prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

コロナ 科学的根拠なし🇯🇵➁ 10/25大分県臼杵市

日本①はこちら👈
世界①👈世界➁👈世界③👈コロナ以外👈


【ついに日本からコロナ消滅🇯🇵】


この開示請求は2020/12/21厚生労働省の無効回答(感染研HP提示)を皮切りに、

地方自治体へは2021/04/09東京都スタート➡同年09/14高知県ゴールとなりました🇯🇵
文部科学省、国立感染症研究所も入っていてもう十分だと思います。
※当ブログ調べ
ここまで開示請求をしてくださった皆様に感謝申し上げます。


注意:行政文書だけでなく、論文もありません。
日本に1つあるとすれば国立感染症研究所のあまり知られていないこの論文ですが👇

[Enhanced isolation of SARS-CoV-2 by TMPRSS2-expressing cells]
残念ながらこの論文は存在証明になっていません。詳しくはこちら
遺伝子解析データも実質取り下げられていて、公式な論文とは言い難いものです。
ですので感染研の「分離に成功」HPにはこの論文やデータへのリンクはありません。


各自治体はコロナに関する科学的根拠なしに厚労省の指示で「コロナ行政」をやっています。
学校も同様に科学的根拠なしに文科省の指示で学生に対し感染対策指導を行っています。
文科省の指示は厚労省の発表を学校向けにまとめたものです。


その厚労省自身にもコロナに関する科学的根拠はなく、国立感染症研究所の発表を頼りにしています
その感染研の論文も今述べたようにコロナ存在の科学的根拠にはなっていません。



「学術論文は行政文書ではない」というクレームもよくつけられていましたが、これで決着が着きました👇

学術論文は行政文書ということで大丈夫のようです。


今や日本ではコロナは上から下まで誰も根拠を持っていないのに人々に信じられている迷信であり、マスクやワクチンは厄除けグッズでしかありません。


※以下、元の開示請求文ではマスクやPCRについてなどいろんな質問をしていますが、
ここではコロナの存在証明に絞ってお伝えします。



大分県臼杵市 臼杵市長・中野五郎 2021/10/25
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「文書不存在」
臼杵市議会は、若林純一議員に対して鼻出しマスクを理由に2021年9月30日、辞職勧告を可決しました。行政が迷信で動く時代。中世でしょうか。


当然マスク着用の根拠もありません👇

今21世紀なのですが…?そして日本から科学が消えようとしています。


高知県 高知県知事・浜田省司 2021/09/14
新型コロナウイルス感染症患者から採取したサンプルから直接新型コロナウイルスが分離されたことを証明する科学的根拠、論文等。
新型コロナウイルス感染症患者のサンプルが最初に他の遺伝物質の供給源(すなわちサルの腎臓細胞、別名ベロ細胞、肝臓癌細胞等)と組み合わされなかった場合のもの。
※「細胞培養」という偽の分離でなく、実際のウイルス分離をしたもの、という意味です

「当該内容は記載された文書は確認できない」
担当課・健康対策部健康対策課
「課内の保管文書を確認したが」今の時代ですから紙の文書だけってことはないですよね?


島根県 島根県知事・丸山達也 2021/09/17
新型コロナウイルス感染症患者から採取したサンプルから直接新型コロナウイルスが分離されたことを証明する科学的根拠、論文等。
新型コロナウイルス感染症患者のサンプルが最初に他の遺伝物質の供給源(すなわちサルの腎臓細胞、別名ベロ細胞、肝臓癌細胞等)と組み合わされなかった場合のもの。
※「細胞培養」という偽の分離でなく、実際のウイルス分離をしたもの、という意味です

「請求にかかる公文書は当県で保管していない」
感染症対策室感染症対策第一グループは請求文の意味が理解できたでしょうか…?


沖縄県石垣市 市民保健部長 2021/09/14
新型コロナウイルス(✖ワクチン)の存在ということでございます
それに対する正式な文書等があるかどうかでございますが
それにつきましては現在え~
・・・・・情報等の資料等は持ち合わせておりません


厚生労働省📞相談  2021/09/12


コロナの存在や病原性の証明は厚労省HPには掲載されていないのでわかりませんし、
それをどこに問い合わせたらわかるかもこちらではわかりかねます


👇の回答と違いますね。
とりあえずこの回答では厚労省では何もわからないそうです。
じゃもうコロナ終わってよいのではないでしょうか?


