prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

国立感染症研究所「コロナはあります」完全崩壊へ

去年暮れ、
厚労省が「コロナの存在証明はない」と実質認めた
件がありました。


そのいきさつはこうでした。


【厚労省の示したコロナの存在証明】


これがその 国立感染症研究所HP 研究情報 ですが↓


新型コロナウイルス:国立感染症研究所が開発した細胞で分離に成功

とあるのに…


その根拠となるデータが、ウイルス遺伝子登録サイト、
GenBankから自ら取り下げられているのです↓


これにより感染研のコロナ分離は怪しまれ始め、コロナの存在を疑う人が急増。
これは市民の質問に対する感染研からの回答↓


最後の日付は質問者のものです。(感染研の回答は2021年4月とみられます)


このブログでもお伝えしたように、
すでにたくさんの国の関係機関が「コロナの存在証明はない」と言っている中で
「コロナはあります」と堂々と答えています。日本にだけあるのでしょうか


なかなか真偽を確かめようもない中でモヤモヤしていたのですが、
このようなビデオを見つけました。

左の似顔絵は厚労省に最初に尋ねた寺尾さんです。
この宮原さんとおっしゃる女性が感染研に電話でいろいろ聞いてくださって、
しかもその内容を大橋教授に検証依頼。
私がさきほどの感染研メールに抱いていた疑問はほぼ解決したというわけです。


感染研メール、個別に見てみましょう。


①データ取り下げの問題

GISAIDとは研究者向けの登録制ウイルス遺伝子登録サイト。


この件、大橋教授は上のビデオの中で↓

このような状態では公開されているとは言えませんし、
まだ誰もここに感染研のデータがあることを確認できていません。



②感染研の言う日本のウイルス分離論文の信憑性

これも聞かなければどこかわからない場所にあります。


おかしいですよね、感染対策はみんなにさせておいて、
その根拠となるデータや論文はみんなの見えない場所に置いてある…
これです↓
Enhanced isolation of SARS-CoV-2 by TMPRSS2-expressing cells


この(松山さんの)論文について大橋教授の分析↓



感染研の言う「日本で最初のウイルス分離の論文」とは違うようです。


「韓国やオーストラリアの論文」とあるのですが、
実は去年早い時期に(感染研と同時期)この両国も
「コロナの分離」を発表していたのです。


2020/01/29
豪の研究室が新型コロナウィルスの分離に成功


2020/02/20
新型コロナウイルスの分離に成功、電子顕微鏡画像公開 ソウル大


オーストラリアはその後情報開示請求に対して↓

ないと回答しています。


大橋教授が
電顕写真は、何がうつっているのかはわかりません
とおっしゃっているのは松山さん論文のこれですね↓


ニュースに出るウイルスの写真を見てすぐ信じない方がいいということです。



世界中で多くの株が単離、それを証明する論文はあるのでしょうか。


感染研の人が「2020年1月までに論文が出ています」と言うので、
これまた宮原さんはそのひとつをきちんと探し出し、
大橋先生に検証をお願いしています。



こういう専門的な分析のできる方が市民の側というのは有難いことだと思います。
これも結論としてコロナの存在証明にはなっていないということです。


ちょっと気になるのですが、この論文とほぼ同じ内容のものが同じ時期に、
おそらく違う著者でNatureに掲載されたということでしょうか。
何か不正の匂いがします。保留にしておきます。



④「米国CDCがウイルスを単離していないと言ったのは2020年1月12日の話」

感染研のこの回答は2021年4月のもの。
1年以上前の話を持ち出していますが、しかし…
米国CDCは2020年11月2日になってもウイルスを単離していません↓


※単離=分離で存在証明となります


これがあるので感染研はあえて1年以上前の話を持ち出したと思われます。
米国CDCは今年(2021年)になってもコロナの存在証明を出せていません。


感染研の回答、検証の結果こうなりました↓



というわけで感染研の「コロナはある」の主張が全て崩れまして、

日本でコロナの存在を証明するものはもう何一つありません。
ありがとうございました。 


コロナの存在証明にドイツで懸賞金がかかっています。
もし何かお持ちであればこちらにご応募ください↓