prettyworldのブログ

貴重なお話のまとめブログです

🦠ないのに💉打ってた👶【予防接種スケジュール】

予防接種スケジュールが現在大変過密になっていますが、このすべての「病原体」に実は存在証明がありません。
各国科学機関から出た【予防接種スケジュール病原体なし】回答をまとめました。

出典👇(+厚労省)
情報公開で明らかに - 医療・科学機関にはどんな「ウイルス」の分離/純粋化記録もない - ウイルス学は科学ではない


※簡単に説明しておきますと、ウイルス学における「存在証明方法」は全ウイルス共通です。
コロナの「存在証明方法」はイカサマでしたが、昔から他の全てのウイルスも同じなのです。
ここでの各機関からの回答は「正しい存在証明記録」について聞いた結果です。


🇺🇸米CDC① 2021/06/07
【全予防接種スケジュール🦠】純粋化記録なし

回答には「CDCは請求者の言う方法でのウイルス分離・純粋化はやっていません」とあります。
つまり患者の検体から直接ウイルスを発見し取り出したことはなく、検体を🐵の腎臓細胞、🐮胎児血清等と混ぜて「ウイルス」をひねり出したような記録しかないということです。


🇺🇸米CDC➁ 2022/03/11
【全予防接種スケジュールの🦠】純粋化記録なし

①の請求との違いはウイルス分離/純粋化の方法を限定していないことで、検体を他の細胞と混ぜていないことだけが条件です。
条件は緩くなったのですが、それでも「記録なし」回答となっています。
CDCから出たのは「ロタウイルス」に関する請求とは無関係な論文が5つだけでした。


★米予防接種スケジュール
18歳以下 19歳以上


そんなCDCが推奨する、誕生~6歳までのお注射をまとめた図👇


ワクチンの数が近年激増しています👇

1986年、ワクチンに法的保護が与えられたことが大きな要因のようです。



🇦🇺オーストラリア連邦科学産業研究所 2021/02/04
【全予防接種スケジュール🦠】分離記録なし


🇳🇿ニュージーランド保健省 2020/11/25
【全予防接種スケジュール🦠】分離記録なし


🇯🇵日本厚生労働省 2021/05/27
【予防接種法第二条2項「A類疾病」に記載の🦠】分離記録なし


以上4か国から出たものまとめ👇

詳細な予防接種スケジュールに、その他の情報公開で明らかになったものも加えます👇

すべて存在証明なしで埋まりました。
※2022年夏、スケジュールにコロナワクチンが組み込まれたことが問題になっていますが実際にはこの2021年8月時点で入っています💦
※CSIER=感染症疫学センター・・・国立感染症研究所内の機関です
※こちらは2021年6月1日時点で➡IDSC=感染症情報センター・・・国立感染症研究所内の機関です


スケジュールは生後2ヶ月から始まります
2歳までにこういう状況💉(イメージ)


自閉症が激増しているそうです。
1980年 1万人に1人
2002年 250人に1人
2013年 50人に1人
2018年 あなたのお子さんも?
2032年 2人に1人 (男の子に多いとのこと)


キャリーマディ医師(動画)

ワクチンが増えると自閉症も増えるんです。
CDCは認めましたよ。

2030年から2035年頃には、生まれた子供の50%が、自閉症スペクトラムになると。
人口の50%ですよ。やっていけませんよ。
人類がどうやって生き残れるんですか。
そうですよね。分かって、やってるんですよ!


※私(管理人)の友人が幼稚園の先生なのですが、「昔は健常児とそうでない子の差がはっきりしてたんだけど、近頃はどちらとも言えない子が増えてる」と言ってました。
今から7,8年前の話です。


でもウイルスがないってどういうこと?
ワクチンってそもそもウイルスを弱めたものが入ってたんじゃ…?
🤔


そんなおなじみの疑問には👇

ワクチンに実はウイルスは入っていません。
その代わりと言っては何ですが、いろんな生き物のエキス?がてんこ盛り💧
予防接種スケジュール💉の添付文書を集めた「ただの事実」👇


💉から発症までの13日間。気の毒な赤ちゃんとお母さんです(動画)💧