厚生労働省📞相談  2021/09/09

今回の回答は何と驚きの

コロナウイルスは存在しております。はい、ございます。

2020/1/30に国立感染症研究所において分離に成功しております


ちなみにこれまでの📞回答👇 日本①より


>こちらのコールセンターでは
「存在証明に関する論文などはHPで公開されておりませんのでご案内いたしかねます」
という返事しかできないんです


>コロナ自体が存在していないということになってるんですよね?
はい、あぁそうですね。えぇえぇ


>そういった研究論文は発表されていないんですけども、研究されている状態です


>科学的根拠に基づいた論文、資料等が事実上ない状態でございまして…


あの頃とは打って変わって堂々と「ある」と答えています。

ただしその根拠は相変わらず感染研のこれ👇ですので…

「分離に成功」と謳っているものの、実際の分離はしていません。

というわけで、この📞回答も実質 存在証明なし ということになります。


山形県衛生研究所 2021/08/22質問への回答
”ウイルス学の現場では「分離」と「培養」は明確に分けられていない”

※ウイルスの存在証明となる「分離」の名の下で「培養」という無関係な実験をし、
「分離に成功」とする。これは世界中のウイルス研究の現場で行われています。


こちらの回答では「培養を行い、…分離としています」とはっきり述べています。
しかもそれは国立感染症研究所のマニュアルでもあるのです👇


東京都健康安全研究センター&国立感染症研究所 2021/07
新型コロナウイルスは標本のような形では保持されていない

ここでさらに重要なのは、
ウイルスの単離や純粋化は技術的に困難と認めている点です。
つまり何とこれは
今の科学ではウイルスを確認することはできない
を意味する驚きの回答です。


【ここで言う分離と純粋化の違い】

分離は本来こういう意味ではありませんよね。
コロナの写真はウソです👈



国立感染症研究所(3度目)請求・2021/06/27
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「保有していなかった」
HPには堂々と「分離に成功」とありますけど…(論文もデータもありませんがw)


例によって「科学論文は行政文書ではない!」などと騒いでいる人がいます。
こちらをご覧ください👇


感染研HPは立派な行政文書です。なぜ感染研は自分たちのHPを出さないのでしょうか。


世田谷区 世田谷区長・保坂展人 2021/07/01
新型コロナ存在認定の科学的根拠とした資料等

「存在しない」


以下すべて上原敬さんの請求によるものです👇
一気に地図が埋まりました。ありがとうございます。


宮崎県 宮崎県知事(河野俊嗣)請求・2021/06/13
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「保有していない」
ウイルスが存在する証拠もなく感染症対策室が設置されています。



大分県 大分県知事・広瀬勝貞 請求・2021/06/12
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「不存在」
感染症対策課は万一コロナが存在しなかったらとか思わないのでしょうか。



佐賀県 佐賀県知事・山口祥義  請求・2021/06/12
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「保有していない」
感染症対策担当はウイルスの存在を確かめたいとは思わないのでしょうか。



香川県 香川県知事・浜田恵造 請求・2021/06/13
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「存在しない」
備考らんから察しがつきます。
自治体はコロナがあるかもないかもわからぬまま、国からの指導で。
国からの指導はひたすら「危険だから気をつけるように」です。
そこで国(厚労省)などにコロナの存在証明を問えばやはり「存在しない」
または「感染研HPをごらんください」
そして感染研HPを見るとウイルスの遺伝子データも論文も載っていない…


山口県 山口県知事・村岡嗣政 請求・2021/06/13
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「存在しない」
新型コロナウイルス感染症対策室は存在しています。。



岡山県 岡山県知事・伊原木隆太 請求・2021/06/13
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「保有していない」
新型コロナウイルス感染症対策室は一体何を…


鳥取県 鳥取県知事・平井伸治 請求・2021/06/13
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「作成・所有しているものがない」
ではなぜ新型コロナウイルス感染症対策本部があるのになぜでしょうか。


和歌山 和歌山県知事・仁坂 吉伸 請求・2021/06/13
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「作成または取得していない」
何か気になることが書かれています。
知事同士の電話でのおしゃべりでコロナの存在が決まったようです。
しかも相手がどの知事かわからないという…



