prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

コロナあるある詐欺・撃退マニュアル①

②は削除で👉③はこちら


昨今ツイッターなどで
「コロナって存在証明されてないみたいだけど?」
などとちょっとでもつぶやこうものなら、
すぐに何だか上から目線の意地の悪そうな人が飛んで来て
「存在証明ならここにある!」「論文が山ほど出てる!」
などと怒鳴り込んできます。


普通の人はそんなことされたらもう何も言えなくなるわけで…
でもそれを黙って見過ごしていればワクチン接種に一歩近づいてしまうわけで…


コロナはたぶんないと思う、でもうまく言い返せない、
今回はそんな方のための「コロナあるある詐欺撃退マニュアル」です。


手口①開示請求に文句をつける
a.コロナ関係の研究は行政文書ではない!


対処方:これを出してください↓


👇画像そのもののリンクは失くしてしまったのですが、こちらのビデオの8:36に出てきます。
おそらくマスクによる感染防止効果について聞いたものです。

このように他人のHPでも海外の論文でも行政文書になります。
正式な国交のない台湾の研究でもOKですし、
実際に紙の文書も持っていなくても、今の時代ですのでネットで見れば、
行政のコンピュータ内に保管していることになります。


無症状者からの感染根拠について聞いても同じ回答が出ています👇
高橋清隆の文書館 : 無症状者からの感染根拠について再質問


これもマスクによる感染防止効果について聞いたもの👇

これも(1)(2)は厚労省のHP、(3)はWHOのHP(4)は東大の論文です。



b.地方自治体がコロナ関係の文書を保有してるわけがない!
対処方:これを出します。厚労省にもらったものが実はあるのです。
しかしなぜか出せない。検証されたらひとたまりもない代物なのでしょう。


厚労省からもらったこんなものでもなければ、
自治体はテレビや新聞がコロナの情報源ということになります。


それに科学と行政が切り離されているのだったら、
「コロナ行政」という言葉は意味を失くしますよね。
そう、行政は何を根拠にコロナ行政をしているのかという話なのです。



★種明かしをすれば厚労省は電話相談で何度もこう答えています。
科学的根拠に基づいた論文、資料等は事実上ない


つまり広い意味でも何もないのです。
「行政文書・公文書は存在しない」と答えることで、
「別のどこかに何かの文書は存在する」
という雰囲気を醸し出しているだけなのです。


なお、こういった電話録音をフェイクだと言う人もいます。
ということは厚労省は本当の電話でコロナの存在証明を出しているということになります。
それをぜひ教えてもらってください(感染研HPはダメですw)


c.猫の存在証明を要求しても同じ答えが返ってくる!
対処方:猫の存在は誰でも確認できるので存在証明を要求する人はいません。
猫は見て触って声を聞いて存在を確認できますが、ウイルスにはそれができないので、
存在証明(分離/純粋化記録)が必要なのです。


d.肉屋にサンマがあるか聞いてるようなものだ!
対処方:その肉屋が毎日「サンマが出るので自粛するよう」呼びかけているのです。
サンマの存在証明を持っているのは当然ですよね?



手口②写真を出して「ほらコロナは存在する!」
これですね↓

しかし…改めて考えると、これがコロナだという保証はどこにもないのです。
偉い人がこれはコロナだと言うから信じていただけだったのです。


これも同時期に撮られた「コロナ」ですが、
上の写真とこれが果たして同じものでしょうか。


対処方:これを送ります↓

アンドリュー・カウフマン博士の言葉です。


これを送ってもよいと思います


手口③難解な英語の論文を送って来て「コロナの存在は証明されてる」と言う
a.感染研の論文を出してくる
Enhanced isolation of SARS-CoV-2 by TMPRSS2-expressing cells

(著者の一人に忽那賢志氏がいます!)


対処方
この画像を送ります👇この論文についての大橋眞教授の説明です。

ウイルス分離に関する論文ではないそうです。
この論文に関するまとめはこちら


b.最初の中国論文を出してくる


いわゆる「中国10日論文」です。患者の検査を始めて10日ほどで出されたものです。

中にこう書いてあります。
The patient studied was a 41-year-old man with no history of hepatitis, tuberculosis or diabetes. He was admitted to and hospitalized in the Central Hospital of Wuhan on 26 December 2019, 6 days after the onset of disease.
研究対象となった患者は、肝炎、結核、糖尿病の既往がない41歳男性。発症から6日後の2019年12月26日に武漢市中央病院に入院・通院していた。


