prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

ウイルス「あるとして」マスク必要?~ 分離と辞書

コロナは存在しないということがこれだけ明らかになっているのに、
巷ではまだマスクをつけるつけない、手指の消毒の是非などで騒いでいるようです。


Rieko(コロナ茶番マンガ絵の具パレット)@rietanriepon
報道番組や旅番組でお店に入る時に、わっざわざ手を消毒してから入るシーンを毎回流してる。
1年前から、ずっとそう。
目からの洗脳。
カットするところでしょ!!マークってツッコミたいけど、マスコミの仕事は洗脳だから、むしろココが最大の見せ場なのかもね~



そこで今回は思いっきり「ウイルスはある」側の立場からマスクや消毒について考えてみます。


ウイルスとはこういうものらしいです👇


微生物の定義/細菌とウイルスの違い/腐るとは?季節性食中毒?
例えば、インフルエンザで有名な、インフルエンザウイルスも、空気中にいたら、どんどん死んでしまいます。ただ、空気中から人間の体に入り、人間の細胞に感染することで、ウイルスは生き延び、増殖するのです。


コロナウイルスは空気中で2~3時間で死んでしまいます。
みんなで家にじっとしているとコロナウイルスはどんどん減っていくと言うことです。コロナウイルスは人間に寄生してしか増殖は出来ないと言うことです。協力してコロナウイルスを死滅させましょう!!
(これが本当ならコロナは一晩で消えたはずですよね?)


ウイルスとは何か、細菌と何が違うのか 知っておきたい基礎知識:朝日新聞GLOBE+
宿主が死んでしまうとウイルスは増えることができない


去年のニュースです。覚えておいででしょうか👇

30日で100分の1の100分の1の100分の1、つまり1ヶ月で100万分の1です。
(ウイルスなし理論からするとこれすらウソということになりますが)


こんなふうにすぐ死んでしまうウイルス、
生きた細胞の中でしか増殖できないとされています。
細胞を抜け出して唾液の中に泳ぎ出した?としても、そこに生きた細胞はありません。
つまり唾液→飛沫の中にウイルスはいないということです。


手指の表面に細胞はむき出しになってなっていませんよね。
つまり手指にもウイルスはいないということです。


こんなことも言われていましたが👇

生きた細胞のない物体の上にウイルスはいないのです。


「ウイルスある」理論から見てもこういうことです。


まだ分離/純粋化されたこともないウイルス。
それなのに「生きた細胞の中でしか増殖できない」という定義があるのが不思議です。
思うのですが、これは例の偽分離=「細胞培養実験」を正当化するためのものではないでしょうか?


「細胞が死んだのはウイルス増殖の証拠」→「分離に成功」とする例の謎実験です👇

「ウイルスは生きた細胞の中でしか増殖できない」伝説とピッタリ一致します。


しかもそれがVero細胞(アフリカミドリザルの腎臓細胞)の中でだけなんですよね。


米CDCが他にもいろんなヒト細胞を用いてこの実験をしたが、「コロナに感染」して死んだのはアフリカミドリザルの腎臓細胞だけだった。それもそのはず、実は実験には腎臓に毒性のある化学物質を使用していた…👇

【毒物投与されたサル腎臓細胞だけがコロナを「増殖」した】
コーワン博士の有名な寄稿です。


コロナあるある詐欺の人たちは開示請求の
患者の検体から直接分離/純粋化されたSARS-COV-2
という部分に対し「無理難題である」と難癖をつけてきます。

でも患者の検体から直接取り出せないほどわずかしかいなくて、わざわざアフリカミドリザルの腎臓細胞に移して大事に大事に「培養」しないと増えて取り出せないようなウイルスが全世界の人間に広がるものでしょうか。
(つまりアフリカミドリザルなしにウイルスは「存在」できないのです)


(まとめ)
マスク着用や消毒は
「生きた細胞のないところにウイルスは存在しない」
という「ウイルスの定義」さえ無視しています。
(下水にPCRも無意味です)


それに加えて実際にはウイルスの「存在証明」はないんでしたね。


なので、ウイルスはマスクの網目を通り抜けるという話さえ無意味だと思っています。
実物もないのにウイルスの大きさを測れないからです。




こで改めて世界中の心ある識者、科学者、ジャーナリストらが、
アフリカミドリザルの腎臓細胞を使った「組織培養/細胞培養」(偽分離)についてどう言っているかまとめておきます👇(組織、細胞とはすべてアフリカミドリザルの腎臓細胞のことです)