奈良県 奈良県知事・荒井正吾 請求・2021/06/21
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「文書を作成していない」
にもかかわらず「新型コロナ感染症対策係」は作成したようです。


滋賀県 滋賀県知事・三日月 大造 請求・2021/06/17
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「存在しない」
感染症対策課はなぜ存在しているのでしょうか。



山梨県 山梨県知事・長崎幸太郎 請求・2021/06/14
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「保有していない」
感染症対策グループは先にコロナの存在を確かめるべきです。


富山県 富山県知事・新田八朗 請求・2021/06/16
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「保有していない」
感染症対策課があるのに不思議です。


福井県 福井県知事・杉本 達治 請求日・2021/06/14
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「取得していない」
それだと感染症対策グループは感染症対策ができないのではないでしょうか。


群馬県 群馬県知事・山本一太 請求・2021/06/14
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等

「保有していない」
感染症危機管理第一係に危機感はないようです。


タケダ インフルワクチンの中身

一般のワクチンは「細胞培養実験」の結果できる謎の混合物から作る、
という話をしました。

「細胞培養」とは分離に見せかけた「偽のウイルス存在証明実験」のことでした。


そしたらタケダのインフルワクチンにその「細胞培養」の文字が👇


(一番上に劇薬と書いてます)


製法を拡大👇


Vero細胞、ウシ胎児血清ということでこの図と合っています👇

やっぱり最後の「分離株」からワクチンを作っているようです。


アフリカミドリザル👇

(の腎臓の写真は控えます)


ウシ胎児血清👇

広告がありました👇
(ウシ胎児の写真は控えます)

ウシ胎児からまずどのように血液を採取するのでしょうか👇
ウシ胎児血清(Fetal bovine serum)をめぐり
その動物はまだ生まれはじめていない。母親の身体のなかで、でも、まだ死んでもいない。
暗黒の時。あるいは純白の時。
けれども心臓は鼓動を打っている。どくどくと。
その動物の心臓に鋼鉄のチューブが突き刺さる。そもう死んでいる母親の子宮を貫いて。
そして、その奇怪なチューブは子の血液を吸い上げる。
どくどく、どくどく。
そしてしばらくして、心臓の鼓動は止まる。
まだ生きはじめてもいないそのいのちは、そうしていのちであることをやめる。


この動物は、あたたかな血をもっている動物だ。
母のあたたかさを知り、外の冷たさから身を守る動物。
かれは、母がもう死んでいるということを知っているのだろうか?
じぶんの心臓から、血が抜かれているということを、知っているのだろうか?


こちらにはまた違った方法が書かれています👇
10億人のヒンズー教徒への公開書簡:新生子牛の屠殺は、COVIDワクチンを含むすべてのワクチン研究の基本
ウシ胎児血清とはその名の通り、牛の胎児の血液から作られる副産物です。屠殺される牛がたまたま妊娠していた場合、その牛は屠殺されて血を流し、母親から胎児が取り出されて採血室に運び込まれます。胎児は血液の質を保つため生きたままで心臓に針を刺されます。通常5分程度、胎児が死亡するまで血液が抜かれます。この血液を精製してできたものがウシ胎児血清です。このようにして何百万もの胎児が屠殺されているのです。


いずれにせよ生きたままの状態で心臓から血を抜く必要があるわけです。
広告👇


ウシだけでなくブタ膵臓由来成分(トリプシン)も使用しています👇

ブタ(の膵臓の写真は控えます)

つまりサルとウシとブタの液体化したもの?が入っています。
これを体内に直接打ち込むとはなかなかエグいですね。
そんなことをして何か病気の予防になるのでしょうか。


(参考)
今年のインフルワクチンは副作用的に一味違うという声が多いです👇



このワクチンの副作用一覧(副反応ではなく)。劇薬だけにすごいです
【細胞培養インフルエンザワクチンH5N1「タケダ」1mLの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典】

呼吸困難 、 脊髄炎 、 痙攣 、 脳炎 、 脳症 、 視神経炎 、 ギラン・バレー症候群 、 四肢遠位から始まる弛緩性麻痺 、 腱反射減弱 、 腱反射消失 、 熱性痙攣 、 肝機能障害 、 黄疸 、 AST上昇 、 ALT上昇 、 γ−GTP上昇 、 Al−P上昇 、 喘息発作 、 血小板減少性紫斑病 、 血小板減少 、 紫斑 、 鼻出血 、 口腔粘膜出血 、 血管炎 、 アレルギー性紫斑病 、 アレルギー性肉芽腫性血管炎 、 白血球破砕性血管炎 、 間質性肺炎 、 咳嗽 、 皮膚粘膜眼症候群 、 Stevens−Johnson症候群 、 ネフローゼ症候群 、 ショック 、 アナフィラキシー 、 血管浮腫 、 急性散在性脳脊髄炎 、 ADEM 、 運動障害 、 意識障害