たった1人しか調べていないのです。これは科学・医学ではありません。
そう言って送り返してください。


この論文の詳細な問題点はこちらのビデオ6分~

高橋徳先生解説 新型コロナ騒動の原点 PART1


この論文に関するまとめはこちら


c.「ニューイングランドジャーナルオブメディシン」の論文を出してくる

これはよく引用される中国
論文のひとつです。こんなものを送られて
「ほらコロナは証明されてる!」と言われたら一般人は困ってしまいますよね。


対処:これを送ります↓
この論文についての大橋教授の説明です。

これもコロナの存在証明にはならないそうです。


中にこう書いてあります。
Three adult patients presented with severe pneumonia and were admitted to a hospital in Wuhan on December 27, 2019. Patient 1 was a 49-year-old woman, Patient 2 was a 61-year-old man, and Patient 3 was a 32-year-old man.
成人患者3名が重症肺炎を呈し、2019年12月27日に武漢の病院に入院した。患者1は49歳女性、患者2は61歳男性、患者3は32歳男性であった。


たった3名しか調べていないのです。これでは論文として成り立ちません。
しかも自らこんなことまで👇
Although our study does not fulfill Koch’s postulates, our analyses provide evidence implicating 2019-nCoV in the Wuhan outbreak.
我々の研究はコッホの原則を満たしていないが、我々の分析は武漢のアウトブレイクに2019-nCoVが関与していることを示す証拠を提供している。


コッホの原則を満たしていないとのことで終了です。その続きは強がりに過ぎません。
この論文に関するまとめはこちら


手口d.コウモリ論文を出してくる
たまにですがこれを出してくる人がいます👇これも中国の論文です


対処方1「たぶん」って書いてますけど?論文にたぶんはダメでしょ?
と👆の画像を送りつけます。


「ウイルス分離」の項目を見るとわかりやすくVero細胞FBS(ウシ胎児血清)が使われていて、明らかに細胞培養です。分離ではないということです。


たぶんコウモリ由来とあるので、これを送ってもいいでしょう👇
武漢ではコウモリを食べる習慣もなければ市場で売ってもいないという記事


これを送ってもいいでしょう。市場の動物全体を調べていないのです👇


対処方2:数件の代表的な「コロナ存在証明論文」を検証したページ
【コロナの主要研究者ら、ウイルス存在の科学的証明はないと認める】
ここからこのコウモリ論文についての和訳です👇

Peng Zhouとはこの論文の執筆陣の最初にある名前です。
この画像👆をソースURLと共に送ります。
https://winteroakpress.files.wordpress.com/2020/07/leading_corona_researchers_admit_that_they_have_no_scientific_proof-2.pdf


論文にはこうも書いてあります👇
Samples from seven patients with severe pneumonia (six of whom are sellers or deliverymen from the seafood market),Main
発生当初に武漢金銀壇病院の集中治療室に入院した重症肺炎患者7名(うち6名は海鮮市場の販売員または配達員)の検体を武漢ウイルス研究所(WIV)の実験室に送り、原因菌の診断を行った。


たった7名しか調べていないのです。
アンドリュー・カウフマン博士らの話によると500名ぐらいは調べる必要があるそうです。


★  ★  ★
ここまでいろんな「コロナあるある詐欺」の手口と対処法を書いてきましたが、
ケース別の対処が面倒な人は、これですべて対応できると思います↓




手口⑦話の内容でなく個人攻撃にすり替える
大橋眞教授やアンドリュー・カウフマン博士を個人的に誹謗中傷
する人もいますね。
カウフマン博士のことを「あの人は無職ですよ!」と叫んでる人がいました。(違います)


対処法:「そういう個人攻撃でなく、彼らの話す内容について反論してください」
または「異論がおありでしたら教授や博士と直接話してください」
と返します。


その他、ここにある世界各国のコロナ存在証明なし画像
次々に投げつけてもかまいません。


番外:存在証明を出さない(出せない)のは生物兵器だからだ!
これをいつまでも言う人がいて困ってしまいます。
思うのですが、
①兵器にしては弱すぎますよね?
②兵器なら感染対策(マスク)させないはずですよね?
③兵器なら毎日コロナで騒がず黙ってるはずですよね?


