当者不在?


※以上のドイツ人ジャーナリスト問い合わせシリーズ、
オーストラリア、香港、韓国、中国の例からわかるように、
コロナの存在証明は「ない」のではなくむしろ「たくさんある」のですが、
そのすべてがウソだということです。


オーストラリア 連邦科学産業研究機構(CSIRO)2021/09/27
患者の検体から直接純粋化したSARS-COV-2および変異株の記録
「広範囲にわたる調査をしましたが、ご要望の関連文書は発見できませんでした」


イギリス イングランド公衆衛生局 2021/09/28
患者の検体から直接純粋化したSARS-CoV-2および変異株の記録を求めます
「ご要望の情報は保有していないことを確認しました」

※ここは9/7に「分離記録なし」が出たばかりです