喉頭痛 、 口腔咽頭不快感 、 発疹 、 悪寒 、 注射部位出血 、 注射部位熱感 、 気管支炎 、 上気道感染症 、 鎮静 、 顔面腫脹 、 注射部位知覚異常 、 蕁麻疹 、 鼻咽頭炎 、 リンパ節症 、 不眠症 、 傾眠 、 浮動性眩暈 、 感覚障害 、 錯覚感 、 異常感覚 、 口腔知覚不全 、 感覚鈍麻 、 味覚異常 、 灼熱感 、 失神 、 結膜炎 、 眼刺激 、 耳痛 、 回転性眩暈 、 突発難聴 、 低血圧 、 口腔咽頭痛 、 鼻閉 、 鼻漏 、 咽喉乾燥 、 悪心 、 嘔吐 、 下痢 、 腹痛 、 消化不良 、 多汗症 、 皮膚そう痒症 、 関節痛 、 インフルエンザ様疾患 、 胸部不快感 、 注射部位刺激感 、 注射部位そう痒感 、 注射部位運動障害 、 注射部位硬結 、 注射部位腫脹 、 食欲減退 、 泣き 、 四肢痛 、 易刺激性 、 冷感 、 腋窩痛


この図をもう一度👇

最初の鼻をかんでる人が「インフルエンザだったかもしれない」というだけで、最後の「分離株」にインフルエンザウイルスが入っているという保証はありません。
(最初の人はどうやって選ばれるのでしょうか?)


むしろインフルエンザウイルスはまだ存在が確認されていません👇

分離株?の中に「ウイルスがいる」と主張しているだけなのです👇


毒物のホルマリンも入っていて👇

トロメタモールは
”様々な生化学反応を阻害することが知られており、また哺乳類細胞に対する毒性を示す。”
添付文書を解説します!Hibワクチン② | 心も身体も健康な子供たちを育てていく☆小児科医&自然療法医 眞々田容子


ポリソルベート80は
リーキーガットや自己免疫疾患、子宮損傷リスクの危険性があり、
さらに脳関門を開けて毒物が脳に流れ込むようにすると言われています。


これ以外にも記載されてないものが入っていると思われます。
自己責任でお願いします。

コロナ分離/純粋化記録なし🌏③アメリカ実物なし✖2

世界➁はこちら👈

情報開示請求に対し「新型コロナウイルスの分離(純粋化)記録はない」
と認めた各国機関の回答を集めました。


「存在証明」という雲を掴むような質問ではなく、「組織培養/細胞培養」というイカサマ分離ではない、正しいウイルス分離(純粋化)の記録があるのかを問うものです。

(当ブログでは細胞培養または培養と呼ぶことが多いです)


なお海外の開示請求の場合、相手の作製・保管文書だけでなく「根拠とする公開済み、査読済みの文書であれば誰がどこで書いた物でもかまいません。プリントやダウンロードしたものも含みます」と実質全世界の文書が対象です。つまり各回答の「ありません」は「世界中にありません」の意味になります。「行政文書は存在しない」などという江戸時代のような言いわけは通用しないのです。


主にこちらのサイトからお借りしています👇


2021/10半ばまでのまとめ👇

最近「存在証明がないからといって存在しないことにはならない!」などと言う人がいますが、

あるなら何か出せばよいのです。ただし本当の分離(純粋化)記録です。

それは世界中にないことがはっきりしています。


アメリカ HHS(米保健社会福祉省) 2021/08/19

HHS(米保健社会福祉省)にSARS-CoV-2の実物(サンプル、標本)は存在しますか?

「ご説明します。SARS-CoV-2とはCOVID-19を引き起こすウイルスで…」

あるかないかの質問だから答えやすいはずで、コロナの説明は求めていないのですが。

ちなみにスペイン、イギリス、日本からもサンプルはないとの回答が出ています。


アメリカ 2021/09/03

NIAID(米国立アレルギー・感染症研究所)

NIH(米国立衛生研究所)

NIAIDまたはNIHにはSARS-CoV-2の実物(サンプル、標本)は存在しますか?