ステファン・ランカ博士(ドイツ)
【ウイルス学の決定的誤り】より
ウイルス学者というのは、世界でも唯一の存在です。「分離」という言葉の、辞書による定義を当てにしないと決めた人たちです。


クリスティーン・マッシー(カナダ/生物統計学者)
【情報公開請求:世界中の医療機関、SARS-COV-2の分離/純粋化記録なしと回答】より

そして私たちの知る限り、この地球上の誰もこの疑惑の「ウイルス」を細胞培養からさえも純粋化したことがないのです。


アンドリュー・カウフマン博士(アメリカ)
【ウイルス分離に関する声明】より
最初に出すのが辞書。分離の意味を明確にします👇

今後SARS-CoV-2が分離されたという論文を渡されたら、その方法の欄を確認してほしい。もしVero細胞(アフリカミドリザル腎臓細胞)やその他の培養法を使っていたら、それは分離ではないことがわかる。

ウイルス学の世界ではこれ👆を「分離」と呼んでいるのです。


トム・コーワン博士(アメリカ)
【毒物投与されたサルの腎臓細胞だけがSARS-CoV-2の「ウイルス」を「増殖」させた】より


ルイス・マルセロ・マルティネス博士(アルゼンチン)
【SARS-CoV-2の分離、純粋化、特性評価の具体的な証拠がない理由を説明】より
パンデミックから16ヶ月経っても、まだ誰も科学的に証明できないのはどうしてでしょうか?
なぜいつもアフリカミドリザルの腎臓細胞(Vero細胞)を使うのか?

分離でないものを分離と呼んでいる、ということです。


サミュエル・エッカート(ドイツ/起業家)
【コロナ分離/存在証明に賞金150万ユーロ】より

1. ウイルス学者は実験室での細胞の死をウイルスのせいだと解釈する。対照実験がないため、彼らは実験室内の細胞を自ら飢餓や毒によって意図せずに殺しているという事実を見落としている。


そしてその細胞の死が「分離」と呼ばれているのです
ウイルスが原因かはわからないし、それはいろんなものの混合物なのにです。


サマンサ・ベイリー医師(ニュージーランド)
ビデオ【ウイルス分離の真実】より

分離の語源から説明します👇

例として「囚人」が使われるほどですよ、と言っています👇


ISOLATION | meaning in the Cambridge English Dictionary


「あるものが切り離されていて他のものとつながっていないという事実」
これは「細胞培養」には全く当てはまりません。


そして最後に👇


一方が勝手に言葉の意味を勝手に変えていては会話も議論も成り立たなくなるのです。


「存在証明」にこの場で38万円差し上げます、と言ったクウェート人男性のビデオ。
ここでも字幕に辞書が出ます👇


大橋眞教授(日本)
【病原体の存在証明を考える】より
元のサンプルはisolation(分離)という状態
分離とは患者から培養系に移しただけ
純化(純粋化)したわけではない
培養系に移してもごまんといろんなものが混じってる
 (7:40~)

教授が「分離」の意義を認めていないことがわかります。
ウイルス研究での「分離」は培養であって純粋化ではないということです。
日本の辞書からも見てみましょう👇


分離とは混合物を純物質に分けること。つまり本来純粋化のことです。
それを意味不明な変更(培養)をしているのがウイルス学の世界なのです。

分離とは・・・増やすことです。
これだけでも???なのですが、さらに突っ込むと全然「特定のウイルスをつかまえて」いません。単にアフリカミドリザルの腎臓細胞がタヒんだこと(細胞変性効果)をそう解釈しているだけです。


アフリカミドリザル 実験のため生きた腎臓を取り出されてしまいます

「特定のウイルスが増えたから」(細胞変性効果が確認)それをいくらかでも分離するのかと思いきや、最後まで分離らしいことはせずに終わります👇

でもこれを「ウイルス分離の流れ」と呼ぶ。完全なイカサマなのです。


「分離された」粒子が入っているのはどちらの試験管でしょうか?

普通の人は#1を選びます。
ウイルス学者らは#2が「分離」だと主張します。


ウイルス学者らはSARS-CoV-2もSARS-CoV-1もその他どんなウイルスも(試験管#1のように)分離したことはありません。


そのため、病原性ウイルスが存在することはもちろん、それ自体が病気を引き起こすことも証明できていません。


彼らのサンプルはすべて、患者や実験に使う様々な動物や人間の細胞培養物からの外来タンパク質やその他の遺伝物質で汚染されています。


メディア、ファクトチェッカー、「保健機関」は、ウイルス学者の虚偽の分離発表を信頼し、無意味な従順さを要求します。多くの人々は真実を知りません。
支配層?彼らは知ってますよ。