prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

リカルド・マーティン博士 酸化グラフェンについて

※一番下にグラフェンの実際の映像を集めました。


ワクチンに酸化グラフェンが入っていることを確か最初に発表したスペインの科学者、
リカルド・マーティン博士の最近のビデオです。

いずれ字幕付きが出ると思いますが、とりあえず概要を載せておきます。
新型コロナウイルスは存在しないと言いながらも、
どこか一部で謎の病気が発生しているような話はありました。
(ほとんどの人は見たことがないわけですが)


それがあるとすれば、どうも原因は早くからいろんなところに仕込まれていた酸化グラフェンのようなのです。


(訳ここから)

ファイザーワクチンにグラフェンが含まれるという分析はアルメリア大学の証明書付きのきちんとしたものです。


コロナの症状とされるものはグラフェンが原因は
・血栓症
・免疫系の変化を起こしサイトカインストームを起こす
・味覚や嗅覚の喪失を起こす その他


グラフェンは身体を超電導体にします。


グラフェンはマスクPCR検査の綿棒にも含まれています。
グラフェンは生きた細胞と接すると磁性を帯びます。
接種していない人にも磁石化の現象が見られるのはワクチン以外から来るグラフェンが原因です。



SARS-COV-2と呼ばれる新しい生物学的病原体の疑惑の遺伝子配列と分離はご存知のように存在しませんでした。全ては真の死亡原因を隠すための文字通り煙幕でした。


死亡率の真の原因は言いましたように、そして予備報告書にもありますように、様々な投与経路で導入された酸化グラフェンです。SARS-COV-2ではありません。


実際、今日の時点では新型コロナウイルス・SARS-COV-2と呼ばれる生物学的物質の実際の分離、配列決定、純粋化を認めた世界的な機関はありません。


中国の武漢市で3人の肺炎患者から採取した3つの肺胞粘液のサンプルから、コンピュータを使ってコンピュータ・アルゴリズムで組み上げたバーチャル・シーケンシングがあるだけです。

彼らは単純に、これらのサンプルを組み立て、「マッスル」と呼ばれるコンピュータ・アルゴリズムで足りない部分をすべて補ったのです。
しかし、自然界には新型コロナウイルス・SARS-COV-2は存在しません。


グルタチオンは酸化グラフェンを劣化させます。
治療法はありますがとにかく接種しないことが一番です。


ワクチンの中身はRNAは少量で大半はグラフェンです。
これは「COVID-19」と同じ症状を引き起こします。

アストラゼネカや2019年のインフルワクチンにもグラフェン含有の疑いがあります。


グラフェンは神経細胞のワイヤレス/リモートコントロールに使われ、それは体内でナノバイオセンサーの役割を果たします(5G使用)



アルゼンチン 2021/07/30
【マルティン・モンテベルデ博士が、SARS-CoV-2が存在しないこと、PCRの茶番劇、そしてインフルエンザワクチンに含まれる酸化グラフェンがいかにして「第一の波」を生み出したかについて語る】

アルゼンチンにおけるSARS-CoV-2分離報告書を要求し、Vaxigrip Tetra(サノフィ・パルツール社製インフルワクチン)とモデルナワクチンから酸化グラフェンが検出されたことを発表した医療専門家グループのスポークスマン、マルティン・モンテベルデ医師のラジオ・フレッシュでの特別インタビュー。


モンテベルデ医師は注意を促した。それは、いわゆるSARS-CoV-2を分離した国は世界にないこと、PCR検査はプランデミックの裏付けとして作られたものであること、そして、2019年と2020年のキャンペーンのインフルエンザワクチンに導入された酸化グラフェンが、いわゆる第一波の真の原因であることだ。


アルゼンチンでは医師のアナダ博士が生化学者と一緒に、カルラ保健大臣に報告書の提出を求めた。それは世界あるいはアルゼンチンで、このSARS-CoV-2と言われる疑惑のウイルスを分離し、その特徴を明らかにした人がいるのかというものだった。大臣の回答はウイルスの分離はないというものだった。


大臣が認めたのは、要するにウイルスは存在しないということです。つまり人間の血液からも気管支肺胞液からもウイルスは見つかっていないのです。アルゼンチンの保健大臣が答えたことは、あなたが言ったように、アメリカのCDCにも尋ねられました」


アメリカもウイルスを分離していないと回答しています。中国もウイルスを分離していないことを認めています。そして今のところ、世界のどの国もウイルスを分離したとは言っていません。
(もちろん日本も含めてです)


「ご存じのようにこれは戦争で、一部の新聞は誤った報道をしています。
2日前に読んだチリの記事では、チリの大学のグループがウイルスを分離したと言っていました。記事を読んでみると、どうやって分離したのかは書かれていませんでした。証拠は何もなかった」


「一方、我が国の厚生大臣はウイルスの分離はないと認めています。このことは、世界中の多くの政府が認めています。つまり、世界の誰もが、人間の血液や気管支肺胞液からウイルスを分離したことがないのです」


【グラフェンについて】
グラフェンのナノ粒子は、少なくとも2019年と2020年のインフルエンザワクチンには加えられていました。そして、そうやって最初の波が生まれたのです。グラフェンを体内に入れることで引き起こされる症状は、すべて、いわゆるCOVID-19の症状と同じです」



インフルワクチンにグラフェン。
裏付けるようなこんなツイートが(2021/08/15)


釈迦堂アリス@nd_bos
わー、すでにインフルエンザワクチンとかにグラフェン入ってて
ワクチンの副反応の恐怖だけ取り除いてるとか!?


夫が2019年インフルワクチンに受けて
めっちゃ痛くて腕が上がらなくて
絶対におかしいと言ってた
のを思いだします


会社で受けた同僚もそんな感じだったとか



・グラフェン、その他参考

👆このビデオ字幕の書き起こしです👇


【目で見る酸化グラフェン】
(動画)

虫のように見えますがくっついたりしているのでやはり物体なんだと思います。


ニンニクから逃げて金(ゴールド)には寄ってきます。(動画)

排出にはニンニクが効くのかもしれません。


不織布マスクに仕込まれていると言われるグラフェンです。

WHAT THE HELL IS THAT? Graphene Oxide?


意外なことに水に弱いそうです。
マスク着用が必要な場合は先に水洗いするとよいとのこと。