「ご請求は不適切なため処理できません。

SARS-CoV-2とはCOVID-19を引き起こすウイルスで…」

コロナの実物があるかないかの質問を請求の仕方に文句をつけて拒否。

そして「SARS-CoV-2とは…」と上のHHSと同じ解説をして終了。

仮に実物がなくてもコロナの研究はできるというのであれば「ない」と答えてもいいのです。

結論としてアメリカにもコロナの実物(標本、サンプル)はないということです。

ウイルスの「存在証明」ではなく存在そのものがないのです。

ファイザーもウイルスの実物なしにワクチンを作ったと言ってましたよね。


カナダ カナダ保健省 2021/11/10

患者の検体から直接分離されたSARS-COV-2の記録

「徹底調査の結果、ご要望の記録は見つかりませんでした」

この回答だけ見ると立派なのですが、この後「記録がないのは要求がおかしいからです。ウイルス分離と言えば細胞培養で、その記録ならあります」と見苦しい言いわけをしています。



カナダ ユニバーシティ・ヘルス・ネットワーク 2021/11/10

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「いかなる記録も見つけることはできませんでした」

University Health Network(UHN)は、カナダのオンタリオ州トロントにある公立の研究・教育病院ネットワーク。カナダ最大の医療研究機関であり、研究費総額はカナダ国内で1位。2015年から2017年にかけ、Research Infosourceによってカナダのトップ研究病院に選出。

クリスティーン・マッシーさんの元勤務先だそうです)


ニュージーランド ニュージーランド警察 2021/11/09

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「ご要望の情報は保有していません」


イタリア イタリア保健省 2021/10/29

患者の検体から直接分離/純粋化されたSars-Cov-2および変異株の記録

「文書を保有・管理していません」


イギリス ブライトン&ホーブ市議会 2021/10/28

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「議会は文書を保有していません」

イギリス南端のリゾート地です。


アメリカ CDC(米疾病予防管理センター)2021/10/26

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「SARS-CoV-2は細胞培養によってヒトの検体から分離することができます」(?)

質問は純粋化なのに、聞かれてもいない分離「できます」と答えています。どういうことかわかるでしょうか。純粋化はできないが分離は意味を変えてあるのでできるのです。つまり詭弁。これが「ウイルス学」なのです。(本来は純粋化=分離)


リンクの2020年1月の分離論文はこちらで、それを図にまとめたのが何度も出しているこれです👇

「分離はできます」の中身はこういうことです👆


(参考)今年6月の回答…

質問は同じなのですが。この頃に比べると悪知恵がついてきたようです



アメリカ サウスカロライナ州クレムソン大学 2021/10/23

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「大学には以下の請求に対応する記録はありません」

この大学の環境工学・地球科学部が最近「SARS-COV-2」の研究費として90万ドルを受け取ったため、この開示請求がなされたようです。結果は同大学には「SARS-COV-2」の純粋化した記録はないということです。


イギリス 英国保健保安局 2021/10/27

電子顕微鏡のエビデンスなど、回答になっていない回答をする行政に対する請求者の返信をごらんください👇

ウイルス学者が分離を混合(細胞培養)の意味で使っていること、分離はされていないことをはっきり指摘しています。

そう、細胞培養とは「混合」であり、分離とは全く逆の行為なのです。


アメリカ イリノイ州知事 2021/10/15

ヒトから抽出された分離サンプルによるSARS-COV-2の分析・識別について

「見つかりませんでした」


アメリカ ウィスコンシン州知事/保健省 2021/09/24

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「持っていません」

ワクチンの効果と安全性についても同様です



ドイツの150万ユーロ(約2億円)に続いて新たに150万ポンド(約2億円)の懸賞金が出ました👇 (動画)

アメリカのロバート・ヤング博士です。

※精製=純粋化です

他にインフルエンザウイルスも存在しないこと、ウイルス学は科学ではないことなどを語っています。


こちらクウェートの男性は集まったメディアにコッホ~リバーズの原則について説明した後、
「"Sars-CoV-2"が"Covid -19"と呼ばれる病気を引き起こす証明」
に対しその場で1000KD(約38万円)を提供すると申し出ました。

