prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめ/積み上げ式ブログ

それでもまだ「コロナはいる」と言う人へ

厚労省がコロナの存在証明を出せなくても、
それでもまだ「コロナは存在します!」と主張する方がいますので、
ここでは「なぜコロナは存在しないのか」についてまとめます。


これは中国の研究チームが「新型コロナウイルス」を発見した手順を示したものです👇


新型コロナウイルスは実在するのか? 高橋徳先生 Dr Toku Takahashi 2020/12/29

病原体の確認には複数(できるだけたくさん、数百人規模)の患者から同じ病原体が検出される必要があるのですが、
ここでは41歳の男性一人しか調べていません。


そして彼の肺から取り出した、
いろんなものがごちゃ混ぜの洗浄液を検査しています。
あいこちゃんさんのツイートよりお借りした画像で解説👇

細菌、ウイルス、皮膚、カビ、虫など…
いろんなものの遺伝子のカケラをコンピューターでつなぎ合わせ、
今までに見たことのない遺伝子配列のウイルスができたので、
新型コロナウイルス」となりました。


もちろんこんな遺伝子のウイルスは実在しませんし、
他の人の体内から同じものが検出されるはずもありません。


ウイルスの分離・同定なし
とはその肺液から実際のウイルスを捕まえてはいないということです。
これは論文中で正直に述べられていることです。


もしウイルスが分離できれば次はそれを純粋培養し、それを用いて動物での感染実験に進みますが、そういった実際のウイルスがない以上、それは不可能です。


新しい病気の発生から病原体特定の論文が科学誌に掲載されるまで(査読にかかる半年を含め)普通1年はかかるそうです。


しかしこのチームは遺伝子解析を5日で済ませ、論文を7日で仕上げています。

新型として認識されたばかりのコロナウイルスの遺伝子配列を、僅か1カ月ほどの間に特定することは有り得ないことのようだ。


筋から言うと、仮に患者から「ウイルス」を取り出したとしても、それが「肺炎のウイルス」かはわかりませんよね。
そこで次にそれを培養し、別の動物に感染させて同様の肺炎が起き、「新型の肺炎ウイルス」だとわかってから遺伝子解析に取り掛かる、つまり相当の期間を要するはずなのですが、


①2019/12/31 武漢で原因不明の肺炎発生
②2020/01/05 ウイルス遺伝子解析情報完成、GenBankに送信
③2020/01/07 論文完成、ネイチャー受け取り
④2020/01/28 ネイチャー承認

⑤2020/02/03 ネイチャー掲載
詳細画像あり(ツイッター)


①肺炎発生から②遺伝子解析完了、米ウイルスデータバンクに送信まで5日間。
③論文は1週間で完成です。(1週間では卒論だって書けません)
そして論文の査読に普通半年かかるのですが3週間で承認され、すぐに掲載されています。
①から⑤まで本来1年はかかるそうです。


その論文についてはこちらに詳しく👇
ざっくり読んでみた③ネイチャー中国論文


この最初の中国論文で「発見」された「ウイルス」がSars-CoV-2(新型コロナウイルス)で、その後世界中で出た各論文はどれも「それとほぼ同じウイルスが発見された」という内容になっています。

「中国データと99.9%一致するウイルスが日本で検出された」
と誇らしげに謳う日本の国立感染症研究所HP


ですからこの最初の中国論文が間違っていればその後の論文も総崩れとなり、
「初期の論文には不備があったが、後にきちんとしたものが発表された」
などということはありません。
ファイザー等のワクチンもこの最初の中国論文の遺伝子情報が基なのです。


*************************************************************************


ですからPCRも本物のコロナなしに作られたということになります。


メルケル首相のドイツで勃発するコロナウイルススキャンダル。偽陽性とドロステンのPCR検査 F. William Engdahl - さてはてメモ帳


コロナPCRが作られた経緯、こちらの画像もわかりやすいです。
開発者自身による説明をまとめたもの👇2020年1月半ばの話です。



こんなものがWHOによってスピード承認され、
世界中で使用され、人々を「陽性」にしているという謎。


*************************************************************************


明らかに存在しないコロナ。
それでもウイルス遺伝子登録バンクなどから引っ張りだしてきて、
コロナは解析されています!ちゃんとデータは存在します!
などと主張する人がいます。


ですが大橋教授のお話によると、
実際の遺伝子登録バンクの実情はこうらしいです。



検証なし、それはそうですよね、
サイト運営者がいちいちデータを検証できるわけがないのですから。


ここにデータがあるからといって、そのウイルスが存在するとは限らない、
という実も蓋もない話になります。
遺伝子データというのは文字の羅列ですから、ウイルスがなくても作れるのです。
中国研究チームが10日で作ったデータもまだこのサイト上にあります。


じゃ今流行ってる病気は一体何なんだ!
という人もいますが、仮に何か流行っているとして…
それを私が答えられなかったら「じゃやっぱりコロナだ」
ということになるのでしょうか。でもコロナはないのです。
「流行ってるのは実は何か」その答えを探すのは科学者の仕事なのですが、
彼らもやはり「わからないからきっとコロナだ」と言ってる状態…
何でもウイルスのせいにしてきたものだから病気の真の原因の究明はまだこれからなのです(それがなされるとして)



