prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめ/積み上げ式ブログ

「コロナはない」がまだ信じられない人へ

以前の記事
それでもまだ「コロナはいる」と言う人へ の最後に


元のウイルスがわからないままに作ったワクチンの中身、気になりますね。


と書きましたが、ファイザーがその
実物のウイルスなしにワクチンを作った ことを認めています。



今回の遺伝子書き換えワクチンの仕組みを、
ご存じない方のために簡単に説明します。
中身が組換え物質という以上に打たれた人間の遺伝子を書き換えるので、
私は書き換えワクチンと表現しています)



今回のワクチンはこの〇で囲んだコロナのトゲ部分(スパイク)を、

私達自身が体内で生産するよう遺伝子を書き換え、
本物のウイルスに対して免疫を持たせようというものです。
もちろんワクチンにはこのトゲの遺伝子情報が入っているはず…


ですがこのウイルスの実物はありません。
なのでこの部分を推測で作ったというのが上の記事の意味です。
私達の体内で実際に何が作られるか不明なのです。


コロナのトゲを体内で作られるのも困るのですが(アレルギーの可能性)、
さらにそれとはまた違う謎の物質が作られるということになります。



大橋教授はこれを 謎の遺伝子組み換え注射 と呼んでいます。

ウイルスの存在を証明する科学論文がない?



コロナはない、という話ですが、
実は国の出したファイザーの審議結果報告書にそれが書かれています↓


中国での「謎の肺炎発生」からわずか10日ほどで、
WHOが新型コロナが原因であると発表した、とあります。
これだけでわかる人にはわかるわけです。


こちらにも説明されています↓

新型として認識されたばかりのコロナウイルスの遺伝子配列を、
僅か1カ月ほどの間に特定することは有り得ないことのようだ。


1カ月というか5日ですね。


いや今回に限って中国研究チームが病気発生から5日で遺伝子配列特定までできたのだ、
そう信じたい気持ちもあるでしょうが、その期待も裏切られます↓


リンク


元々コロナとは…
武漢海鮮市場で売られていたコウモリが持っていた突然変異ウイルスが、
それを食べた人に感染したという話だったはずです。


ところが今年になって実は市場の動物のウイルス検査はしていなかったことが
当事者の口から語られました。
市場ではコウモリも元々売っていませんでした


市場で売ってる何かを食べて感染というのは完全な付けたしで、
単に大急ぎでコンピュータで患者の肺液から作っただけのゲノムです。
ウイルスからではありません。


こうなるとコロナとは一体何だったのでしょうか。
しかしWHOは「新型コロナウイルス」発生と発表、
その後パンデミック宣言。そのまま今日に至っています。


今回の「遺伝子書き換えワクチン」の中の遺伝子情報ですが、
推測で作ったと言えばまだ善意に聞こえます。
しかしひょっとして何か意図的なものを作って
入れていないとも言えないのです。


※最近コロナの変異株発生のニュースがよく出ますが、
最初のウイルスがフェイクなので、普通にフェイクだとわかります。


去年暮れ、アイルランド政府もコロナがないことを認めていました↓


科学と法律に大変詳しい方です↓

接種しないとクビですか?

このようなツイートを見かけました。


モチ
@teninsandesu
私は多分大丈夫だけど、

主人が会社でコロナワクチン集団接種させられるなら会社辞めさせます
それくらい我が家にとっては恐ろしいことだし、マスクの同調圧力とは訳が違う
ちなみにインフルワクチンは会社に言われたけど主人は拒否しました
負けないぞ


