prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

「謎の遺伝子注射」の謎が解けました 04/27追記

※追記は一番下です


コロナワクチンを打つと数年後狂牛病になる恐れ、との情報です↓


【遺伝子書き換えコロナワクチンの仕組み】
本剤を接種し、mRNAがヒトの細胞内に取り込まれると、
このmRNAを基に細胞内でウイルスのスパイクタンパク質が産生され、
SARS-CoV-2による感染症の予防ができると「考えられています」
厚労省・ファイザー社の新型コロナワクチンについて【特徴】より


しかしご存じの通りこのコロナウイルスは存在しません。
〇で囲んだスパイクも当然存在しません。


私達の体内で一体何のタンパク質を作るのかが不明なので

謎の遺伝子注射と呼ばれていました。 ※このビデオはyoutubeからは削除


そのタンパクが実は狂牛病の原因物質、プリオンではないかというのです。
これは先ほどの中村先生ブログのリンク↓


ファイザーワクチンの遺伝子情報、mRNAが
狂牛病を惹起する異常タンパク「プリオン」
を誘導するかもしれない特定の配列を持っている


と書かれています。
ファイザーワクチンの遺伝子情報、mRNAとはこれ↓(途中省略)


ファイザーがこのようにお知らせしていた「DNAテンプレート」です。


つまり(コロナは存在しないので)ワクチンのコロナ遺伝子は想像で作った
と言っていたわけですが、
実は人体でプリオンを作るよう遺伝子配列されているようなのです。


上の英語サイトより。機械訳ですが全文貼っておきます↓


新しいワクチン技術の開発は、過去に問題に悩まされてきました。現在のRNAベースのSARSCoV-2ワクチンは、広範な長期安全性試験を行わずに緊急命令を使用して米国で承認されました。


この論文では、ファイザーCOVID-19ワクチンを、ワクチンレシピエントにプリオンベースの疾患を誘発する可能性について評価しました。


ワクチンのRNA配列とスパイクタンパク質の標的相互作用を分析して、細胞内RNA結合タンパク質TAR DNA結合タンパク質(TDP-43)とFused in Sarcoma(FUS)を病理学的プリオンコンフォメーションに変換する可能性について分析しました。


結果は、ワクチンRNAがTDP-43とFUSをそれらの病理学的プリオン確認に折りたたむように誘導するかもしれない特定の配列を持っていることを示しています。


現在の分析では、合計16のUGタンデムリピート(ΨGΨG)が特定され、追加のUG(ΨG)リッチシーケンスが特定されました。 2つのGGΨAシーケンスが見つかりました。


潜在的なGQuadruplexシーケンスが存在する可能性がありますが、これらを検証するには、より高度なコンピュータープログラムが必要です。


さらに、ワクチンRNAの翻訳によって作成されたスパイクタンパク質は、亜鉛含有酵素であるアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)に結合します。この相互作用は、細胞内亜鉛を増加させる可能性があります。


亜鉛イオンは、TDP-43をその病的なプリオン構成に変換することが示されています。 TDP-43とFUSを病理学的プリオン確認に折りたたむと、ALS、前頭側頭葉変性症、アルツハイマー病、その他の神経変性疾患を引き起こすことが知られています。


同封の発見と追加の潜在的リスクにより、著者は、SARS-CoV-2に対するRNAベースのワクチンの規制当局の承認は時期尚早であり、ワクチンは利益よりもはるかに多くの害を引き起こす可能性があると信じています。


これが正しければ、もう「謎の遺伝子注射」ではなくなりました。
狂牛病(ヤコブ病)の原因を作る遺伝子入り注射 です。


中村先生のブログより引用↓
コロナワクチンを受けた人が、数年後に、バタバタと死に始める、
ということはなくても、ヤコブ病で寝たきりになる、
という可能性は十分考えられそうです。


これはもう打ってしまった人には聞かせられない話です。
どうして先に言ってくれなかったの?!と言われそうです。



04/27追記
その後驚くようななニュースが↓



このmRNAは製造中に4割ほどが破損。
それは体内でランダムな命令を出す恐れがある。


つまりmRNAの4割は製薬会社も予期しないような異物を作り、
残りの6割は予定通りプリオンを作るというわけです。
打った人はどうなってしまうのでしょうか。