2/26追記
何と中国CDCの主任疫学者もコロナが存在しないことを認めています。
1/23米NBCで放送されました。


最初、市場で売られているコウモリの体内に突然変異のウイルスがいて、
そのコウモリを食べた人が感染したという話でしたね。
しかし市場ではコウモリも売っていないし食べてもいなかった上に、
そこで売っている生き物全体のウイルス検査もしていないのです。
最初聞かされていた話と全然違いますね。


【モレル、コーワン、カウフマン:ウイルス分離についての声明】


コロナが分離、純粋化されていないのはもう広く知られています。
である以上、マスク、手洗い、社会的距離、自粛、
PCRやそのCt値論争…そして何よりもワクチンに意味がないことになります。


元のウイルスの存在がないままに作ったワクチンの中身、気になりますね。
→ 「コロナはない」がまだ信じられない人へ

厚労省「コロナの存在証明はない」実質認める

追記★
厚労省は2020年12月から一貫して「コロナ存在証明開示請求」に対し
感染研・ウイルス分離に成功HP」を開示しています。
現在日本で唯一のコロナ存在証明の行政文書です。

注:「不開示部分」は「サルの腎臓細胞等と組み合わせずに分離したもの」ということです。
つまり開示できるのは
サルの腎臓細胞等と組み合わせて分離したもの」だけ
➡細胞培養🧫➡実際の分離ではない
ということで、これは内容的に存在証明にはなっていません


laranja@emmy8012 2023年6月28日
私も仕事でコロナダイヤルに電話したついでに3回聞いてみたのですが、あるものと想定して対策を行っているとの答えでした。
お答えいただいた担当の名前も全員控えています。

(あるものと想定してお仕事に励む厚労省職員の皆さん)

余談ですが手前の女性は撮影用の人ではないかと思います笑
隣の男性はたぶん実際の職員で、なるべく顔を見せないようにしているのです。

追記終り★


ここから元記事:投稿日時が何かの間違いで2020/10/25となっていますが、同年11月または12月です。


寺尾介伸さんとおっしゃる方の投稿動画、
ご存じの方も多いと思います👇


10月22日に厚生省に対して、
「新型567ウイルスの存在を示すエビデンスの要求」

を情報開示請求したが、11月25日に厚生省から、
業務が忙しいので、もう一月時間が欲しい」というような内容の返答があった。

次回の期限は12月21日だが、この時にどんな返答があるのか、
楽しみに待つとしよう。


これに対し、2020/12/25に厚労省からの返事が届きました。

この当時のアカウントはバンされて、現在はこちらでご活動中です。


2020/12/21、最終回答はこちらになります👇


厚労省の考えるコロナウイルスの存在証明となる部分です👇

厚労省が2か月かけて探し出した?コロナの存在証明となる、日本で唯一の行政文書
【国立感染症研究所HP 研究情報】 ※どんなに業務が忙しくても一瞬で見つかるはずです


ここを自分でネットで見てくださいということです。どのページかわかりませんよね。
厚労省に確認するとこのページでした👇(本当に厚労省の対応はいい加減です!それだけではなく、この対応している職員はPCRのCt値さえ知らない、人口動態統計も知らないのです)
※厚労省の電話回答があまりにあいまいなので感染研にも確認しています。

さてこのHPには
①ウイルス分離に成功した
②ゲノムの配列を確定した


ということが書かれてあるのですが、よく見ると
①「分離に成功」したという、その論文へのリンクがない
②「ゲノムの配列を確定した」という、そのデータへのリンクがない

つまり、このページから何かを確かめようと思っても何も確かめられないのです。
単に「成功しました」「確定しました」という報告があるだけのページです。


厚労省がこれを「コロナ存在証明の行政文書」として出した…
国民を甘く見ていたか、厚労省自体が存在証明の意味を理解していなかったか、
ということになります。
※請求から2ヶ月かかっているので、わかっていたが悩んだ末に出したということでしょう。


さて国立感染症研究所の論文自体は一応あります。
このように別のページにわかりにくく地味に貼り付けてあります。

Proc Natl Acad Sci USA (March 12, 2020)とは掲載先サイト名と日付。
論文タイトルではなくここにリンクを貼るなんてよほど見られたくないのでしょう💦


コロナが分離された、それはこんな大ニュースだったのに不自然です👇


②「ゲノムの配列を確定した」という、そのデータへのリンクがない
HP、もう一度見ましょう。こう記載があります👇
最初に発表されたウイルスの遺伝子配列と99.9%の相同性がありました。

青文字リンクは中国のデータで、これは中国から発表された最初のコロナの遺伝子配列。
それと99.9%一致するウイルスを日本で発見したという大発表なのに、あるのは中国のデータだけ。肝心の感染研のデータへのリンクがありません


