prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

知られざるCIAチベット秘密作戦の全貌 (㉔~㉚)

以下は The Sun Snorer Pressさん のツイッター
知られざるCIAチベット秘密作戦の全貌〜西側アンチ・チャイナ・プロパガンダの内幕
スレッドより、表示されなくなっている㉔~㉚です。
ご本人の了承を得てこちらに転載させていただきました。


------------------------------------------------------------------------------------------


㉔「私は何十年も沈黙してきたが、真実を語らなければならないと決心した。
私たちがCIAに協力したことは完全に誤りだったと。
わたしたちはCIAからの申し出を決して受け入れるべきではなかったのだ。」


㉕「CIAと協力さえしなければ、
CIAが極端に限られた人にだけ与える恩恵を羨むことはなかっただろうし、
中国政府が多くのチベット人を罰することもなかったのだ。
私たちがCIAに協力したために
多くの無辜の人々が必要のない苦しみを苦しむことになった。」


㉖「私がCIAとの協力で成し遂げたこと言えば、
それは私たちの文化の破壊であった。
このことは何年も何年も私の五臓六腑を引き裂き続ける。
決して忘れることはできない。私は完全に有罪である。
これが私が生涯で最も後悔していることだ。」



㉗「アメリカの作戦は今日に至るも少しも止まることなく続けられている。
そのたびに彼らが使う便利な言葉が、
❶民主主義、
❷自由、
❸人権
の3つだ。アメリカにとってこの3つのスローガンは

何でもできる魔法のウルトラ・マイティな言葉だ。」



㉘「この3つを高くかかげる限り、どんな血の殺戮も、戦争も、
主権国家の民主的政府の転覆も、侵略も何でも正当化できると信じているのだ。
アメリカ政府がいわゆる反対派を支援し、彼らに武器を供給する理由はただ一つ、
そこに不和と混乱と不安定をもたらしたいからだ。」



㉙「そして結局のところ、アメリカ政府との軍産コンパウンドにとっての
膨大な利益となって返ってくるというわけだ。
もし、中国政府に偉大な力と強さがなかったならば、
今頃中国全土は血塗れの煉獄となっていたに違いない。」



㉚「その前例である、中東の国々、イラクやリビアやシリアのようにだ。
もちろん、アフリカの国々も。」



--------------------------------------------------------------------------------------


上のスレッドの1~53をすべてまとめたものはこちらです。