prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

コロナの写真はウソでした➁実物がない


コロナ(に限らずウイルス全般)の写真はフェイクなわけですが、

もうひとつ目からウロコな視点がありました👇

カリフォルニアのジャーナリスト、ジョン・ラパポート氏の記事です。


1年以上前、私はSARS-COV-2の存在を証明する手順を提案(主張)した。
この手順は必要不可欠なものだが、言うまでもなくまだ実行されていないし、今後も実行されることはないだろう。
なぜか?なぜならその結果は「COVID」のシナリオを完全に破壊してしまうからである。


その手順はこうだ。
「COVID-19」と診断された500人の人々を並べ、彼らから組織サンプルを採取する。
注:500人というのはカウフマン博士の声明から来ていると思われます👇
>まず、病気を特徴づけるのに十分に特異的な症状を持つ多くの人(例えば500人)からサンプル(血液、喀痰、分泌物)を採取する。


そのサンプルを遠心分離などで適切に処理し、ウイルスと思われるものを抽出する。
(イメージです。これを500人に実施)

それを電子顕微鏡にかけ、写真を撮る。
そして、その500人の「パンデミック患者」の写真を並べてみる
そして、3つの質問をする。


1つ目は、どの写真にも同じウイルスがたくさん写っているか?
2つ目は、500枚の写真のすべてに、これらのウイルスが写っているのか?
3つ目は、今まで見たことのないようなウイルスであるか?


1と2の答えがイエスであれば、500人の患者に共通するウイルスを発見したと思われる。
3の答えがイエスなら、今までに見たことのないウイルスだ。


質問1と2のどちらかが「いいえ」であれば、あなたは探している共通のウイルスを見つけることができなかった。
あなたがCOVID-19と呼んでいるものの原因がウイルスであることを証明できなかったのだ。


すべての写真ではなく、一部の写真に同一のウイルス粒子がたくさん写っていれば、ウイルスを発見したことになるし、そうでない場合もある。


この問題を解決するためには、3つの条件が必要だ。
①研究者が誠実で独立していること。
➁そのような研究者からなる新しいチームが最初からすべての手順を繰り返し、自分たちの発見が元のチームの発見と一致するかどうかを確認すること。
③電子顕微鏡写真の粒子が実際にウイルスなのか、それとも他の何かなのかを判断するために、本当に資格のある専門家が必要であること。


これが、1枚や2枚の写真が何の意味も持たない理由だ。


…つまり少なくとも
①1枚の写真にたくさんの同じウイルスが写っていて
➁そのような写真が500枚ほどあること
が必要だというのです。


イメージとしては1人のこういう写真👇が500人分必要ということでしょうか。


一粒しか写ってない、こういうの👇はおかしいということです。
同じ「ウイルス」が周りにたくさんぎゅうぎゅう詰めであるはずです。

また別の研究所で撮った写真👇とも一致していないといけないのです。

似ても似つかない姿。(特にこの立体写真を信じる人いるのでしょうか)


ウイルスを1つひとつの粒子に分ける単離は難しい(できない)
と自ら言っているのに(標本も持っていない)、
なぜか「写真」を発表し続ける東京都健康安全研究センター。


その健安研による「アルファ株」👇

(初代株の写真より画質が落ちているのはなぜでしょうか?)


デルタ株👇

写真を撮った時、顕微鏡の下にはコロナの実物があったはずですw
それを容器ごと見せてくださいという素朴な訴えが世界で起こっています。


南アフリカ共和国での政府にコロナの存在証明を求める裁判。
タイトルは Show us the virus!!(ウイルス見せて!!)です。

(南ア政府は「緊急の事案ではない」として出しませんでした)


私たちはいつしかウイルスというものは
「何かつかみどころのない存在で、
誰かが ”そこにある” と言えばそう信じるしかないもの」霊でしょうか?
と思っていますが、ウイルスは物質である以上、どこかに現物があるはず。


でもそれがこの世のどこにもない…街にはこんなに「感染者」がいるのに、
「これがそのウイルスです」という標本を誰も持っていない。
論文やデータや写真ならたくさんあるのですが…


今例えばクルマやスマホのカタログを見ているとします。
商品説明やスペック、写真が載ってますよね。興味を持って
「ちょっと実物見せてもらえますか?」と店員さんに聞いたら、
「それがちょっと…どこにあるかわからなくて」
と言われているようなものなのです。


日本にはないのでしょうか?コロナの標本。
東京都健康安全研究センター「保持していません」👇

国立感染症研究所「保持はされていない」👇


こういうことです👇


スペインでもコロナの培養液、つまりコロナの現物はないと政府が認めました。

アメリカ
NIAID(米国立アレルギー・感染症研究所)、NIH(米国立衛生研究所)

はぐらかされました。


写真はあるのに実物はない、逆に言うと実物はないのに写真がある…
これはどういうことかというと、写真は捏造だということです。


確認しますと、これが各研究所で「分離」と称して行っている「細胞培養実験」👇

細胞が死んだ(分離に成功?した)最後の混合物の中には謎の粒子がたくさんあります。
ウイルス学者はそれを顕微鏡で覗き…👇


見た目の良い粒子を選び、写真を撮り、それをSARS-COV-2と呼びます。


でももう知ってる人も少なくないようですね。
これは尾身さんという方のインスタに寄せられたコメント👇


(参考)
2020年8月「ウイルスの実物はあるのか」という質問に対し国立感染症研究所📞


続☆コロナの存在証明はない?幻のウイルスが国立感染症研究所にあった!でもそれが病原体であるという論文はない!


2021年5月厚生労働省📞回答
ウイルス自体は発見されてどっかに標本ってのは保管されてるんですか?
そういったものはございませんですよね 6:15~

『厚生労働省に直接質問してみました!!』


2021年7月 国立感染症研究所からのメール回答

メール全体を整理したもの👇

東京都健康安全研究センターにもありません。


こんなニュースがありました👇

なんでも40年前に根絶したはずの「天然痘」の入ったガラスの小瓶が製薬会社の施設内で15本発見されたというニュース。これこそがウイルスの実物、標本、サンプル。
ウイルスがなくても捏造可能な論文や写真やデータなんかよりよほどわかりやすい本当の存在証明です。
同じようにコロナの入った小瓶を「これです」と見せてくれればよいのです。
天然痘があるんだからコロナもありますよね。(インフルもはしかもおたふくも…)


ただしこのニュースのすぐ後に出た開示請求はこれ👇
天然痘ウイルスの純粋化(分離)記録はありません。

つまり「天然痘ウイルスの入った小瓶発見」というのはフェイクニュースです。残念


③もあります