感染研のデータは以前GenBankというサイトにあったのですが、取り下げられています👇
(削除済み表示付きで今でも見れます

[GenBank] 米国生物工学情報センター (NCBI; National Center for Biotechnology Information)
が提供している、 塩基配列 データを蓄積・提供している世界的な公共の塩基配列データベース 


これがよく取り沙汰される「感染研データ取り下げ問題」です。
感染研はその後その点をこのように釈明👇


GenBankからは取り下げたものの、GISAIDという別のデータベースにあるとのこと。

しかしこのGISAIDは研究者向け会員登録制サイト。
その登録方法について感染研の説明👇

このようにデータは実質隠されているわけですが、感染対策は誰でもしなくてはいけないのに、その元となるデータが誰でも見られないのは変ですよね?(大橋眞先生も登録できず見れなかったそうです)


★ ★ ★有名ブロガー?の翡翠さんはその点をこのように説明⇩

ウイルスデータを「テロリストに見られると困るから」だそうですが、感染研のゲノムは上に書いたように削除済み表示付きで今でも見れますし、何よりオリジナルの中国発表・新型コロナウイルス公式ゲノムデータは堂々閲覧できます。
それにブロガーの翡翠さんが閲覧できるぐらいだからテロリストが閲覧するのも簡単なのではないでしょうか?🐵 ★ ★ ★


感染研は「データは公開されている」と言う以上、HPに少なくともこのGISAIDトップページへのリンクぐらい貼るべきです。その上で「遺伝子データはこちらから各自で会員登録してご覧ください」と注意書きを入れればよいのです。


それもないということは、厚労省の出したコロナの存在証明・行政文書=感染研HPはこうなります👇


つまり厚労省の出したコロナの存在証明はまず証明文書として無効だということです。
その後ご存知の通り各都道府県、そして当の感染研の回答は全て「行政文書は保有しない」です。厚労省も本当はそうやってごまかすべきだったのでしょうが、初めてのウイルス存在証明請求に対し、何か出さねばとこのHPをつい出してしまったのではないでしょうか。


(参考)
上のHPと同じ日(2020/01/31)に同じ内容で行われた記者会見を検証したものはこちら👇


つまりこの文書「感染研HP」はその内容も存在証明になっていないのです。


厚労省は証明として無効な感染研HPを2ヶ月もかけて出したことで
「コロナの存在証明はない」と実質認めたことになります。
同時に「コロナの存在証明」という「行政文書」は一応あるという事実も確認できますw


ところでなぜ感染研はコロナのゲノムを誰でも見れるGenBankから取り下げてGISAIDに隠したのでしょうか?(実際は隠せていませんがw)


見てみると中国のデータ感染研のデータは「99.9%一致した」と言うわりには全然違ってるんですよね…


全部確認せずとも、出だしの数行からまず違うし、そして中国側の末尾、特徴的なa33が感染研データにはありません。


その点、例えば東京都健康安全研究センター発表のデータはおそらく中国のものと100%一致しています(GenBankに堂々公開中)。


つまり、感染研はうっかり公式のもの(中国発表)と全然違う独自なゲノムを作成してしまい、WHOから指導が入ったのではないでしょうか。(あんなに違っていては別のウイルスが発見されたことになってしまいます)


または全然違うものを99.9%一致として公表し続けるわけにはいかないと自分達で判断し、隠すことにしたのかもしれません。


参考:
それでもまだ「コロナはいる」と言う人へ
国立感染症研究所「コロナはあります」完全崩壊へ
厚労省推奨【感染研HP】に隠されたトリック
あるのに出せない【行政文書】11/26論争決着







.

カナダ~計画されている第二波と再ロックダウン、ワクチン接種計画(追記あり)

2021/02/03追記


これはカナダ政府からリークしたという、
今後の悲惨な計画(2020年10月投稿)


この2月にはCovid19とCovid21の同時感染、より高い死亡率の第3波到来。
やがてワクチン拒否者は財産没収、収容の予定でしたが…


現時点でのカナダの様子です↓



コロナはウソ!私たちは自由だ!家畜にはならない!
と行進しています。


動画


ここまで来るには厳しい闘いと気付きがあったと思いますが、
それでもとにかく、何でもあちら側の計画通りにはいかないということです。
希望が持てます。そういうつもりでお読みになってみてください。


*******************************************************************


Yuta@Yuta64745343さんの20220年10月のツイートです。


Yuta@Yuta64745343
カナダの政治家が計画されている第二波と再ロックダウン、ワクチン接種計画、
グレート・リセットについて暴露。本当に寒気がする内容。
後で抄訳を載せるけど、Google翻訳でも何でもいいから絶対皆んな読んだ方がいい。
変異して強毒化したCOVID-21の計画にも触れてる



そして翻訳をしてくださっています。

Yuta@Yuta64745343
今朝ツイートしたカナダの政治家による暴露情報に関する記事を
翻訳したので是非ご一読下さい。
最後に触れらているようにこれはカナダだけの話ではありません。
世界各国で統一的に実施されるグローバルアジェンダです。
世界経済は完全に破壊されます。(本当に気が滅入る。。)


こちらから画像のまま転載させていただきます。緊急です。