手に現金を持っています👆

「"Sars-CoV-2"が"Covid -19"と呼ばれる病気を引き起こす証明」

Sars-CoV-2(ウイルス名)、Covid -19(病気名)ですね。

仮にSars-CoV-2というウイルスがあったとしても、それが肺炎など病気の原因でなければ意味がありません。

確認にはウイルスを使って感染実験しないといけないのですが、ご存知の通りウイルスの実物はありませんw


カナダ カルガリー警察 2021/10/26

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「カルガリー警察はウイルスの純粋化に関する記録を収集していません」

警察は科学的な捜査もやるわけなので、こういう言いわけは通用しませんよね。

ではなぜ「マスク警察」みたいな活動ができるのか?という話です。


カナダ オンタリオ州警察、オンタリオ州法務省 2021/10/27

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「その分野に詳しい経験豊かなスタッフが検索を行いましたが、記録は見つかりませんでした」

ここも「メールでは受け付けない」とかさんざんゴネた後にメールで回答しました。


イギリス スコットランド公衆衛生局 2021/09/10

①ウイルスの実物はありますか?「ありません」

②もしあればどうやって分離純粋化したのですか?「ありません」

③もしなければ他にそれがある研究所は?「ありません」

先日のスペインもそうでしたが、「ウイルスの実物はありますか?」という質問は問題の核心を突くものだと思います。ウイルスは論文やデータや写真で証明するものだと思わされていましたが、それらはいくらでも捏造ができるもの。ウイルスは物体である以上、見せられる実物があるはずなのです。


イギリス ハマースミス・アンド・フルハム公衆衛生局(ロンドン)2021/10/20

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「お問い合わせの記録はありません」


イギリス イーストミッドランズ州・レスターシャー郡議会 2021/10/19

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「残念ながら、ご要望の情報は保有しておりません」


カナダ ハミルトン警察(オンタリオ州)2021/10/19

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「関係者と協議した結果、回答となる記録を見つけることができません」


スウェーデン カロリンスカ研究所 2021/10/18

SARS-COV-2の分離・純粋化に関する資料の閲覧について

「現在、この情報にアクセスできないとのことです」

カロリンスカは医学系世界トップクラスと言われる研究所/医科大学です。


オーストラリア オーストラリア保健省 2021/10/08

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「記録は保健省が管理しているわけではありません」

そう言って他の既に否定された研究論文を引用しています。


カナダ トロント警察 2021/10/19

患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録

「持っていません」

(この回答を引き出すまでのやりとり…まず請求に対し最初の返事)

警察「請求には免許証やパスポートなど政府が発行した有効な身分証明書で、少なくとも1つは写真と署名があるもの2枚のコピーの提出が必要です」

請求者(クリスティーンさん)「開示請求にそのようなものが必要であるという法律を示してください」

警察は要求を引っ込めます。


その後警察は回答を遅らせたあげく、資料が多く探すのが大変だとしてさらに60日間の延長を要求します。
クリスティーンさん「去年はそちらから6週間以内に回答があったので困惑しています。
世界中の機関がすでに1件の記録も見つけられていないので、そちらがそのような記録を見つけられる可能性は極めて低いと思われますが。
そして、もしも地球上の誰も見つけることができない記録をそちらが持っているのだとしたら、私は次のように考えます。
そのような非常に貴重で求められている財産(記録)は、すぐわかる場所にあるのではないでしょうか? その記録には150万ユーロの価値があります。
https://www.samueleckert.net/isolate-truth-fund/
(ドイツの例の懸賞金サイト)
トロント警察の記録は、あと60日も必要なほど乱雑で整理されていないのでしょうか?


回答はその10日後に来ました👉 「持っていません」


カナダ カナダ公衆衛生局 2021/10/21

患者の検体から直接分離されたSARS-COV-2の記録

「徹底的な調査の結果、ご要望の記録は見つかりませんでした」


ニュージーランド ワイカト大学 2021/10/13
患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録
「コロナに関する研究は学内のいかなるスタッフ、学生によっても行われていません」

ワイカト大学HP

休校または距離を取って顔にカバーを付けての授業を行っています。

疑問に思った学生が尋ねたのかもしれません。

学問の場でも根拠が問われることなく「対策」が行われています。


イギリス 保健社会福祉省 2021/10/11
患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2の記録
「ご請求の情報は保持していません」

