prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

もう迷わない!今年のインフルワクチン選び💉

インフルワクチンの季節になってきました。
今回コロナワクチンとの同時接種も推奨されているとのこと。


しかも!政府はものすごい量のワクチンを用意しているようです👇過去最大

去年おととしとインフルが流行らなかったから取っといたワクチンの放出なんてことはないですよね…💦


コロナワクチンだとFかMかNかなどで迷う場合があるようですが、
インフルワクチンは5社ほどから出ているのに銘柄選びの話はあまり聞きません。
みなさんがインフルワクチン選びで迷っているかは知らないのですが、とにかく選択の参考になりそうな情報を集めてみました。


まず最初に
インフルエンザウイルスは存在しない👻
ということを頭の片隅に入れておいてください。


🇯🇵国立感染症研究所👇


🇺🇸米CDC👇


※感染研などがいつも使う

行政文書は保有しない
は体裁を取り繕ってるだけで、実態は
論文そのものがないのです😉😁


インフルワクチンといえば
今年流行る型を予想してそのウイルスを弱めた(無毒化)したものを入れたもの
というのが一般的な認識です。


実際はどうなのか、添付文書にはそれらしいことは書いてあります。
【日本のインフルワクチン添付文書一覧】
タケダ(鳥インフル)
KMバイオロジクス(熊本)/ 明治製菓
阪大微生物病研究会/田辺三菱製薬
生研・デンカ株式会社(新潟)
第一三共


「ウイルスの培養」に使った細胞ですが、
タケダはおなじみアフリカミドリザルの腎臓🐒


他のメーカーは発育鶏卵です🐣

何となく「生卵を使うものだ」と思ってましたよね…


★各添付文書【重大な副反応】の項目も是非ご確認ください


注:「今年のインフルワクチンはmRNA」という噂もありますが、この表を見ると👇

現在まだ開発中のようです(2022年9月時点)
ただP3=フェーズ3(第3相治験)のものが2つあります。これを終えると市販薬として世に出るので、来年にはお目見えということかもしれません。
インフルmRNAワクチン、多数開発中ですね😨インフル以外も💧
モデルナ本気です(CM映像)


さてとりあえずは従来型不活化ワクチンである今年のインフルワクチン。
これは第一三共の添付文書から👇

本剤は、厚生労働省より指定された下表のインフルエンザウイルスをそれぞれ個別に発育鶏卵の尿膜腔内に接種して培養し、増殖したウイルスを含む尿膜腔液をとり、ゾーナル遠心機を用いたしょ糖密度勾配遠心法により精製濃縮後、・・・

云々ありますが、インフルウイルスは存在していないので、この辺の記述は全てウソということになります。


【製造株】
「今年のワクチンはこの株で作る」つまり


「今年の秋冬はこの型のインフルが流行る」という予測は厚労省が春に通達🌸

各メーカーはその通りにワクチンを作るようです👇(製薬会社の予想じゃないんですね)



厚労省はどうやって予想してるのでしょうか🤔


また(存在しないはずの)「製造株」にあるビクトリア(加)、ダーウィン(豪)、プーケット(タイ)、オーストリアなどの地名は何なのでしょう?


ヒントがありました。
これはヨーロッパのサイトで2500€で売られているインフルウイルス・スロベニア株(H1N1)の詳細👇

2016年2月1日(月)、スロベニアで47歳のおじさん👨🏿の喉と鼻から綿棒で採取した粘液をMDCKで「細胞培養」したもの🧫
これがスロベニア株🥲
MDCKとはイヌ腎臓尿細管上皮細胞由来の細胞株、つまりイヌ腎臓細胞です。
犬、初めて出ました🐕💦


こちらは別のスロベニア株(H3N2)の詳細。価格は同じ2500€

2016年2月9日(火)、スロベニアの11歳の少女👧🏿の鼻から綿棒で採った粘液イヌ腎臓細胞🐕で「細胞培養」したもの🧫
スロベニアで採ったのでスロベニア株🥲


➡そこに添加物等を加え増量すればワクチン。それをみんなで接種💉👨‍👩‍👧‍👦


つまり日本の添付文書にある各地名は💉の原料となる粘液🗣️を採取した場所ということになります(世界4地域から、国際的ですね🌍)


※ちなみにコロナワクチン武漢の41歳のおじさん一人の体内から出た遺伝子情報を元に作られています


【添加物】
毒性のものとしては
ホルマリン
チメロサール
ポリソルベート80
トロメタモール

等があります。
銘柄ごとに種類が微妙に違うので、そのあたりも選択の参考になるかと思います。


毒性は各自検索してご確認ください💻
添加物名 毒性 で検索すると早いです☠️


あともちろん記載外ですが、インフルワクチンにもグラフェンが入っている可能性があります。

2019年から入っていて、実際その頃からインフルワクチンの副反応がキツイという声があがっていました。
(これは残念ながら日本の市場に出ているどの銘柄に入っていてどの銘柄に入っていないかはわかりません)


昔から「打った方がかかる」と言われるインフルワクチンですが、何かの参考になれば幸いです😃


Yukiko N.@happyluckytea
娘の幼稚園時代。打った子ばかり罹患していた。打たない子はみんな元気。知り合いの医師からは「絶対打っちゃダメだよ。お嬢さんになんて、間違っても打たせないで。あれは効かないどころか毒だから。でもね、それを言うと僕もこの業界からハブにされるの。だからこうやって個別に伝えているの」と。