他にもこんな書き込みが↓


>任意なら受けないが強制(打たないと懲戒解雇レベル)なら辞めます。


>俺はバスの運転士だけど、ワクチン接種しなければいけなくなっら、仕事辞めます。
ワクチン接種したら、服反応で仕事出来なくなります。
逃げるが勝ち。


>インフルの時は逃げれたけどコロナワクチン強制されたら辞める心積もり…
もう職場には死んでも打つ気はないと伝えたし


>これなったら夫婦で退職する。どうしようかな。どうにかなるか。


>転職を考えてるところです。

みなさん、打つかクビかの究極の選択になっていますが、
ちょっと待ってください。

あの厚労省がこんなふうに言っています↓


接種が事実上の義務化になってはならない という素晴らしい見解。

「接種しないと解雇」などと言われたら「懲戒権の乱用」と対抗できます。


接種強要で健康被害が出た時の責任を取れるのか、

前もって雇用主に確認することもできる。


そんな当然の権利を私達従順な日本人は忘れてしまって、

つい自分から「打つかクビか」の問題にしてしまうのです。


もちろん雇用主にそもそものコロナウイルスの存在証明を聞くこともできます。

厚労省がそれを出せなかったのはご存じかと思いますが、

こういう例もあります。日野市議会での質疑応答↓


テレビ、新聞など主要メディアが無視する発言


このように責任ある立場の人ならないと答えるしかないのです。


さて仮に頑張ってワクチン打ったところでどうなるのでしょうか。

これも厚労省の資料ですが、特に予防効果はないとしています。 画像元

つまり、打ってもかかる 設定なので、

マスク着用義務など今の状態は何も変わりません。


一方で副作用に関してはかなり発生することを見込んでいます。

しかもなるべく認めない方針のようです↓




接種後何らかの体調不良が出たからと言って接種が原因とは限らない。

接種しなくても病気になることはある。高齢者は特にそう。  画像元


こういうすごい言い訳を用意しているようです。


上で素晴らしい見解を出してくれた同じ厚労省がこれを言っているので、

私達は厚労省が守ってくれるなどとは期待せず、

やはり自分の体や健康は自分で守り、権利を主張していかないといけません。


危険な遺伝子治療薬「ワクチン」と呼べば免責に

これから日本で接種が始まろうとしているコロナワクチンですが、
分類としてワクチンではないという事が言われ始めました。


これまでは従来型ワクチンに対し 新型ワクチン と呼ばれたり、

遺伝子(書き換え)ワクチン などとと呼ばれてきました。



しかし徳島大学の大橋眞先生はこのようにおっしゃっています。

特番『徳島大学名誉教授大橋眞氏登場。PCR検査の真実は?そもそも新型コロナパンデミックとは?
※2022/11/29追記 この松田学さんはその後完全にあちら側の人だということが明らかになっています


「謎」というのはコロナの遺伝情報の一部が入っているはずなのに、
コロナ自体の存在が確認されていないからです。
一体何の遺伝情報(mRNA)が入っているのでしょうか?



遺伝子を書き換える医療は実際には 遺伝子治療 と呼ばれています。


遺伝子治療とは(ウィキペディアより)
異常な遺伝子を持つため機能不全に陥っている細胞の欠陥を
修復・修正することで病気を治療する手法である。
成功例は少なく、1999年には死亡事故が起こり、
また白血病を患うことになった患者も存在する。


遺伝子に異常がある場合に行う医療であって、
正常な遺伝子に対して行うべきではないように思えます。


副作用として白血病など。発症率が大変高いです↓




これを遺伝子治療薬ではなくワクチンと呼ぶ理由は何でしょうか。



「連中」とはモデルナ社のことです。



以前は遺伝子治療と言っていたものを途中からワクチンと言い出したのです。



副作用に対し責任が発生するのです。
免責はワクチンに対して。アメリカの法律ですね。


デビッド・マーチン:「mRNAワクチン」は、ワクチンではない 2/2


2022/11/29追記 ここで貴重な情報をくれたデビッド・マーチン氏ですが、その後あちら側との情報が出ています


ワクチンの副作用に対する「免責」は遺伝子治療薬には適用されません。


また「緊急事態下」での「緊急認可」「強制接種」なども、
すべてワクチンだからこそできることなのです。
この遺伝子治療薬を「ワクチン」と呼ぶ理由はここにあります。


日本でも今回特別に製薬会社免責になりましたが、
これが遺伝子治療薬だったらどうなったかわかりません。



船瀬俊介氏もこのように↓


本も出しておられます。


コロナとワクチン:新型ウイルス騒動の真相とワクチンの本当の狙い


正体は"ワクチン"ではない。
人体に"遺伝子"を注射する史上空前の人体実験…!


人体に注射する"遺伝子"、表向きは「コロナの遺伝子」の一部です。
しかしコロナは存在していない…
では一体何の遺伝子なのでしょうか。


結局コロナワクチン、実は
コロナでもないし、ワクチンでもないという事になります。
(製薬会社が作った)「謎の遺伝情報」の入った「遺伝子治療薬」。


これを大勢の人に対し一斉接種。
これから大変なことが始まろうとしています。