prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

帯状疱疹ワクチン💉値段による違い

最近、帯状疱疹が多くてTVでもワクチン接種をやたらおすすめしてるようです。

アサ芸、珍しくちゃんとしたメディアですね。「関連記事」もわりとちゃんとしてます


その帯状疱疹ワクチンには2種類あるようです👇

不活化ワクチン(高っ!)と生ワクチン(高い方に比べて安い)です。


順序が入れ替わりますが、このような説明がありました👇

高い方、44000円のうち4000円は消費税です💧


安い方の帯状疱疹【生】ワクチンというのは水痘ワクチン「ビケン」のことです。


水痘ワクチン「ビケン」添付文書👇
人間の細胞が使われています。

ヒト二倍体細胞(MRC-5)とは【ヒトの14週男性胎児肺から得られた細胞】です👶🩸


★   ★   ★


では高い方の帯状疱疹ワクチン、シングリックスを見てみましょう👇

堂々のチャイニーズハムスター卵巣細胞使用🐀
遺伝子組み換えに加えポリソルベート80、🐮🐷成分も入っています。

人間の「病気予防」のために卵巣を提供するチャイニーズハムスター


添付文書に記載はありませんが、グラフェンも入っているようです👇

ビデオ

グラフェンで🧲人間💡


公明党はこのワクチン(シングリックス)を国民が安く接種できるよう国に働き掛けているそうです💦


【まとめ】2種類の帯状疱疹ワクチンには生・不活化の違い、値段の違い、効果の違い、成分の違いなどいろいろあり、安い方が生ワクチンで別名「水痘ワクチン・ビケン👶」、高い方が不活化で「帯状疱疹ワクチン・シングリックス🐀」です。


余談ですが、水痘ウイルス、帯状疱疹ウイルス、共にまだ発見されていないことも付け加えておきます🦠💦

🦠ないのに💉打ってた👶【予防接種スケジュール】
じゃ今までのワクチンには何が入ってたの?②