prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

米CDC コロナの存在証明は世界中どこにもない

先日(6/8)あまりにもたくさんの開示請求回答が出て埋もれそうになったのですが、
これ、改めて大変なことだと思います。


米CDC「コロナの存在証明は世界中どこにもない」

何だかんだ言ってアメリカCDCが認めたのは大きいです。
どの国の発表にも重みはあるわけですが、
ファイザー、モデルナ、ジョンソンエンドジョンソン という3つの大きな
コロナワクチンメーカーを抱える国が認めるのは他とわけが違います。


この開示請求の請求文にはこうあります。


*  *  *  *  *  *  *


私の要求は、CDC またはATSDR(有害物質・疾病登録局)によって
作成、または行われた作業に関連する記録に限定されないことにも注意してください。


むしろ、私の要求には、上記の説明に一致するすべての記録が含まれます。
たとえば、CDCまたは ATSDRによってダウンロードまたは印刷され、
疾患の証拠として信頼される、誰によって、どこで作成された、
公開された査読済みの研究でも構いません (ただしこれらに限定されません)


要求された記録の上記の説明に一致する記録があり、現在、
他の場所で一般に公開されている場合は、各記録について十分な情報を提供してください
(つまり、タイトル、著者、日付、ジャーナル、一般の人がアクセスできる場所)。
これにより、私は確実に各記録を識別してアクセスできます 。
可能な場合は URL を提供してください。


*  *  *  *  *  *  *


まずこう書いて 行政文書は存在しない という逃げ道を塞いでいるわけです。
(日本ではこれを書いても「行政文書は存在しない」という返答が返ってくることが
わかってきました。どういう国でしょうか)


もうひとつ大事なのはこれによって、 見つかりませんでした の回答は
世界中どこにもありませんでした
の意味になることです。


もうこれによって些末な
国立感染症研究所は本当にウイルスを分離したのか?
みたいな議論は吹き飛んでしまうわけです。
感染研の「論文」は米CDCによって精査され、そして弾かれたのです。


しかしネット上には変わらず
コロナの存在を証明する論文はたくさんある!ウイルスの写真もある!
などの主張もあります。
実はそれら全てが 虚偽の論文、フェイク写真 ということになります。
コロナあるある詐欺だったのです。


これがコロナの写真だという保証は…実はどこにもないのです。


とても同じものには見えませんね。↑ ↓
それに写真の質が違いすぎます。


1年後なのに写真の質が元に戻っています↓
形状からして上が変異してこうなるとは思えません。


アンドリュー・カウフマン博士の言葉です↓



科学者や研究機関がウソの発表をするだなんて…
今までは論文や写真があれば全て正しいと思ってましたよね。
でもこれが現実なのです。似非科学だったのです。



日本の各都道府県にコロナの存在証明を開示請求していますが、
それは何か出てくると期待してではありません。
根拠なしに「コロナ対策」を行っているということを明らかにするためです。


再度アンドリュー・カウフマン博士の言葉です↓