また生物兵器の場合、だいたい「中国が作った」というストーリーになるわけですが、
その場合、敵対国アメリカは真っ先にウイルスを分離・分析して兵器である証拠を出すはずです。
仮にアメリカが開発した兵器なら中国がそれをやるはずです。
ですが現実は世界の誰もウイルスを分離できずにいるのです。
というよりもウイルス学者は分離と言うと最初から「細胞培養」をやるばかりで「本当の分離」などやろうとしたことはないんでしたね。


しかも新型コロナウイルスは「生物兵器だから存在が証明できない」のではなく、
他のほとんどのウイルスも「存在は証明できない」のでした👇


こちらも合わせてどうぞ👇


コロナあるある詐欺撃退マニュアル②ですが、
主に感染研のデータ取り下げ問題について書いていました。
しかしウイルス研究の場で言う分離が実は細胞培養(組織培養)であるとわかった時点で、
つまり実際の分離はしていないとわかったことにより、
データを取り下げた取り下げないは取るに足らない問題になってしまいました。
よってページは削除しました。
この①からも、その関係は削除しました。

米CDC コロナの科学的証明は世界のどこにも存在しない

先日(2021/6/8)あまりにもたくさんの開示請求回答が出て埋もれそうになったのですが、
これ、改めて大変なことだと思います。


米CDC「コロナの存在証明は世界中どこにもない」

何だかんだ言ってアメリカCDCが認めたのは大きいです。
どの国の発表にも重みはあるわけですが、
ファイザー、モデルナ、ジョンソンエンドジョンソン という3つの大きな
コロナワクチンメーカーを抱える国が認めるのは他とわけが違います。


この開示請求の請求文にはこうあります。

*  *  *  *  *  *  *
私の要求は、CDC またはATSDR(有害物質・疾病登録局)によって
作成、または行われた作業に関連する記録に限定されないことにも注意してください。


むしろ、私の要求には、上記の説明に一致するすべての記録が含まれます。
たとえば、CDCまたは ATSDRによってダウンロードまたは印刷され、
疾患の証拠として信頼される公開された査読済みの研究、

誰がどこで書いたものでも構いません (ただしこれらに限定されません)


上記の説明に一致する要求された記録があり、現在一般に公開されている場合は、
私が各記録を確実に識別してアクセスできるよう十分な情報を提供してください。
(つまり、タイトル、著者、日付、ジャーナル、一般の人がアクセスできる場所)。
可能な場合はURLを提供してください。


*  *  *  *  *  *  *


まずこう書いて 行政文書は存在しない という逃げ道を塞いでいるわけです。
(日本ではこれを書いても「行政文書は存在しない」という返答が返ってくることが
わかってきました。どういう国でしょうか)


もうひとつ大事なのはこれによって、 見つかりませんでした の回答は
世界中どこにもありませんでした
の意味になることです。


もうこれによって些末な
国立感染症研究所は本当にウイルスを分離したのか?
みたいな議論は吹き飛んでしまうわけです。
感染研の「論文」は米CDCによって精査され、そして弾かれたのです。


しかしネット上には変わらず
コロナの存在を証明する論文はたくさんある!ウイルスの写真もある!
などの主張もあります。
実はそれら全てが 虚偽の論文、フェイク写真 ということになります。
コロナあるある詐欺だったのです。


これがコロナの写真だという保証は…実はどこにもないのです。


とても同じものには見えませんね。↑ ↓
それに写真の質が違いすぎます。


1年後なのに写真の質が元に戻っています↓
形状からして上が変異してこうなるとは思えません。


アンドリュー・カウフマン博士の言葉です↓



科学者や研究機関がウソの発表をするだなんて…
今までは論文や写真があれば全て正しいと思ってましたよね。
でもこれが現実なのです。似非科学だったのです。



日本の各都道府県にコロナの存在証明を開示請求していますが、
それは何か出てくると期待してではありません。
根拠なしに「コロナ対策」を行っているということを明らかにするためです。


再度アンドリュー・カウフマン博士の言葉です↓


厚労省推奨【感染研HP】に隠されたトリック

先日からの厚労省コロナ相談ダイヤルの回答が大反響を呼んでいるようです。
それはそうです、コロナの科学的根拠はないと言ってしまっているのですから。


あまりの反響に恐れをなしたのか、
おとといあたりから急に回答がつまらないものになってきました。
だいたいこのような感じです↓


①国立感染症研究所HPをごらんください
②分離されたということになっております 
分離したという論文の内容はこちら
③存在しないということではございません
④委託業者ですので厚労省HPにある以上の事は申し上げかねます


