prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

コロナの写真はウソでした③感染研オミクロン

①はこちら👈👉②はこちら


国立感染症研究所がオミクロン株の分離に成功とのことで写真を発表しました👇


まだ初代株の「存在証明」もないのに最新株オミクロンの写真を出してくれました。


これを記念して?今回はおなじみステファン・ランカ博士による
「分離されたウイルスの写真を論破する」(2001年12月)をざっくりご紹介します。
よく見るウイルスの画像です👇


まずランカ博士のまとめコメントから。


これらの写真に共通しているのは、ウイルスがどのようにして、何から分離されたかを記述した原著論文が引用されていないということです。それがない限り、画像がウイルスを表していると主張することはできません。


さてそういう観点から「感染研オミクロン分離に成功」ページを見ますと👇

やっぱりどこにもウイルスがどのようにして、何から分離されたかを記述した原著論文の引用、そこに至るリンクがありません。根拠を示さず単に「分離に成功」と主張しているだけです。というわけでこの写真はフェイクと言ってよいと思います。
(仮に「分離した」と言っても当然「細胞培養」で、それでは写真は撮れません)


海外の開示請求では元株だけでなくデルタ株など変異株の分離(純粋化)記録についても聞いていますが、ご存知のように回答は全滅。オール「記録なし」ですから、ここに来て最新変異株のオミクロンだけ分離(純粋化)されているはずがありません。


今回のブログの概要はここまでです。
感染研が「オミクロン分離に成功」して電子顕微鏡写真を発表したとしても、その分離に至った論文がどこにもないという事実。
分離をしなければ写真は撮れませんので、分離をした証拠(論文)がなければ「写真に写っている物体は一体何なのか?」ということになるのです。


感染研が2020年1月に発表した初代株の「分離」の実態は「細胞培養」でしたね👇
※上は山形県衛生研究所による培養(細胞培養)の説明

感染研「分離に成功」HPの内容と山形県衛生研究所の培養に関する説明は一致しています(一致というよりそもそも感染研のマニュアル)。つまり感染研が「成功」したのは分離と言う名の細胞培養です。


★   ★   ★


以下は博士のお話の続きです。機械訳ですが、興味のある方はご覧ください。


実際、科学的な医学文献全体を見渡しても、このようなウイルスについてコッホの第一の定理(特定の臨床症状を示す患者から常に検出されること)を満たしていると主張している文献は一つもない。つまり、これらの病気の原因とされるウイルスが、その患者から分離されたという証拠はない。それにもかかわらず、彼らはそれを公に主張しているのである。


さて、提出された写真についてであるが

注:この中のエボラ、ヘルペス、HIV、インフルエンザ、はしか、ポリオ、天然痘は既に開示請求によって分離(純粋化)記録がないことが明らかになっています。つまり写真はフェイクです。


1. 多くの写真に色がついている。電子顕微鏡写真はいつも白黒なので、これはデザイナーの作品であることの証明になる。


2. いわゆるHIVウイルス、麻疹ウイルス、天然痘ウイルスの画像を見ると、画像の説明にもあるように、これらはウイルスが発見されたとされる細胞であることがよくわかる。したがって、何も分離されていないのである。写真には、細胞とその中にある典型的な内因性粒子が写っている。これらの構造はよく知られており、細胞内および細胞間の輸送に役立っている。一貫して同じ大きさで同じ形をしている同種のウイルスとは異なり、大きさや形が異なるため、分離されていないのである。


3. インフルエンザウイルス、ヘルペスウイルス、ワクシニアウイルス、ポリオウイルス、アデノウイルス、エボラウイルスの場合、それぞれの写真には1つの粒子が写っているだけで、誰もこれらの粒子が分離された粒子であるとは言っておらず、ましてや人間から分離された粒子であるとは言っていない。


4. 「分離された」ポリオウイルスは、非常に微細なフィルターを通して無関心な塊を真空中に吸引することによって生成された人工的な粒子である。その構造(特徴的な構造を持たない)は、細胞内の「ウイルス」の構造とは明らかに異なる。
ここで重要なのは、これらの「分離された」ウイルスの生化学的特徴は、「分離」が主張されているにもかかわらず、どこにも発表されていないし、誰もそのような特徴を主張してさえいないということである。


5. B型肝炎ウイルスの写真は、孤立した構造を示しているのではなく、画像のタイトルにもあるように、凝集体である。これは科学的・医学的な用語で、血液中のタンパク質が凝固して塊になったものを指す。その結果、血液サンプルの状態にもよりますが、典型的には丸い構造や結晶構造が発生する。


要約すると、これらの写真は、これらの構造体がウイルスである、あるいは分離したウイルスであると主張する限り、関係する研究者や医学者による詐欺の試みであると言わざるを得ない。
関係するジャーナリストや教科書の著者がどこまで故意に、あるいは重大な過失でこの詐欺行為に加担したのかはわからない。医学文献を調べ始めると、誰もがすぐにコッホの第一仮定が成り立たないことを示す記述や文献に出会うだろう(例えば、Großgebauer: Eine kurze Geschichte der Mikroben, 1997 ["A short history of the microbes"]; editor: Verlag für angewandte Wissenschaft)。) ウイルスの存在を主張する著者たちが、なぜそれを見過ごすことができたのか、いまだに謎である。


もしかして、18~19世紀の「Contagium」=「Gift」(毒・毒素)=「Virus」という言葉が、20世紀になって、1931年に電子顕微鏡が登場して以来、「ウイルス」と名付けられた細胞成分に適用されたのではないか?それを隠すために、「病気の原因となるウイルス」はしばしば記述されてきたが、一度も分離されていない。
そして、天然痘ワクチン接種後の1985年と麻疹ワクチン接種後の1938年に初めて観察されたB型肝炎の症状について、Luhmann(1995)が書いているように、ワクチン接種による中毒や副作用の一見論理的な説明として使われてきたのではないか?

教科書に掲載されているコピーは、細胞内の均質な構造を示しているだけで、何かが分離されているようには見えない。肝心の生化学的な特徴付けが全くなされていない。


ロベルト・コッホと同僚のラッシュ教授、マックス・フォン・ペッテンコーファー教授、ヴィルヒョウ教授は、実験やヘンレ-コッホの法則の観察により、細菌の伝染によって、想定される「生体伝染病」が同じ病気を引き起こすことは不可能であることを示した。そこでロベルト・コッホは、師であるドイツの解剖学者ヘンレの第3の定説を修正(弱体化)し、動物実験で同様の症状が発生すれば、感染性細菌による病気の原因という仮説を証明するのに十分であると考えたのだ。(Großgebauer: Eine kurze Geschichte der Mikroben参照)。


だから、アルフレッド・フィッシャー教授が1897年(!)の著書「Vorlesungen über Bakterien」(細菌に関する学術的講義)の中で次のように書いていても、私は驚かない。
"あらゆる感染症に言えることだが、(病気が発生するためには)細菌を加えるだけではなく、個人の素因という未知のものも必要であるという事実は言うまでもない。"


ステファン・ランカ, 2001年12月