続けて「これは当省がこの問題に関して連絡を取るべき適切な機関ではないためです」と弁解しています。専門ではないと言いたいのでしょうが、ここは2020/08/24に一度、やはり「分離に関する情報は保持しない」と答えた上で、ウイルスについて詳しく説明しています。


リトアニア 国立公衆衛生研究所 2021/09/17
「細胞培養による分離」「純粋化は行わない」

分離=細胞培養であって純粋化ではないのは世界のどこでも共通のようです。


カナダ ケベック州国立公衆衛生研究所 2021/09/21
患者の検体から直接分離されたSARS-COV-2の記録
”お客様の「分離」の定義に基づく文書は保有していません”

「分離」と言いながら実は分離していないことが明らかになってきました。
また請求は「Vero細胞などを使わない分離」ですが、
研究所はこの後Vero細胞を使った分離を紹介しています。


アメリカ アリゾナ州保健局 2021/08/18
患者の検体から直接分離されたSARS-COV-2の記録
「ありません」

「あったとしても患者の個人情報なので開示できない」などと下の方で言いわけしています。


イギリス イングランド公衆衛生局 2021/09/20
患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録
「ご要望の情報は保有していないことを確認しました」

ここは9月だけで3回「なし」を出しています。


アメリカ フロリダ州保健局 2021/10/07
患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録を求めます
回答として送られてきたサイトは順に
①NOT FOUND
②エラーページ
③無関係なPCR文書
改めて正しい回答を求めたところ、強制終了されました。


患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録
「徹底的な調査の結果、ご要望に該当する記録は見つかりませんでした」

警察も探すことができません。


患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録
「記録はありません」

カナダは警察がコロナ関連の厳しい取り締まりをやっていますが、

その根拠はないということです。


カナダ カナダ保健省 2021/08/20
患者の検体から直接分離されたSARS-COV-2の記録
「記録は存在しません」

「記録は存在しません」の後に「理由はあなたの請求内容に問題があるからです」的なことをつらつら述べています。その中で分離とは「培養」であること、Vero細胞を使っていることなどが書かれています。世界中、ウイルス分離とは例外なく「培養」のことなのです。


オーストラリア ニューサウスウェールズ大学 2021/10/05
患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録
「お求めの情報は、本学では保有していないと判断しました」


カナダ オンタリオ州・アイルマー警察 2021/09/27
患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録
「調査の結果、責任ある記録は見つかりませんでした」

※警察にも見つけられないということです


カナダ アルバータ州首相 2021/10/06
患者の検体から直接純粋化されたSARS-COV-2および変異株の記録
「官邸スタッフによる徹底的な調査の結果、ご要望の記録はありませんでした」


カナダ ハルトン地域(オンタリオ州)2021/09/27
患者の検体から直接分離されたSARS-COV-2の記録
「見つかりませんでした」


アメリカ ニューヨーク州保健局 2021/09/30
SARS-CoV-2がコロナウイルス感染症(COVID-19)の原因であるとする記録
「ご要望の記録はありません。
ニューヨーク州保健局はCDCの調査結果と指令に従っています」

CDCのサイトには厚労省のサイト程度のことしか書いてありません。
いまだにコロナの病原性を説明できないというのは、
ウイルスのサンプルが存在しないからでしょう。


アメリカ テネシー州ナッシュビル公衆衛生局 2021/09/29
患者の検体から直接分離されたSARS-COV-2の記録
「そのような記録は存在しないか保持していません」


スペイン スペイン保健省 2021/09/08
「保健省は検査用のSARS-CoV-2の分離したサンプルを持っておらず、
検査用の培養・分離能力を持つ検査室の登録もしていない」


こちらのファイルはコピーして翻訳機にかけられます

cultivo=培養液=サンプル、つまりウイルスの「実物」がないということです。
保健省「培養液なし」「検査のための培養・分離能力を持つ研究所登録なし」を認める(スペイン語)
スペイン政府、SARS-CoV-2ウイルスは分離されていないと発表(英語)


この件はスペインで大きく報じられました👇

スペインの女性生物学者:
ここで大きな問題が発生します。コンピュータで作った遺伝子配列は培養することはできないのです。つまりスペインにいる陽性患者はすべて、実際のウイルスでの病気確認をしていません。これは大変重要なことです。