「コロナはある」とは断言できない、それだけはわかりますが…
あと「委託」を強調して責任逃れをしているようでもあります。


言われて素直に国立感染症研究所HPをごらんになる方もあるかと思います。
これです↓ 去年2020年1月31日発表。

新型コロナウイルス:国立感染症研究所が開発した細胞で分離に成功
とあるので ふ~んじゃやっぱりコロナはあるんだ!
とつい思ってしまいます。


でもそれだったら コロナは存在するのか? なんて疑問は起きないわけで…
実はこのHPには秘密があるのです。もう一度よく見ましょう↓



…ウイルスゲノムを抽出して、ほぼ全長のウイルスゲノムの配列を確定しました。


ここにリンクがあるはずなのです、そのデータを見るための。
でもありませんよね。


その下の 最初に発表されたウイルスの遺伝子配列
とは中国研究チームのデータで、リンクをクリックすると出てきます。


このHPは、
感染研がそれと99.9%同じ遺伝子配列のウイルスを分離した との報告なのに、
肝心の感染研側のウイルスデータに飛ぶリンクがないのです。
(中国のデータも5日間ほどで作ったフェイクですが)


誇らしげに「分離に成功」を伝えるHPにそのデータのリンクがない
思わず見逃す「感染研HP」のトリック、いわゆる【感染研データ取り下げ問題】です。


これがおそらく当初はリンクされて、すぐに取り下げられたデータ↓
「削除されました」としてそのまま残っている…ある意味公開処刑中です。
【ウイルスデータ登録サイト・GenBank】

取り下げたのはWHO他各方面から何かいろいろ指摘があったためと聞いています。


その後感染研はデータはGISAIDという別のサイト公開中と釈明↓


国立感染症研究所に電話しました❗(WHOの指示でGENBANKから取り下げた論文)


しかし一部の人しか閲覧できないようで、公開されているとは言えません。
登録の非常に難しい研究者用会員制サイトなのです。
登録はされてる!と主張する人はいるのですが、それを裏付けるものはありません。


つまりその「GISAID」内の「感染研データ」リンクがこの赤〇の部分に貼られて↓
それが誰でもワンクリックで見れるようにならなければ、このページは意味がないのです。

せめてGISAIDトップページへのリンクを貼って、
「ご自分で登録して閲覧してください」とでも書くべきなのです。


青いリンク、中国データは一発で表示されるという、
中国データしか見れない奇妙なページなのです。日本の感染研のページなのに。


そのデータは国家機密だ!などと言う人がいますが内容は、
取り下げたものの今でも見れるGenBankのものと同じはず。
「重複するため」取り下げたのですから。
しかもそれと99.9%同じ中国データは誰でも見れるわけですからね。


それとデータだけでなく論文へのリンクもありませんよね。
論文はこちらになります👇
Enhanced isolation of SARS-CoV-2 by TMPRSS2-expressing cells
論文へのリンクも貼らない…国民に見てもらいたくないのでしょうか。


論文へのリンクはこのページにひっそりと「存在証明」的な説明もなく貼られています。
"Proc Natl Acad Sci USA (March 12, 2020)"


この論文が「存在証明」になっていないのはこちらで説明しています


大事なのは、感染研がデータを取り下げた取り下げないに関係なく、
すでに世界中の数多くの機関がこういう回答をしていることです👇


アメリカCDCなら「GISAIDの中にある感染研データ」も
当然見た上でこう言っているはずですよね。
日本人だけが「感染研の分離成功は本当か否か」で騒いでいるだけで、
海外では最初から相手にされていないのです。



あと、☎でツッコミを入れている人がいたのですが👇
この感染研の発表、2020年1月31日なのです。 5:30~

2020年1月31日?

それ…コロナがまだあんまり日本で流行ってない当時ですよね?


そうですね、はい


その時に、もう日本は分離に成功したんですか?


そう書いてるのでそう読み上げさせていただくしかないんですけども…
申しわけございません


いゃ~すごいじゃないですか~日本wwマジです?www


去年1月半ばと言えばまだ
「中国の奥の方で変な病気が流行っているらしい」
と噂になり始めた程度の時期ですよね。


その頃に感染研はもう東京あたりで重症患者を確保して、
ウイルスを分離していたということになります。


しかし結果としてその「データ」は取り下げ…
さて日本にコロナの存在証明はあるのでしょうか?
海外ではNovid-19などと言われ始めています。


*  *  *  *  *  *  *


上のyoutubeにこうありますが↓
さすが日本。(1/31)これが本当なら、世界で一番ですね。


実はその2日前にオーストラリアが「分離に成功」を発表していました↓

2020年1月29日の記事で「中国国外では初」としています。


しかし今年3月22日、オーストラリア連邦科学産業研究機構はそれを否定↓

情報開示請求の破壊力はすごいですね。


「コロナは存在しない架空のウイルスである」というのは
もっと根源的で、しかも単純な理由からであることがわかってきました。
こちらもどうぞごらんください👇