オーストラリア オーストラリア研究チーム 2020/10/05
「純粋化はされていません」


これも下の香港、韓国、中国の件と同じドイツ人ジャーナリストが、
オーストラリアの2020年4月発表の論文👇について問い合わせたものです。

【オーストラリアで初めてCOVID-19と診断された患者からSARS-CoV-2が分離され、迅速に共有される】


質問に対する答えは👇
「電子顕微鏡写真は細胞培養物から直接得られたものです」
「純粋化はされていません」


「電子顕微鏡写真は細胞培養物から直接得られたものです」
細胞培養物とは「培養実験」の末にできる右端の物体です。

この謎の混合物の中から見栄えの良い粒子の写真を選んで撮ったものを、
「新型コロナウイルス」として発表していたということです。
【お知らせ】コロナの写真はウソでした



香港 香港大学LKS医学部公衆衛生学部 2020/05/12
「写真は純粋化されたウイルスではない」


これも下の韓国、中国の件と同じドイツ人ジャーナリストが、
香港大学の2020年2月ネイチャー掲載の論文👇について問い合わせたものです。

【ヒトの健康を脅かす新型ヒトコロナウイルスの出現】


質問に対する答えは👇
画像は純粋化(=分離)されたウイルスではありません


論文中の写真には「分離された」とあるのですが…👇残念です

ちょうどネイチャーの論文だったので参考に👇


韓国 ソウル大学感染内科研究チーム 2020/03/19
「ウイルスの純粋化はしていない」


これも下の中国の件と同じドイツ人ジャーナリストが、
韓国の2020年2月のこの発表👇について問い合わせたものです。論文


そのやりとりの一部です👇

Vero細胞が使われていること(これは分離という名の細胞培養)を指摘され、
結果として 純粋化はしていない ということを答えています。
つまり発表した「電子顕微鏡写真」は
混合物中の何かよくわからない粒子だったということです。



中国 新型コロナウイルス調査研究チーム 2020/03/18
「ウイルスの純粋化はしていない」


【中国の肺炎患者から検出された新型コロナウイルス 2019】
権威ある科学雑誌、NEJM(ニューイングランドジャーナルオブメディシン)掲載の論文。
2020/02/20に中国新型コロナウイルス調査研究チームが発表しました。


世界各国当局が「コロナの存在証明はある」とたまに言う場合、共通して出す論文。
日本の感染研、ツイッターのコロナある派もよく出す論文です。


この論文に疑問を持ったドイツ人ジャーナリストが執筆者の一人に問い合わせたメール👇
回答の中で執筆者は ウイルスの純粋化はしていない と正直に三度言っています。

特に質問3は論文中のこの写真について尋ねたもの👇
コロナの写真であるとされているものです。

質問:図3Aは、超遠心分離して沈降したウイルス粒子の電子顕微鏡写真ですか?
また、図3Aは純粋化されたウイルスの電子顕微鏡写真ですか?

回答:図3Aは沈降したウイルス粒子の画像であり、純粋化されたものではありません


つまりこの写真は実はコロナではなく、何か違うものだということです。
私達はこれがコロナだと言われたらまさかウソだとは思わずに信じてしまいますよね。
これが「科学論文」の実態です。


この中国人研究者は聞かれて正直に答えるだけまだいいと思います。
これが日本の国立感染症研究所だったら何と答えるでしょうか。担当者不在?


※以上のドイツ人ジャーナリスト問い合わせシリーズ、
オーストラリア、香港、韓国、中国の例からわかるように、
コロナの存在証明は「ない」のではなくむしろ「たくさんある」のですが、
そのすべてがウソだということです。
「すべてとは限らないだろ」ではありません。すべてです。
あと日本の国立感染症研究所に問い合わせていないのはなぜ?と思うかもしれませんが、
データも取り下げられているし、おそらく正式なものと見なされていないのでしょう。


オーストラリア 連邦科学産業研究機構(CSIRO)2021/09/27
患者の検体から直接純粋化したSARS-COV-2および変異株の記録
「広範囲にわたる調査をしましたが、ご要望の関連文書は発見できませんでした」


イギリス イングランド公衆衛生局 2021/09/28
患者の検体から直接純粋化したSARS-CoV-2および変異株の記録を求めます
「ご要望の情報は保有していないことを確認しました」

※ここは9/7に「分離記録なし」が出たばかりです